龍泉庵 〔大徳寺〕 (京都市北区)
Ryosen-an Temple
龍泉庵 龍泉庵 
50音索引  Home 50音索引  Home







 大徳寺境内の北に塔頭・龍泉庵(りょうせんあん)がある。庵には、米国人・ルース紹溪尼により日米第一禅協会が置かれ、海外での禅評価の先駆になった。 
 臨済宗大徳寺派、大徳寺四派の一つ、龍泉派(関東派)の本庵。
◆歴史年表 室町時代、明応年間(1492-1501)、当初は本坊北に創建された。陽峰宗韶(ようほう そうじょう)の開祖により、龍泉軒と称された。(「龍宝山大徳禅寺志」)。
 安土・桃山時代、天正年間(1573-1592)、大用庵の寮舎として使われたとみられる。
 その後、龍泉庵に改められ、大徳寺四派の一つ、龍泉派の本庵塔頭になる。
 日新宗益(にっしん そうえき、1557-1620)が再興する。
 江戸時代、元和年間(1615-1624)、正清院が再興に関わる。
 1636年、江戸時代(1603-1868)中期とも、方丈が修築される。現在地、塔頭・総見院北に移された。
 近代、1868年以降、神仏分離令後の廃仏毀釈により荒廃する。
 1876年、塔頭・芳春院に合併される。
 その後、廃絶する。
 現代、1958年、米国人・ルース紹溪尼(佐々木ルース夫人)により再興された。
◆陽峰宗韶 室町時代の臨済宗の僧・陽峰宗韶(ようほう そうじょう、1430-1512)。京都の生まれ。春浦宗煕の法嗣。1490年頃、如意庵にあり、自適庵に移る。1504年、大徳寺70世。大徳寺・龍泉庵に塔所がある。諡号は1708年、「匡宗霊慧(きょうじれいえ)禅師」。大徳寺四派、龍泉派(関東派)の祖。法嗣に東海宗朝、千林宗桂。
◆多賀高忠 室町時代の武将・多賀高忠(たが たかただ、1425-1486)。従兄で主君・京極持清に仕える。1462年、京都侍所所司代に任じられ、土一揆鎮圧、治安維持で名を挙げた。1466年、持清が延暦寺と衝突し、失脚により解任された。応仁・文明の乱(1467-1477)で、1467年、持清と細川勝元ら東軍に属し、六角高頼らを圧倒し山城・如意岳城を築いた。1469年、六角氏の本拠・観音寺城を一時制圧。1470年、持清死後、子・政経を庇護、1472年、政経と共に越前へ逃れる。1475年、出雲の国人を擁し再起し、六角高頼らと戦い勝利、後に西軍の援軍に敗北。乱終に京都で隠棲、1485年、室町幕府により京都侍所所司代に再任され、山城国内の土一揆を鎮圧した。
 有職故実に詳しく、小笠原持長に弓術を学び、弓術研究書『高忠聞書』を著した。和歌・連歌にも通じた。墓は京都・宗仙寺にある。
◆日新宗益 安土・桃山時代-江戸時代の臨済宗の僧・日新宗益(にっしん そうえき、1557-1620)。哦松。早雲寺に住した。大徳寺162世。
◆正清院 安土・桃山時代-江戸時代前期の女性・正清院(しょうせいいん、1580-1617)。振姫(ふりひめ)。徳川家康の三女、母は側室・穴山氏(お竹の方)。1595年、豊臣秀吉の命により蒲生秀行と婚約、1598年、輿入れする。忠郷、忠知、崇法院(加藤忠広正室)を産む。1612年、夫急逝後、忠郷と後見・振姫、家老・岡重政との間で藩政を巡り対立、家康の命により岡は切腹になる。1615年、家康の命により浅野長晟と再嫁、1616年、輿入れ、翌1617年、出産後亡くなる。
◆紹溪尼 近現代の尼僧・紹溪尼(Ruth Fuller、ルース・フラー、1832-?)。佐々木ルース。アメリカ・シカゴ生まれ。父・George E. Fuller、母・Clara Elizabeth。裕福な家庭に育ち、私立学校、ヨーロッパ留学を経て、1917年、弁護士・Edward Warren Everettと結婚した。1918年、長女Eleanor(後に哲学者、作家・Alan Watts夫人)を産む。1930年、フラー夫妻らは日本、朝鮮、中国、満州旅行、京都で鈴木大拙、その夫人・ビアトリス、外国人参禅を奨励した円福寺・神月徹宗を知る。1932年、来京し、南禅寺・河野霧海(南針軒)に師事した。1933年、三度目の来日、1934年林銑十郎に会う。1940年、夫没後、「仏教協会」(First Zen Institute of America、後に美国第一禅協会、北米第一禅堂と改称)の活動に関わる。1950年、日本に滞在する。1957年、大徳寺・龍泉庵に「日米第一禅協会」を設立した。1958年、龍泉庵を再興し、禅典籍の英語翻訳などを行う。
 スナイダー、入矢義高、柳田聖山、金関寿夫らと親交した。
◆建築 紹溪尼が起居していたという庵が残る。
◆子院 太清(太清軒)は、室町時代、文明年間(1469-1487)、大徳寺45世・岐庵宗揚(ぎあん そうよう)の創建による。1592年、衆評により、龍泉庵宗銕が請け負う。その後、荒廃し、江戸時代、寛永・正保年間(1624-1648)、大徳寺175世・随倫宗宜(ずいりん そうぎ)が龍泉庵の門右の建物を太清軒と名付け、庵号名として引き継ぎ住した。当初は龍泉派独住、後に兼帯になる。
 雑華庵は、榎並宗吟が父・春溪宗英のために創建した。当初は春溪庵と呼ばれ、天瑞寺の北端にあり、海室宗巨(かいしつ そうこ)が住した。当初は龍泉派独住、後に兼帯になる。江戸時代、天明年間(1781-1789)に廃された。
 清心庵は、室町時代、文亀年間(1501-1504)の創建ともいう。廃され、江戸時代、1686年、大徳寺224世・別源宗甄(べっけん そうけん)が再興する。安永・天明年間(1772-1789)に廃された。
 ほかに雲林院がある。
◆石造物 子授け地蔵は地蔵尊が船形光背に2体半肉彫りされている。鎌倉時代、「弘長二年(1262年)」の彫銘がある。
◆年間行事 坐禅会(毎週水-日曜日、7:00-8:00)。


*非公開
*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『別冊愛蔵版 淡交 大徳寺と茶道 その歴史と大徳寺僧の書』『紫野大徳寺の歴史と文化』『京都・紫野大徳寺僧の略歴』、サイト「仏教と近代」研究会


  関連・周辺大徳寺      関連・周辺雲林院〔大徳寺〕      周辺      関連         
龍泉庵 〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町107  075-491-0543
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp