徳雲院 〔妙心寺〕 (京都市右京区)
Tokuun-in Temple

50音索引   Home 50音索引   Home


 妙心寺境内の北西に塔頭・徳雲院(とくうんいん)がある。 
 臨済宗妙心寺派。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 室町時代、年代不詳、南禅寺・延用宗器は妙心寺山内に子院、徳雲院を建立していたという。その関連は不明。
 
1506年、檀越・刑部宗晋(ぎょうぶ むねくに)は、妙心寺25世・大休宗休(だいきゅう そうきゅう)に請じて創建したという。当初は、現在地の南、霊雲院に対面する大庫司(おおくす)の地にあった。
 年代不詳、大休より当院を付嘱された元梁(げんりょう)が、現在地の南東、微笑庵の東(現在の涅槃堂付近)に移した。
 年代不詳、後に一時、麟祥院(りんしょういん)の隠寮へ移転する。
 年代不詳、後に現在地(乾徳院の旧跡地)に移る。
 近代、明治期(1868-1912)、大龍院(だいりゅういん)の取畳み(とりたたみ、建物の廃止、取り壊し)の際に、本尊が当院に遷されたという。
◆延用宗器 室町時代の僧・延用宗器(生没年不詳)。詳細不明。南禅寺。
◆大休宗休 室町時代の臨済宗の僧・大休宗休(だいきゅう そうきゅう、1468-1549)。幼くして東福寺・永明庵で出家、龍安寺・特芳禅傑に師事、印可を受けた。その没後、西源院、龍安寺、妙心寺の住持。晩年は霊雲院を開創し住した。今川義元の招きにより、駿河国・臨済寺を開山、妙心寺・尾張国瑞泉寺などを歴住した。1542年後奈良天皇は大休に印記を受け る。天皇より円満本光国師の諡号を賜った。特芳禅傑の三哲の一人。
◆刑部宗晋 室町時代の武将・刑部宗晋(ぎょうぶ むねくに、生没年不詳)。詳細不明。武将・細川勝益 (?-1502)の三男。妙心寺・徳雲院の檀越。
◆文化財 大休宗休筆「柏菴道号」、特芳禅傑筆「迎仏会偈」。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『妙心寺』『妙心寺 六百五十年の歩み』『妙心寺散歩』

    関連・周辺妙心寺(右京区)     周辺     関連          
徳雲院 〒616-8035 京都市右京区花園妙心寺町41  075-463-6501 
 Home    Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp