養徳院 〔妙心寺〕 (京都市右京区)
Yotoku-in Temple

50音索引  Home 50音索引  Home










 妙心寺境内の北東に塔頭・養徳院(ようとくいん)がある。美濃鍋島の石河(いしこ)氏の菩提寺になる。
 臨済宗妙心寺派。本尊は釈迦三尊像。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1583年、石河光重(いしこ みつしげ)が、父・光延(みつのぶ)の菩提を弔うために創建した。妙心寺67世・功沢宗勲(こうたく そうくん)を開祖とした。当初は、境内の南西、現在の小方丈の北(微妙殿付近)、雑華院(ざっけいん)の西に位置していた。境内は、現在の塔頭・大雄院、幡桃院(はんとういん)、海福院、雑華院を含む広大なものだった。以後、石河氏の菩提塔頭になる。
 その後、境内余地は各塔頭に分与され、次第に縮小する。一宙は雑華院など3か院、1寮舎を、芳澤は瑞松院を中興した。
 2世・水庵宗掬(すいあん そうきく、1533-1612)に継がれる。
 1588年、石河光重が法堂南北に繋がる廊下を寄進する。
 1589年、現在の堂宇が再建された。
 江戸時代、1776年、衰微し、小堂だけが残る。
 1842年、円水(えんすい)の時、再興が始まった。
 1859年、17年の歳月を経て再建が完成する。 
 近代、1935年、現在地(瑞松院旧地)に移されている。
◆功沢宗勲 安土・桃山時代の僧・功沢宗勲(こうたく そうくん、生没年不詳)。詳細不明。石河光延の子、光重の兄。美濃鍋島・乙津寺(おつしんじ)3世。妙心寺・養徳院開祖。
◆石河光延 安土・桃山時代の武将・石河光延(いしこ みつのぶ、?-1568)。詳細不明。子に功沢宗勲、光重。美濃鍋島に住した。斎藤道三に仕える。美濃鍋島・乙津寺(おつしんじ)に墓がある。
◆石河光重 安土・桃山時代の武将・石河光重(いしこ みつしげ、生没年不詳)。詳細不明。父は光延。兄は功沢宗勲。子に石河貞清。豊臣秀吉の重臣、棄丸菩提所を妙心寺にと秀吉に進言した。
◆水庵宗掬 安土・桃山時代-江戸時代の僧・水庵宗掬(すいあん そうきく、1522-1612)。美濃鏡島城主・石河光成の二男。功沢宗勲の法嗣。養徳院2世、妙心寺73世。心華霊明禅師とも称した。水庵派。
◆蘭叔玄秀 安土・桃山時代の僧・蘭叔玄秀(らんしゅく げんしゅう、?ー1576?)。慧南玄譲の法祖。石河光忠の叔父。妙心寺53世、美濃鍋島・乙津寺住持、妙心寺・大雄院の勧請開祖。織田信長の帰依を受けた。「酒茶論」「蘭叔録」を著す。
◆仏像 本堂(方丈)の仏間に本尊の「釈迦三尊像」、石河家累代の位牌が安置されている。
◆建築 「本堂(方丈)」は、移転する以前の材を用いて再建された。須弥檀に牡丹、唐獅子が描かれている。
◆庭園 枯山水式庭園がある。十三重塔、燈籠が立つ。ウメ、ツバキなどの植栽がある。
◆文化財 安土・桃山時代、1576年、妙心寺53世・蘭叔玄秀(らんしゅく げんしゅう)筆の掛軸「酒茶論(しゅちゃろん)」は、漢文体(2000字)による。上戸の忘憂君(ぼうゆうくん)と下戸で茶を好む滌煩子(じょうはんし)が登場し、中国の故事を引き合いにして酒と茶の徳について論争する。最後に閑人が「酒は酒、茶は茶」として引き分ける。
 安土桃山時代-江戸時代 初期の絵師・曽我直庵(そが ちょくあん、生没年不詳)筆「鷹の図」2幅、鉄庵道生賛の山水画、奈良時代の渡来僧・鑑真和上(がんじん、688-763)の伝請来「鉄鉢」。
 「石河光延像」。


*普段は非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『妙心寺』『妙心寺 六百五十年の歩み』『第51回非公開文化財特別公開ガイドブック』


  関連・周辺妙心寺(右京区)       関連・周辺大雄院(だいおういん)〔妙心寺〕      周辺雑華院〔妙心寺〕       関連        

燈籠

十三重塔

十三重塔

十三重塔

【参照】近くの妙心寺参道
養徳院 〒616-8035 京都市右京区花園妙心寺町53 ‎
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp