長慶院 〔妙心寺〕 (京都市右京区)
Choke-in Temple

50音索引  Home 50音索引  Home




 妙心寺境内の北東に塔頭・長慶院(ちょうけいいん)がある。
 臨済宗妙心寺派。聖沢派塔頭の一つ。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1600年、開祖は妙心寺71世・東漸宗震(とうぜん そうしん)による。檀越・松嶽寿保信女(杉原くま)により創建された。
 江戸時代、1662年、林豁(りんかつ)が寮舎として取正庵(しゅしょうあん、収正庵<しゅうしょうあん>とも)を建立する。
 1680年、5世・卓宗(たくじゅう/ていそう)が再興した。
 近代、1878年、相楽郡の末寺・妙法寺(みょうほうじ)と合併した。伽藍が移築され、本堂を取畳み(とりたたみ、建物の廃止、取り壊し)し、院号を廃し、妙法寺と改めた。建物、土地一切が妙法寺所有になる。
 1905年、長慶院に復した。
◆東漸宗震 安土・桃山時代-江戸時代前期の臨済宗の僧・東漸宗震(とうぜん そうしん、1532-1602)。美濃の人。以安禅師に入門、参禅する。若狭・発心寺、播磨・随鴎寺住職、紫衣を賜う。妙心寺71世。北政所の姉・松嶽寿保信女(杉原くま)に請われ、1600年妙心寺・長慶院を創建した。北政所も帰依し、高台寺開山に請じたが固辞した。聖沢派8祖中の6祖。
◆松嶽寿保信女 安土桃山時代-江戸時代の女性・松嶽寿保信女(?-1625/1624)。杉原くま、長慶院殿。父は杉原定利、母は朝日殿。木下肥後守家貞(1543-1608)の妹、妹におね(高台院、豊臣秀吉室)、やや(長生院、浅野長政室)。医者・三折全成(杏林院殿)に嫁ぐ。法名「長慶院殿松岳(嶽)寿保大姉」。
◆林豁 江戸時代の臨済宗の僧・林豁(りんかつ、生没年不詳)。詳細不明。
◆卓宗 江戸時代の臨済宗の僧・卓宗(たくじゅう/ていそう)。詳細不明。長慶院5世、1680年再興する。
◆建築 現存の門は、伏見城の東門という。
◆文化財 「東漸宗震」、「長慶院殿」。 


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献  『妙心寺』『妙心寺 六百五十年の歩み』


  関連・周辺     周辺     関連       
長慶院 〒616-8036 京都市右京区花園寺ノ中町8-1   075-463-0958  
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp