久昌院 (京都市東山区)
Kyusho-in Temple
久昌院 久昌院 
50音索引  Home 50音索引  Home









庫裡






 建仁寺境内の西に塔頭・久昌院(きゅうしょういん)がある。
 臨済宗建仁寺派。本尊は薬師如来。
◆歴史年表 江戸時代、1608年、1614年とも、武将・奥平信昌(おくだいら のぶまさ、松平忠明とも)は、三江紹益(さんこう じょうえき)を開山として創建した。信昌の法号により久昌院とした。
◆三江紹益 室町時代-江戸時代の臨済宗の僧・三江紹益(さんこう じょうえき、 1572?-1650)。京都の生まれ。道号は友林、友竹。1606年、建仁寺に入山。建仁寺295世、開山として1602年、慈芳院、1604年、常光院、1608年、久昌院、元和年間(1615-1624)、円徳院、1616年、月真院、春光院、岡林院などがある。北政所が帰依した。
◆奥平信昌 室町時代-江戸時代の武将・奥平信昌(おくだいら のぶまさ、1555-1615)。美作守・奥平貞能の子。母は牧野成種の娘。徳川家康に仕え、1570年、姉川の戦に父と共に従軍した。妻を人質として送り、武田氏に降る。のち家康に再出仕し、1575年、長篠の戦で武田勝頼の大軍より三河長篠城城を守り、信長・家康軍を勝利に導く。信長は「信」の一字を与え信昌と名乗った。家康は、信昌に長女・亀姫を嫁がせた。1591年、遠江高天神城攻め、1584年、小牧の戦で戦功をあげる。1587年、従五位下・美作守に叙任。1590年、上野の宮崎に石を与えられた。1600年、関ヶ原の戦で、1601年まで、京都所司代に任じられ、本願寺に潜伏の西軍・安国寺恵瓊を捕える。後に美濃加納に転封した。
◆松平忠明 安土桃山時代-江戸時代初期の武将、大名・松平忠明(まつだいら ただあきら、1583-1644)。清匡。徳川氏の重臣・奥平信昌の4男、母は徳川家康の娘・亀姫(盛徳院)。1588年、家康の養子になり、松平姓を許された。1592年、兄死後、家督を継ぎ、上野 長根に所領を得る。1600年、関ヶ原の戦いで父と共に徳川方として参戦、1602年、三河作手藩主。1610年、伊勢亀山藩に移封。1614年、大坂冬の陣で河内口方面の大将となる。休戦協定後、家康の命で大坂城外堀・内堀の埋め立て奉行。1615年、大坂夏の陣の功により摂津大坂藩藩主。1619年、大和郡山藩へ加増移封。1632年、家光の後見人(大政参与)の一人に任じられる。1639年、播磨姫路藩に加増移封、江戸幕府の宿老。多くの都市計画を手掛け、京都では伏見町人の大坂移住、堀川開削などを行う。『当代記』を著した。
◆雪村友梅 鎌倉時代-南北朝時代の臨済宗の僧・雪村友梅(せっそん ゆうばい、1290-1347)。越後の生まれ。鎌倉で侍童となる。1307年、18歳で元に渡る。間諜の嫌疑をかけられる。その後、大赦後、長安・翠微寺の住持、元の朝廷より宝覚真空禅師の号を特賜された。1329年、帰国。1330年、師・一山一寧を嗣いで諏訪・慈雲寺の住持。1343年、朝廷、足利尊氏、直義らの招きに応じ万寿寺、1345年、建仁寺30世。
 詩偈に秀で、五山文学始原に関与した。趙子昂の筆法も能くする。在元中に詩文集『岷峨集』を著す。
◆赤松則村 鎌倉時代-南北朝時代の武将・赤松則村(あかまつ のりむら、1277-1350)。茂則の子。法名円心。播磨国佐用荘の地頭の一族、護良親王の令旨を受け宮方(南朝方)につき、1333年、赤穂・苔縄城に挙兵、足利高氏(尊氏)と共に六波羅を攻め、その功により建武政権で播磨守護職を得るが、その後取り上げられる。1335年、尊氏が新政権に反し関東に向かい、次男・貞範を同行させた。1336年、尊氏が京都で北畠顕家らに敗れ九州に逃れ、播磨白旗城に立て籠り追討軍を阻む。尊氏の室町幕府により播磨守護に復した。1350年、観応の擾乱で、尊氏・高師直方に与し、播備国境の船坂峠を固めたが、京都七条の自邸で病死した。
 禅に帰依し、雪村友梅を招き赤穂苔縄に法雲寺を建てた。宗峰妙超が大徳寺を開くと最初の檀越になる。
浮田一蕙 江戸時代末期の画家・勤皇家・浮田一蕙(うきた いっけい、1795‐1859)。京都の生まれ。宇喜多秀家の後裔とされ、詩文と和歌に秀でた。田中訥言(たなかとつげん)に師事、やまと絵の復興に努めた。1858年、安政の大獄で子・可成とともに捕らえられる。1859年、釈放の後、京都で病没した。絶筆「婚怪草紙絵巻」は、皇女和宮降嫁事件を風刺した。
◆茶室 客殿に江戸時代中期、作者不詳の五畳半の茶室がある。向板入り。
 書院の「高松軒」に、上段の間のある座敷(十二畳)、八畳台目の座敷がある。北奥の三畳台目の茶室は、小堀「遠州別好の席(えんしゅうべつごのみのせき)」といわれ、「鎖の間」がある。躙口へは、塀の間の細い露地に屋根をかけている。二畳がある。
◆障壁画 本堂上間に宇喜多一蕙(うきた いっけい、1795-1859)作の「長篠合戦の図」がある。奥平信昌の武勲を描く。奥平は、1575年の長篠の戦で、武田勝頼の大軍より三河長篠城に1カ月あまり籠城して守り、織田信長の援軍により勝利した。
◆文化財 江戸時代(18世紀)の曾我蕭白(そが しょうはく、1730-1781)筆の絹本墨画「山水図」。
 江戸時代の長澤芦雪(ながさわ ろせつ、1754-1799)筆の紙本墨画「牧童吹笛図」。
 梵鐘は、奥平信昌の13回忌にその子・忠明の寄進による。三江の銘が入る。 
◆庭園 本堂前に大規模な庭園がある。心字池のある池泉観賞(座観)式で、江戸時代中期の作庭とみられる。作庭者は不明。
 背後に上下2段、高めの直線的な生垣があり、これらの角刈込が2本の水平線を引いている。右手の生垣は一段高くなっている。生垣奥の樹木、建仁寺三門、東山も借景として取り入れた。生垣前、池の周囲には、灯籠、松などの樹木、丸刈込など多くの植栽があり、霧島ツツジ、皐月、サルスベリ、萩などがも見られる。前景に苔、白砂が敷かれている。2000年、中根史郎(1950-1975)により池の護岸、池底の改修が施されている。
◆墓 奥平家の霊屋、赤松則村、雪村友梅の墓がある。


*普段は非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『建仁寺』『京都の禅寺散歩』『建仁寺 建仁寺と栄西禅師』『京都・山城寺院神社大事典』『旧版 古寺巡礼京都 6 建仁寺』『京都秘蔵の庭』『京の茶室 東山編』『週刊 日本庭園をゆく 22』『第51回非公開文化財特別公開ガイドブック』



  関連・周辺建仁寺     周辺     関連       

鐘楼

本堂

庭園

庭園

奥平家の霊屋
久昌院 〒605-0811 京都市東山区小松町597,大和大路通四条下る四丁目  075-561-7074 
50音索引  Home   50音索引  Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp