三秀院 〔天龍寺〕 (京都市右京区)
Sanshu-in Temple
三秀院 三秀院 
50音索引  Home 50音索引  Home









手水舎
 天龍寺境内、総門より入った参道の北側、東端に塔頭・三秀院(さんしゅういん)がある。
 臨済宗天竜寺派。 
 天龍寺七福神めぐりの一つ、1番、東向大黒天を祀る。開運福徳の信仰を集める。
◆歴史年表 南北朝時代、1363年、不遷法序(ふせん ほうじょ)を開基として創建された。当初の境内地は、霊庇廟の南にあった。
 江戸時代、1769年、焼失し、廃寺になる。
 寛文年間(1661-1672)、第108代・後水尾天皇により中興された。
 元治年間(1864-1865)、焼失する。その後、現在地に移される。
 近代、1872年、1876年とも、塔頭・養静軒(ようせいけん)を合併し、現在地に再建された。また、養清軒に三秀院を合併し、寺号を三秀院と改めたともいう。
 1879年、瑞雲院(山城国乙訓郡大山崎)を合併する。
 現代、1965年、現在の本堂が再建されている。
◆不遷法序 鎌倉時代-南北朝時代の臨済宗の僧・不遷法序(ふせん ほうじょ、1313-1383)。相模の生まれ。夢窓疎石の法嗣。近江・徳雲寺、天龍寺、南禅寺の住持歴任。著作に「菩薩蛮」など。号は三秀。諡号は仏照慈明禅師。
◆森一生 映画監督・演出家・森一生(もり かずお、1911-1989)。愛媛県松山市生まれ。今治中学、松山中学、京都帝国大学文学部美術専攻卒業後、1933年、日活太秦撮影所に入社する。その後、第一映画、新興キネマに移り、助監督を経て、1936年、「仇討膝栗毛」が初監督になる。1942年、「大村益次郎」、新興キネマを吸収した大映に移り応召する。1959年、勝新太郎、市川雷蔵の「薄桜記」が時代劇の最高傑作となる。1967年、市川雷蔵の「ある殺し屋」は異色作となる。1971年、大映倒産後、テレビドラマの演出し「木枯し紋次郎」「座頭市物語」「横溝正史シリーズ」なども手がけた。
 三秀院に墓がある。
◆建築 現在の本堂は、1965年の再建による。天井に彫金の「鳳凰図」(2m四方、重さ2t)が飾られている。
◆茶室 茶室「任有亭(にんゆうてい)」がある。
◆庭園 露地庭がある。苔地に自然石の飛石、長石、外露地と内路地の間に枝折戸、四ツ目垣(横竹3本)による仕切りがある。
◆天龍寺七福神 天龍寺七福神めぐりの一つである大黒天を祀る堂がある。東向大黒天(東向き大黒天さん)とも呼ばれ、大柄で左手に大袋、右手に小槌を持つ。第108代・後水尾天皇の念持仏だったという。日本三大黒天(ほかに延暦寺、寛永寺)のひとつに数えられる。江戸時代、寛永年間(1624-1643)に嵯峨人形師により作られた。1864年の山内火災にも焼失を免れ、霊験が知れ渡った。
 天龍寺七福神めぐりは、節分(2月3日)に天龍寺の総門前、法堂前で福笹を受け、境内塔頭7か寺を巡る。七福神が開扉され、お札を授かり一年の幸福を祈願する。三秀院(東向大黒天)、慈済院(水摺大弁財天)、弘源院(三国伝来毘沙門天)、松厳寺(福禄寿)、妙智院(宝徳稲荷)、寿寧院(赤不動明王)、永明院(恵比寿)の7塔頭になる。
◆文化財 「白地二重牡丹文金襴九条袈裟」がある。
◆花暦 境内にサンシュウボク、ウメモドキなどさまざまな草花がある。
◆墓 映画監督・森一生の墓がある。
◆年間行事 節分・天龍寺七福神めぐり(2月3日)。
 大黒天は甲子の日参り。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『天龍寺』『京都の禅寺散歩』山城国 野郡天龍寺の境内地処と関係資料」『京都秘蔵の庭』『京都シネマップ 映画ロマン紀行』『京の福神めぐり』


  関連・周辺天龍寺       関連・周辺慈済院〔天龍寺〕      関連・周辺弘源寺〔天龍寺〕       関連・周辺松巌寺〔天龍寺〕       関連・周辺妙智院〔天龍寺〕       関連・周辺寿寧院〔天龍寺〕      関連・周辺永明院〔天龍寺〕      周辺       関連               

手水舎

福徳弁財天

福徳弁財天

福徳弁財天

東向大黒天
東向大黒天の御堂

東向大黒天
東向大黒天

東向大黒天

東向大黒天尊

東向大黒天、天井画

本堂

本堂扁額

玄関


十三重塔、四方仏

三重塔、五重塔、七重塔

仏足石

仏足石
三秀院 〒616-8385 京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町64  075-861-0115 
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光