大宮姫命稲荷神社 (京都市上京区) 
Omiyahimenomikoto-inari-jinja Shrine
大宮姫命稲荷神社 大宮姫命稲荷神社 
50音索引  Home 50音索引  Home







本殿



 上京区主税町(しゅぜいちょう)に、小祠の大宮姫命稲荷神社(おおみやひめのみこと いなり じんじゃ)がある。「大宮姫(おおみやめ)稲荷神社」「貧乏稲荷」とも呼ばれていた。 
 かつて平安宮の内部に祀られた宮中神32座のうち、旧平安宮内に残された唯一の神が祀られているという。
 祭神は大宮売神(おおみやめのかみ、大宮咩命)を祀る。 
 式内社。平安時代、『延喜式神名式(延喜式神名帳)』(927)中「宮中神祇官西院坐御巫等祭神 23座(並大)御巫祭神 八座 並大 月次新嘗 大宮売神」が祀られているという。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、807年、初代・神武天皇(BC660-BC582)の時、皇天二祖(天照大神、高皇産霊神)の詔のままに神籬を建て、8神を奉斎したという。以来、祭祀が始まったという。(「古語拾遺」
 927年、『延喜式』神名帳では、「御巫祭神八座 並大 月次新嘗」として、式内大社に列するとともに月次祭・新嘗祭では幣帛に預かると記されている。
 年代不詳、中世(鎌倉時代-室町時代)末期とも、御巫祭神八座中の大宮神が当地に遷されたという。(「新撰京都名所図会」、1894年)
◆大宮売神 御巫祭神の8神は、神祇官西院((斎院)中の八神殿に祀られていた。かつて神祇官西院は、現在地の東にあったと見られている。8神は、天皇の守護神であり、重要な神として『延喜式』神名帳の全国3132座の筆頭に記された。
 8神とは、神産日(かみむすひ)、高御産日(たかみむすひ)、玉積産日(たまづめむすひ)、生産日(いくむすひ)、足産日(たるむすひ)、大宮売(おおみやのめ)、御食津(みけつ)、事代主(ことしろぬし)になる。
 このうち大宮売神は、日本神話の高皇産霊神(たかみむすびのかみ)の子・太玉命(ふとだまのみこと)の娘になる。天の石窟(いわや)より新殿に遷った天照大神(あまてらすおおみかみ)に仕えたという。宮中の平安守護神、また、君臣の間を取り持つ神ともされた。祈年祭、大殿祭(おおとのほがい)でも祀られた。
 八神殿は、童女の神職、御巫(みかんなぎ)のうち大御巫(おおみかんなぎ)により奉斎された。奈良時代には2人、平安時代に大御巫は3人が置かれた。最も重要な祭祀は、新嘗祭前日に行われた鎮魂祭になる
 神祇官の祭祀は中世(鎌倉時代-室町時代)にはすでに衰退する。室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)で八神殿焼失後、宮中に再建されることはなかった。安土・桃山時代、1590年、吉田神社境内(現在の八神殿跡)と白川家邸内に八神殿が建てられ、代替とされた。江戸時代、1609年に吉田神社を神祇官代として制定した。
 近代、1869年、神祇官の神殿が創建され、八神殿の8神のほか、天神地祇、歴代天皇の霊も祀られた。1872年、神祇官は宣教のみを行うこになる。八神殿は神祇官より宮中へ遷され、歴代天皇の霊も、宮中の皇霊殿へ遷された。1872年、八神殿8神は天神地祇に合祀され、八神殿の名は「神殿」に改められた。現在、神殿は皇居(東京)の宮中三殿の1つとして存在する。
 8神のうち大宮売神を祀る当社は、平安宮の内部に祀られた宮中神32座のうち、旧平安宮内部に残された唯一の神とされる。大宮売神の関連社としてほかに、大宮売神社(京丹後市)がある。
◆宮内省坐神 境内のある現在地(上京区主税町)付近は、平安宮(平安京大内裏)内に位置し、内裏の南にある。地名の主税町(しゅぜいちょう/ちからちょう)も、平安京大内裏の役所の一つ主税寮の跡地だったことによるという。(「坊目誌」)。律令制下の民部省に属し、田租を司り、倉廩(米蔵)の出納を監督した。
 かつて、主税町の北東に園韓神社(そのからかみしゃ)が祀られていたという。
 宮内省坐神(大3座)といわれる神、園神社(そののかみの)1座、韓神社(からのかみの・からかみ)2座になる。園神は園池を守る神、また、園韓神は疫病を防ぐ神ともいう。前者は大物主、後者は少彦名ともいう。平安京以前より祀られていた神だったともいう。園韓神は、古くより大内にあり、平安京遷都に際して「この地に坐して帝皇を護り奉らん」と宣託があったという。(『古事談』)。室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)で焼失した。
 なお、近世(安土・桃山時代-江戸時代)、醒ヶ井通高辻上るに園韓神社があったともいう。(『京羽二重』)
◆樹木 境内に隣接する道の半分を塞ぐ形で、ムクノキの巨木を残している。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都はじまり物語』『京都市の地名』『稲荷信仰と宗教民俗』『京都 神社と寺院の森』『京都歴史案内』


  関連・周辺福長神社      周辺      関連        

光春稲荷大明神

地蔵尊

ムクノキ

主税町の地名
平安京オーバレイマップ
大宮姫命稲荷神社 〒602-8155 京都市上京区主税町    
  Home     Home  
     © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp