玉龍院 〔妙心寺〕 (京都市右京区)
Gyokuryu-in Temple

50音索引  Home 50音索引  Home








 妙心寺境内に塔頭・玉龍院(玉竜院、ぎょくりゅういん)がある。
 臨済宗妙心寺派。 
◆歴史年表 安土・桃山時代、1598年、檀越の大名・生駒一正は、大川紹い(「い」はサンズイに爲)を開祖として創建した。以後、生駒家の菩提塔頭になる。
 江戸時代、寛永年間(1624-1643)、1603年とも、大名・生駒高俊により廟堂が建立された。
◆大川紹偽 安土・桃山時代の僧・大川紹偽(たいせん しょうい/だいせん じょうい、生没年不詳)。詳細不明。1588年、生駒親正が讃岐宇多津に創建した海蔵寺(高松・法泉寺)の開山になる。 
◆生駒一正 室町時代-江戸時代の武将、大名・生駒一正(いこま かずまさ、1555-1610)。生駒親正の長男。織田信長に仕え、1577年、紀伊雑賀攻めなどで活躍した。1582年、信長没後、羽柴秀吉に仕える。戦功により、1591年、従五位下讃岐守を叙される。文禄・慶長の役(1592-1598)では、蔚山城の戦いなどで活躍した。1600年、関ヶ原の戦いで会津出兵に参加、東軍に与し武功を挙げた。1601年、家督を継ぐ。1608年、妻子を江戸屋敷に居住させ、忠義を徳川秀忠より賞された。法名は「玉龍院殿前讃州大守四品安岫崇泰大禅定門」。法泉寺、玉龍院に葬られた。
◆生駒親正 室町時代-安土・桃山時代の武将、大名・生駒親正(いこま ちかまさ、1526?-1603)。美濃国に生まれる。生駒親重の子。1566年、織田信長の美濃攻め以後従う。長篠の戦い、石山本願寺(大坂本願寺)攻め、紀伊国雑賀攻めなどに参加。1582年、信長死後、秀吉家臣となり、山崎の戦い、賤ヶ岳の戦い、小田原征伐、1592年、文禄の役などに参加。近江国高島、播磨国赤穂の所領を得て、1595年、讃岐国を与えられた。預かっていた討死の讃岐前国主・十河存保の嫡男・千松丸を毒殺したという。氏復活に繋がる周辺を弾圧した。1600年、関ヶ原の戦いで、子・一正は東軍に与したが、親正は西軍に付き丹後国田辺城攻めに家臣を派遣した。戦後剃髪し、高野山に入る。山城国槙尾に一時隠退、一正の戦功により所領は安堵された。高松城で亡くなる。秀吉の三中老の一人。
◆生駒正俊 安土桃山時代-江戸時代初期の武将、大名・生駒正俊(いこま まさとし、1586-1621)。高松藩2代藩主・生駒一正の長男。妻は藤堂高虎の娘。1592年より、豊臣秀吉に従う。1600年、関ヶ原の戦いで祖父・親正とともに西軍につく。東軍に与した父の功により赦された。1610年讃岐国を継ぐ。父没後、家督を相続する。1614年、大坂の陣に加わる。法泉寺に葬られた。高松藩3代藩主。
◆生駒高俊 江戸時代初期の武将、大名・生駒高俊(いこま たかとし、1611-1659)。高松藩3代藩主・生駒正俊の長男。1621年、父没後、家督を相続し、高松藩主生駒家3代になる。外祖父・藤堂高虎の後見を受ける。1626年、従四位下壱岐守に叙任された。家臣団の間で内紛の生駒騒動が起こる。1640年、幕府は藩主・高俊の領地を没収し、出羽国由利郡に流罪になる。高松藩第4代藩主、出羽矢島藩初代藩主。
◆建築 廟堂は、江戸時代、寛永年間(1624-1643)、1603年とも、生駒高俊により建立された。左甚五郎(1594-1651)作といわれる蟇股がある。
 建仁寺開山堂の客殿は、玉龍院の客殿を移築した。
◆文化財 室町時代の土蔵筆「釈迦正覚図」(重美)。


*非公開
*参考文献  『妙心寺』『妙心寺 六百五十年の歩み』


  関連・周辺妙心寺(右京区)      周辺      関連建仁寺         
玉龍院 〒602-8418  京都市右京区花園大藪町18 
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp