長松院 〔萬福寺〕 (宇治市)
Chosho-in Temple

50音索引  Home 50音索引  Home




 萬福寺境内の南東端に、塔頭・長松院(ちょうしょういん)がある。
 黄檗宗。
◆歴史年表 江戸時代、1678年、鉄牛道機(てつぎゅう どうき)が、美濃加茂城主・松平光永室・長松院の菩提のために創建した。
 現代、1990年、現在の伽藍が再建される。
◆鉄牛道機 江戸時代の黄檗宗の僧・鉄牛道機(てつぎゅう どうき、1628-1700)。黄檗鉄牛。長門、石見生まれともいう。11歳で鳥取・龍峰寺の提宗慧全(ていじゅう えぜん)に就く。大坂・大仙寺の湛月紹円(たんげつ しょうえん)に師事、妙心寺で学ぶ。15歳で剃髪、1655年、長崎・崇福寺の黄檗隠元に参禅、1656年、木庵性瑫の法嗣、鉄牛道機と名を改める。萬福寺創建に尽力した。浄住寺を中興、江戸・弘福寺、伊達綱村の招請により陸奥・大年寺、稲葉正則の帰依により相模・紹太寺、武蔵・弘福寺などを開創、江戸白金・瑞聖寺2世。鉄眼道光の大蔵経開板に協力した。下総椿沼の干拓に関わる。福聚寺を建て没した。謚号は大慈普応国師。
◆長松院 江戸時代の女性・長松院(?-1678?)。詳細不明。丹波篠山藩2代藩主・松平典信の娘。美濃加納藩第2代藩主・松平光永の正室になる。
◆文化財 鉄牛寿像を安置する。かつて、塔頭・緑樹院に預けられていたものを遷した。
◆年間行事 開山忌(6月20日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都の禅寺散歩』『黄檗文化』


  関連・周辺萬福寺       周辺      関連            

「明明歴々 歴々明明 此是何物 廻脱死生」、鉄牛道機の遺偈
長松院 〒611-0011 宇治市五ケ庄三番割34   0774-33-1576
50音索引  Home    50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp