小野寺丹の墓・了覚院跡 〔本圀寺〕 (京都市下京区)
The grave of ONODERA Tan
小野寺丹の墓・了覚院跡 小野寺丹の墓・了覚院跡 
50音索引   Home 50音索引   Home

丹の墓


「赤穂義士 小野寺十内妻烈婦丹女之墓」の石標


娘・いよの墓、丹の墓はこの祠の左にある。
 了覚院は本圀寺塔頭だった。その後、廃寺となる。本圀寺塔頭・久成院の北隣の墓には赤穂四十七士の一人、小野寺十内の妻・丹が眠る。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 江戸時代、1703年、小野寺丹は娘・早世(いよ)の墓前で切腹、その後、早世の墓の隣に葬られる。
 その後、廃寺となった。
◆小野寺丹 江戸時代前期の歌人・小野寺丹(おのでら たん、?-1703)。丹女。洛西灰方村灰方の佐五英エ門の娘。浅野家家臣・灰方藤兵衛の妹。赤穂藩京屋敷留守居役・小野寺十内(じゅうない)と結婚した。屋敷は綾小路通高倉西入南側にあった。1701年3年14日(新暦4月21日)、江戸城、松之廊下で播州赤穂藩藩主・浅野長矩は、吉良義央への遺恨により吉良を切りつけ同日切腹となる。その後、夫・十内は赤穂、京都、江戸と行き来する。屋敷没収となり、仏光寺通東洞院に移る。ここで数度の謀議が開かれた。1702年義母、実母を相次いで亡くす。9月以降、江戸の夫と手紙でやり取りした。1703年12月14日(新暦1月30日)、赤穂浪士の吉良邸への討入成功後、丹は江戸・細川邸に大石内蔵助とともに預けられた夫との間で、手紙、和歌をやり取りした。丹は「筆のあと見るになみだのしぐれ来ていひ交すべき言の葉もなし」と和歌を送り、夫が返信している。2月4日(新暦3月20日)、幕命により夫・十内、養子・幸右衛門は45人の浪士とともに切腹した。丹は2人の碑を西方寺(左京区)に建立した。帰依していた本圀寺塔頭・了覚院に参拝し、菩提を弔う。夫が葬られた江戸・泉岳寺に参拝した。6月18日(新暦7月31日)、丹は夫、子の跡を追い本圀寺で食を断ち亡くなる。また、了覚院の娘の墓前で切腹したともいう。辞世「夫(つま)や子の待つらんものを急がまし何かこの世に思ひ置くべき」「うつつとも思はぬ内に夢さめて妙なる法の華にのるらむ」。
 歌人・金勝慶安に夫ともに師事し、師は丹の歌を「紫式部の再来」と評した。丹の墓は旧了覚院跡地にある。「梅心院妙薫日性信女」と刻まれている。
◆花暦 椿、枝垂桜がある。
◆墓 久成院の北の路地奥(塔頭・了覚院跡)に、丹と病死した娘・早世(いよ)の墓が立つ。参堂はかつて「歌の道」の呼ばれた。かつて丹の命日、討入日に記念行事が行われていた。墓は、了覚院と合併した本圀寺塔頭・林昌院(猪熊通五条下ル)が管理している。

 
*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京に燃えた女』『おんなの史跡を歩く』『京に燃えたおんな』『京都隠れた史跡100選』『京都歴史案内』 


  関連・周辺      周辺     関連西方寺(左京区)        
小野寺丹の墓・了覚院跡 〒600-8357 京都市下京区柿本町573,岩上通万寿寺下る東側   
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光