鳴滝・鳴滝川 (京都市右京区)
Narutaki(small waterfall),Narutaki-gawa River
鳴滝・鳴滝川  鳴滝・鳴滝川 
50音索引  Home 50音索引  Home



鳴滝


松尾芭蕉の句碑


川岸の崖
 地名の鳴滝(なるたき)は、鳴滝川(下流は御室川)にある鳴滝という実際の滝の名に由来してる。
 滝壺の水音が高く、周囲に鳴り響くことから鳴滝と名付けられたという。いまも、滝には一定の水量があり、滝音は絶えない。近年まで、御室仁和寺に属する修験の行場だった。
◆歴史年表 古く、現在の鳴滝から福王子付近は、西野(にしの)と呼ばれた。鳴滝川は西川と呼ばれた。
 平安時代以前より、鳴滝川は農業用水として利用される。
 平安時代以降、鳴滝(西瀧、井出口川)では、七瀬祓(ななせのはらえ)が行われた霊所の一つになる。
 902年、祈雨のために、五龍祭が「鳴滝北方の十二月谷の口」で修せられた。(「扶桑略記」)
 『蜻蛉日記』を著した歌人・藤原道綱母(936頃-995)は、般若寺に参籠した。鳴滝を「身ひとつのかくなるたきを尋ぬればさらにかへらぬ水もすみけり」と詠む。
 1011年、七瀬祓の場とされた。(「御堂関白記」)
 江戸時代、1658年、松尾芭蕉が鳴滝を訪れたという。
 1815年、鳴滝村、福王子村など4村は、鳴滝の山奥に、渇水時用の新堤(高さ7間)を築く。(「加藤幸吉家文書」)
 1817年、新堤は大雨で決壊し、下流の村々で大きな被害が出た。下流の西院など3村は、新堤の撤去を要求し、その後、堤は取り払われた。以後、上下各村が協力し、川尻の普請、川床の敷石整備を行う。以来、大災害は減じたという。(「加藤幸吉家文書」)
 近代、1981年、枯魚堂九世(小川峰秋)が滝傍に芭蕉句碑を立てた。
◆鳴滝川・鳴滝 御室川(おむろがわ)の上流部を鳴滝川と呼ぶ。古くは西河と呼ばれていたという。(『山州名跡志』)
 源流は梅ヶ畑善妙寺村にあり、流れ下る中田川は、奥殿川となり、天神川(紙屋川)に合流する。さらに高鼻川、三宝寺川(仙行谷川、井出口川)の支流、宇多川と合流し、鳴滝川に名を変える。上流部は川幅が広く、堤も高い。下流は川幅が狭く、堤も低いため、過去には度々洪水被害が起きた。
 鳴滝(鳴滝蓮池町)は、鳴滝川にある小さな滝であり、滝音が周囲に鳴り響く。滝の南側では鳴滝と呼ばれ、地名の由来にもなった。「思ふ事身にあまるまでなる滝のしばし淀むを何恨むらむ」神祇歌。
 平安時代、現在の滝の北、井出口川(三宝川)で、藤原道長は「七瀬の祓え」を行う。霊所では、御室系修験の修行場だった。天皇の災禍を負わせた人形を、七人の勅使の手で加茂七瀬などで流していた。七瀬とは、西瀧(鳴滝)のほか、耳敏川(みみとがわ)、川合(かわい)、東瀧、松崎(まちがさき)、石影(いわかげ)、大井川になる。
◆文学 平安時代以降、鳴滝は歌枕にもなった。「能因歌枕」「和歌初学抄」などに載る。「鳴滝や西の河瀬に御禊せむ岩こす波も秋や近きと」(藤原俊成)、「暫しこそ人目つつみにせかれけれ果は涙や鳴滝の川」(西行)がある。
 『蜻蛉日記』を著した歌人・藤原道綱母(936頃-995)は、夫の浮気に絶望し、近くの般若寺に参籠した。鳴滝を「身ひとつのかくなるたきを尋ぬればさらにかへらぬ水もすみけり」と詠む。
◆芭蕉句碑 川岸に松尾芭蕉の句碑が立つ。「うめ白しきのふや鶴を盗まれし」と刻まれている。
 江戸時代、1685年の春、芭蕉は鳴滝の俳人・三井秋風の別荘を訪れた。『野ざらし紀行』には、「京にのぼりて三井秋風が鳴滝の山家をとふ-梅林-」との前書きがある。
 白梅の盛りであり、北宋の詩人・林和靖(りんわせい、林逋)が過ごしたという西湖孤山の廬(草庵)を彷彿させる。林和靖は鶴と梅を愛し終生を隠遁したという。いま別荘に鶴の姿がないのは、昨日、誰かに鶴が盗まれたのであろう。秋風に対する挨拶の句だった。
 1981年、枯魚堂九世(小川峰秋)という人が、滝傍にこの芭蕉句碑を立てたという。
◆鳴滝の逸話 鳴滝の地名由来について別の逸話が残る。かつてこの地に、高水という姓の家があった。
 ある時、滝音の異変に気づく。家の者は、神のお告げを聞いた気がして急いで避難した。その直後に洪水が起こり、一帯の家々は壊滅してしまう。一家だけが助かった。以後、滝を鳴滝と呼んだ。姓も洪水(こうずい)に改め、代々にわたり造園業を営んだという。  


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』『京都の地名検証 2』『京都まちかど遺産めぐり』『京都大事典』『京都の伝説』


  関連・周辺般若寺跡・般若寺稲荷     周辺宅間塚     関連        
鳴滝 〒 京都市右京区鳴滝蓮池町  
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光