養徳院 〔大徳寺〕 (京都市北区)
Yotoku-in Temple
養徳院 養徳院 
50音索引  Home 50音索引  Home










 大徳寺の境内南東に塔頭・養徳院(ようとくいん)がある。境内は700坪(2314㎡)を有している。足利将軍家の菩提所だった。住持は南派、北派が交代で護持した。 
 臨済宗大徳寺派。
◆歴史年表 室町時代、応永年間(1394-1427)、武将・足利満詮(あしかが みつあきら)は、亡き夫人・善室(妙雲院善室慶)の菩提を弔うために妙雲院(妙雲尼院)を創建した。当初は東山祇園付近にあった。尼寺とし、満詮の娘・竺英聖瑞(じくえい しょうずい)を初代とした。当院の前身になる。
 1418年、満詮が亡くなり、その法号「養徳院」により養徳院と院号を改める。
 1464年、竺英は、師・春浦宗煕に院を寄進し、春浦が請われ住持になる。
 明応年間(1492-1501)、1492年、1507年とも、大徳寺山内の現在地、徳禅寺南に移転した。春浦が法嗣の実伝宗真(じつでん そうしん)に付して開祖にしたともいう。(「大徳寺並塔頭明細牒」)
◆竺英聖瑞 室町時代の尼僧・竺英聖瑞(じくえい しょうずい、生没年不詳)。詳細不明。足利満詮の娘。大徳寺40世・春浦宗熙に帰依した。妙雲院(養徳院)の初代、1464年、師・春浦に院を寄進する。通玄寺尼長老、曇華院の住持。
◆春浦宗煕 室町時代の臨済宗の僧・春浦宗煕(しゅんぽ そうき、1409/1416-1496)。播磨の人。6歳で建仁寺・乾心和尚に師事、18歳の時に出家、得度した。蔵主になる。大徳寺に移り、養叟宗頤(ようそう そうい)の法を嗣ぐ。東山・大蔭庵、大徳寺・大用庵に住した。1461年、大徳寺40世。1462年、大蔭庵、1464年、大徳寺・養徳院の住持。応仁・文明の乱(1467-1477)を避け摂津・城福寺、堺・陽春庵に移る。1473年、大徳寺再住、伽藍修復し復興を行う。1481年、伏見・清泉寺の開祖。1492年、大徳寺に松源院を開く。諡号は1490年、「正続大宗(しょうぞくだいしゅう)禅師」。松源院に塔された。
◆足利満詮 南北朝時代-室町時代の武将・足利満詮(あしかが みつあきら、1364-1418)。室町幕府2代将軍・足利義詮の4男。母は紀良子。義満の同母弟。室に藤原誠子。左馬頭、左馬頭如元、左兵衛督を経て、1402年、従三位参議、1403年、従二位権大納言。同年義満の手により剃髪出家し、法名を勝山道智(しょうざん どうち)と称した。1416年、上杉禅秀の乱で甥の4代将軍・義持に鎌倉公方・足利持氏の救援を進言した。病没し、等持院で毘に付された。贈従一位左大臣、謚号は「養徳院贈左府」。
◆実伝宗真 室町時代の臨済宗の僧・実伝宗真(じつでん そうしん、1434-1507)。美濃の生まれともいう。幼少で両親を亡くし、美濃・大円寺に入る。14歳で京都に上がる。建仁寺・天潤庵の晋挙才禅師に師事、蔵主になる、29歳で祇園の大蔭庵・春浦宗煕に参じ、その法嗣。1466年、大徳寺56世。1497年、諡号は「仏宗大弘禅師」。法嗣に東渓宗牧、古嶽宗亘。遺命により伏見・清泉寺を塔所とした。
◆建築 現在の客殿は、江戸時代、1656年の棟札が残る。旧客殿の改築年とみられ、それ以前の築造ともいう。
◆茶室 客殿北に茶室「閑事席(かんじせき)」がある。
◆庭園 禅寺の大徳寺には珍しく池泉式庭園がある。杜若が知られている。
◆文化財 寿像とみられる「足利満詮像」(重文)は、足利義持の賛がある。「勝山道智像」。
 室町時代の伝・曽我蛇足(?-1483)筆、紙本淡彩「中達磨魔左右臨済徳山像」3幅(重文)がある。達磨の左右に唐僧・臨済義玄(?-867)、唐僧・徳山宣鑑(780-865)を描く。
 2011年、現代の伝統工芸作家・12代藤林徳扇(ふじばやし とくせん、1920-)、長男・宏茂、次男・徳也は、開祖の須弥檀襖絵「瑞兆(ずいちょう)の図」8面を完成させた。須弥檀には実伝宗真像が安置されている。黎明色に鳳凰、桜、秋草などが描かれている。和紙に水彩絵具を浸透させ、宝石粉を含んだ岩絵具を重ね、金箔を施した。今後、客殿「プラチナの鶴の間」に鶴の襖絵16面も完成させる予定という。
◆墓 曇華院宮墓地がある。初代・竺英聖瑞が尼門跡寺院の曇華院住持だったことから、以後の曇華院歴代が養徳院に葬られた。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『別冊愛蔵版 淡交 大徳寺と茶道 その歴史と大徳寺僧の書』『紫野大徳寺の歴史と文化』『京都・紫野大徳寺僧の略歴』


  関連・周辺大徳寺     周辺     関連曇華院      
養徳院 〒603-8231 京都市右京区花園妙心寺町53  
50音索引  Home   50音索引  Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光