真乗院 〔南禅寺〕 (京都市左京区)
Shinjo-in Temple
真乗院 真乗院 
50音索引  Home 50音索引  Home








 南禅寺境内、三門の南西に塔頭・真乗院(しんじょういん)がある。 
 臨済宗大徳寺派。
◆歴史年表 室町時代、1450年、南禅寺第139世・香林宗簡(こうりん そうかん)により創建されたという。大応派の基礎が固まる。武将・山名宗全は深草郷を寄進する。(真乗院文書)。1412年、香林は、師・月庵宗光より深草の末寺・栄松寺、大圓庵と所領も譲られている。真乗院の創建以来、末寺となり江戸時代初期まで続いた。末寺としてはほかに摂津・禅昌寺がある。
 1453年、香林が亡くなる。第102代・後花園天皇は、真乗院の創建を聞召(許可)している。真乗院は香林の塔所とし、南禅寺の塔頭になる。その後は、華屋宗厳(1428-1486?) が引き継ぐ。
 1467年、応仁・文明の乱(1467-1477)後、現在地に再建される。
 1535年、梅屋宗香は、真乗院より南禅寺住持に移っている。
 近代、1878年、壽光院が真乗院に合併される。
◆香林宗簡 室町時代の臨済宗の僧・香林宗簡(こうりん そうかん、?-1453)。詳細不明。大応派下、月庵宗光の法嗣。美濃・大圓寺、京都・万寿寺、大徳寺、1434年、大光明寺、1436年、南禅寺139世。1437年、南禅寺を退く。山名氏の帰依を受けた。門下に259世・梅屋宗香。
◆月庵宗光 鎌倉時代-南北朝時代の臨済宗の僧・月庵宗光(げつあん そうこう、1326-1389)。美濃の生まれ。峰翁祖一(ほうおう そいち)、孤峰覚明(こほう かくみょう)らに師事。伊予・宗昌寺の大虫宗岑(だいちゅう そうしん)の法嗣。帰依した山名時熙のために但馬・大明寺を創建。摂津・禅昌寺の開山。守護山名氏の帰依を受け円通寺などを開く。大応派。諡号は正続大祖禅師。
◆華屋宗厳 室町時代の臨済宗の僧・華屋宗厳(かおく そうごん、1428-1486?)。紙衣道人(しいどうじん)。摂津・禅昌寺の住持。
◆梅屋宗香 室町時代の臨済宗の僧・梅屋宗香(ばいおく しゅこう、?-1545)。摂津国生まれ。香林宗簡の門下。華屋宗厳の法嗣。真如、臨川住持、1535年、南禅寺139世。建仁寺・月舟寿桂に学ぶ。近世法語の模範とされる。「梅屋和尚文集」を著す。
◆山名宗全 室町時代の武将、守護大名・山名宗全(やまな そうぜん、1404-1473)。持豊(もちとよ)。山名時熙の3男、母は山名氏清の娘。1421年-1422年初陣で備後国人を討伐。長兄の死、次兄廃嫡により1433年、家督相続、但馬などの守護大名になる。1437年、家督相続に不満を持つ持熙が備後で挙兵、これを鎮圧する。1439年、正四位下左衛門佐に任じられ、1440年、幕府侍所頭人兼山城守護、1441年、嘉吉の乱で討伐軍を率い播磨へ侵攻、鎮圧に貢献、播磨を獲得、5か国の守護、10か国の守護職を回復した。1442年、出家し宗峯、長禄年間(1457-1461)宗全と名を改める。東播磨3郡を得るが、赤松満政が不満を抱き播磨へ下向、1445年これを討つ。1454年、畠山持国を失脚させ、勝元と共に幕政の頂点に立つ。8代将軍・足利義政と対立、家督と守護職を嫡男・教豊に譲り、但馬へ下国。赤松則尚が播磨で山名政豊を攻め、これを駆逐、1458年、赦免され幕政に復した。1465年、足利義政正室・日野富子は、実子・義尚の将軍職を望み宗全に接近する。1467年、応仁の乱で出石此隅山城に集結した西軍総大将として挙兵、京都へ進軍。1473年、病死した。墓所は南禅寺の真乗院にある。
◆茶室・庭 茶室「蛍雪庵(けいせつあん)」は、1914年、昭憲皇太后の大葬の際に伏見桃山に建てられた皇室の休憩所を前身とする。後、堀川女学院に移され、裏千家・円能斎宗匠により、1915年に茶室となり、「芝蘭亭(しらんてい)」と名付けられた。1937年、当院に移され増築されている。
 四畳半の席、床の間の左に地板、天井は躙口上に半間通りが掛込天井、ほかは網代の平天井、水屋よりの茶道口、庭、庇より躙口・貴人口が開く。水屋(3畳)、広間(8畳)、次の間がある。土庇は茶室の東、広間の北に付けられている。
 露地庭は縁側近くまで水が流され、植栽、蹲踞、燈籠が立てられている。
 1947年、作家・谷崎潤一郎(1886-1965)は、南禅寺の自宅からこの茶室に半年間通い、小説『細雪』を執筆したという。
◆墓 山名宗全の墓がある。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『旧版 古寺巡礼京都 12 南禅寺』『南禅寺史 上』『南禅寺史 下』『京の茶室 東山編』


  関連・周辺南禅寺     周辺     関連     
真乗院 〒606-8435 京都市左京区南禅寺福地町86-11  075-771-3084  
   Home     Home 
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光