堆雲軒 〔建仁寺〕 (京都市東山区)
Taiun-ken Temple
堆雲軒 堆雲軒 
50音索引  Home 50音索引  Home




 建仁寺境内の北西に塔頭・堆雲軒(たいうんけん)がある。「椿寺」でもある。 
 臨済宗建仁寺派、本尊は如意輪観音。
◆歴史年表 南北朝時代、1346年、正仲彦貞(しょうちゅう げんてい)により、歴代の退隠所として創建される。亡き霊洞院の高山慈照(こうざん じしょう)を追請し勧請開山に迎えた。当初は塔頭・霊洞院内にあり、正中の寮「堆雲軒」だった。
 天文年間(1532-1555)、焼失する。
 江戸時代、1680年、実伝慈篤により現在地の僧堂旧地に移し再建される。(「山城名勝志」「坊目誌」)。玉璋軒を堆雲軒と改める。
 1681年、堂宇が完成する。
 近代、古渡庵老師(1878-1945)の時、急須塚が建立された。
◆正仲彦貞 南北朝時代の臨済宗の僧・正仲彦貞(しょうちゅう げんてい、?-1391)。正中。詳細不明。高山慈照の法嗣。1346年、建仁寺・堆雲軒を創建する。
◆高山慈照 鎌倉時代-南北朝時代の臨済宗の僧・高山慈照(こうざん じしょう、1266-1344)。天台学、律を学ぶ。無本覚心(むほん かくしん)の法嗣。南浦紹明(なんぽ じょうみん)、高峰顕日(こうほう けんにち)らに師事。紀伊・大慈寺の住持、万寿寺、建仁寺26世。建仁寺・霊洞院、1346年、堆雲軒の勧請開山。1340年、足利直義の求めにより祈雨し、2日目に降雨させたという。俗姓は菅原、菅原道真の命日に死すと予言し果たした。法灯系。諡号は広済禅師。
◆実伝慈篤 江戸時代の臨済宗の僧・実伝慈篤(1624-1722)。父は宇治茶業・上林(かんばやし)春松。建仁寺313世、建仁寺・堆雲軒の住持。
◆文化財 南宋時代(13世紀)の絹本著色「無門慧開像 無本覚心賛」。南北朝時代(14世紀)の龍湫周澤筆、絹本墨画淡彩「不動明王像」。江戸時代(18世紀)、紙本淡彩「達磨図 東嶺自画賛」。
◆花暦 境内には椿が花開く。
◆急須塚 古渡庵老師(1878-1945)の時、戦前、境内に急須塚が建立された。五条坂辺の陶工らによる。


*参考文献 『建仁寺』『京都の禅寺散歩』『建仁寺 建仁寺と栄西禅師』『京都・山城寺院神社大事典』『旧版 古寺巡礼京都 6 建仁寺』。


  関連・周辺      周辺      関連             
堆雲軒 〒605-0933 京都市東山区小松町598,大和大路通四条下る四丁目  075-531-5686 
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp