宅間塚 (京都市右京区)
grave mound of TAKUMA Shoga
宅間塚 宅間塚 
50音索引   Home 50音索引   Home

石標「法眼宅間勝賀終焉地」


無縫塔(宅間塚)


 周山街道の傍ら三宝寺橋南詰に、鎌倉時代の絵仏師・宅間勝賀(たくま しょうが)にまつわる「法眼宅間勝賀終焉地」の石標が立てられている。
 奥には卵塔婆の宅間塚(たくまづか)、隣接して碑があり、碑文が刻まれている。
◆歴史年表 鎌倉時代、絵仏師・宅間勝賀は、この地で落馬し絶命したという。その後、石碑が立てられた。当初は、鳴滝近くにあったという。後、碑は失われた。
 江戸時代、1679年、三宅高信という人が、新たに宅間碑を立てた。
 近代、昭和期(1926-1989)初期、道路工事に伴い、碑は現在地に移された。
◆宅間勝賀 鎌倉時代の絵仏師・宅間勝賀(たくま しょうが、生没年未詳)。澄賀。絵仏師・宅磨派の祖・宅磨為遠の子。1169年頃-1209年頃、神護寺・東寺の仏像制作などに携わる。宋画の要素を取り入れた仏画を描く。絵所の役に任じられ、法橋、法眼に叙せられ、宅間法眼と呼ばれた。代表作に東寺の絹本著色「十二天屛風」(国宝)など。
◆宅間派 絵仏師の宅間派(宅磨派、託磨派)は、平安時代後期の宅磨為遠(たくま ためとお、生没年未詳)を祖とする。子・勝賀は京都、弟・為久は鎌倉で活躍した。派は室町時代に滅した。
◆逸話 宅間勝賀は、高山寺の明恵に帰依し、京都と栂尾を行き来した。明恵の法要を聴聞することも度々あった。
 ある時、明恵に春日の神、住吉の神が降臨した。明恵だけが二神の姿を見ることができた。勝賀は、二神の姿を絵に写したいと明恵に懇請する。だが、明恵は、常人が神の姿を見ると死ぬかもしれないと忠告した。勝賀はそれでも構わないと願った。二神は勝賀の志に感じ姿を顕した。勝賀は喜び、二神の姿を写し取る。また、勝賀は、明恵と二神が対話しているのを、盗み覗って筆写したともいう。
 絵は完成し、勝賀は喜びに溢れ京都へ戻ろうとした。途中、鳴滝の地に差し掛かり、誤って落馬、絶命したという。また、落雷により亡くなったとも伝えられる。仏神罰によるとされた。いま、高山寺に勝賀が描いた二神像が残されている。
◆碑 現在、宅間勝賀の墓とされる無縫塔(宅間塚)(高さ87cm)、その横に碑、街道沿いに「法眼宅間勝賀終焉地」の石標が立つ。 


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 碑文、『京都市の地名』『京都の伝説』


  関連・周辺      周辺鳴滝・鳴滝川      関連        
宅間塚 京都市右京区鳴滝宅間町(周山街道三宝寺橋南詰) 位置座標 北緯35度01分56.2秒/東経135度42分11.0秒(世界測地系) 
  Home     Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光