妙泉寺 (京都市中京区)
 
Myosen-ji Temple

50音索引  Home 50音索引  Home





「弘法大師自刻福寿辨財天像」の石標
 上瓦町に三条通に面して妙泉寺(みょうせんじ)がある。山号は法性山、院号を専求院という。
 この地はかつて、神泉苑内に含まれていたという。本能寺の故地ともいう。浮世絵師・西川祐信、絵師・駒井琦の菩提寺になっている。
 浄土宗百万遍知恩寺末、本尊は阿弥陀如来。
 洛中弁財天二十九所第24番札所。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1582年、妙泉寺は、道泉の妻・妙泉が夫の没後に開創したという。天誉の開山による。
 江戸時代、1788年、天明の大火により焼失した。本尊だけが焼失を免れる。
 文化年間(1804-1818)、19世・界誉により再建された。本殿、客殿、玄関が再建される。
◆妙泉 安土・桃山時代の女性・妙泉(生没年不詳)。詳細不明。涌岳妙泉善女。織田信長家臣・涌法道泉善士の妻。1582年、妙泉寺を開創した。
◆天誉 安土・桃山時代の浄土宗の僧・天誉(てんよ、?-1638)。詳細不明。徳蓮社天誉。1582年、妙泉寺を創建した。 
◆界誉 江戸時代の浄土宗の僧・界誉(生没年不詳)。詳細不明。法蓮社界誉上人周阿察静善冏。当寺19世。文化年間(1804-1818)、妙泉寺を再興する。中興の祖とされる。
◆西川祐信 江戸時代の浮世絵師・西川祐信(にしかわ すけのぶ、1671-1750/1751)。京都生まれ。近江の医家・西川祐春の三男。後、西園寺致季の家人となる。絵は狩野永納、土佐光祐に学ぶ。元禄期(1688-1704)後期、版元・八文字屋本の挿絵、狂言本、評判記、浮世草子、雛形本を手がけた。肉筆美人画という浮世絵に優れた。閨中の好色絵本も数多く描く。各層100人の女性風俗を描いた墨摺風俗絵本「百人女郎品定」(1723)、八坂神社に大絵馬「釣狐図」が奉納されている。江戸浮世絵の菱川派に対して上方の西川派を開いた。
 墓は妙泉寺にある。「西川氏先祖代々霊儀」と刻まれている。
◆駒井琦 江戸時代の絵師・駒井琦(こまい き、1747-1797)。源琦(げんき)。京都生まれ。円山応挙に学び応門十哲の一人。1790年、応挙一門と御所造営に加わる。花鳥、美人画を描いた。唐美人は山口素絢の倭美人と比された。応挙晩年の作品の多くは琦の手に因るともいわれる。
 墓は妙泉寺にあり、碑文は儒学者・皆川淇園の撰による。「源琦之墓」と刻まれている。
◆仏像 本尊は阿弥陀如来三尊像であり、安阿弥(快慶)作という。
 弁天堂に祀られている福寿辨財天像は、平安時代、814年、空海(774-835)が、神泉苑での降雨修法に際して、護摩の焚灰により造仏したという。
◆文化財 「百万遍念佛縁起」、百万遍大念珠。
 円山応挙筆の「四季耕作之図」、駒井琦筆「鷺の図」、西川祐信などの作品がある。
◆墓 浮世絵師・西川祐信の五輪塔、絵師・駒井琦の墓がある。


*非公開 
*参考文献 当寺縁起、『京都大事典』『京都府の歴史散歩 上』『京都歴史案内』


  関連・周辺     周辺     関連       

本堂

本堂

弁天堂

弁天堂

観音堂(専求庵)

観音堂(専求庵)

涌法道泉善士、涌岳妙泉善女の墓

西川祐信の墓

源琦の墓
妙泉寺 〒604-8374  京都市中京区上瓦町70,三条通大宮西入る南側  075-821-1658 
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp