桂川連理柵の史跡(お半長右衛門供養塔) (京都市右京区)
Historic site of Katsuragawa-renri-no-shigarami

50音索引  Home 50音索引  Home





「法華塔」(右)、「法花塔」と刻まれている。


桂川
 桂川の東、上野橋付近の道路沿いに、「桂川連理柵(かつらがわ れんり の しがらみ)の史跡」といわれる塔塚が2基立つ。江戸時代、この地に近い桂川で二人の男女が溺死する事件があった。 
◆歴史年表 江戸時代、1761年、4月11日朝、現在地より50m離れた川岸に、男女の溺死体が浮かんだ。男の身元は、京都柳馬場押小路虎石町(中京区)の帯屋主人・帯屋長右衛門、女はその隣家にある信濃屋の娘・お半だった。長右衛門は、お半を大坂に奉公に連れて行く道中、この地で何者かに襲われ殺された。事件とも、事故死、心中ともいわれた。事件後、話は正本「曾根崎模様」で劇化される。
 1776年、事件を題材にした浄瑠璃「桂川連理柵」が、大坂・北堀江市の側(いちのかわ)芝居で初演された。
 1816年、二人の犠牲を哀れに思い、塔塚を築いたという。塚は桂川水防の碑にもなる。
 現代、1986年、碑が荒廃していたため現在地に移された。
◆お半・長右衛門 江戸時代、1761年、享保年間(1716-1771)、宝暦・明和年間 (1751-1771)とも、呉服屋番頭・長右衛門(45歳)(虎石町)は、商用で大坂に向かう。近くの帯屋の娘・お半(13歳)を同行した。桂川で渡し舟に乗る。船頭は、二人の命と所持金を奪い桂川に投げ入れた。遺体は、上野橋の東岸に流れ着いたという。
 江戸時代の浄瑠璃太夫・浄瑠璃作者・菅専助は、事件を題材として密通心中物の「桂川連理柵(かつらがわ れんり の しがらみ)」を書いた。「桂川」「お半長右衛門」とも呼ばれる。江戸時代、1776年、大坂北堀江市の側芝居で初演される。
 物語では、帯屋長右衛門(38歳)は遠州からの帰途、伊勢詣より帰途の信濃屋娘・お半(14歳)一行と石部で同宿する。お半は丁稚・長吉に言い寄られる。長右衛門がお半を匿ったことから二人は契りを結ぶ。
 長右衛門の貞節な女房・お絹は、二人の関係を知り、長吉を口止めした。だが、長右衛門の義母・おとせ、連れ子・儀兵衛は、長右衛門を店から追い出そうとした。お絹は長吉を使い、おとせらを懲らしめる。その後、長右衛門は預りの刀を紛い、お半は身籠ったため家出した。悲観した二人は桂川で心中する。
 物語は脚色され、文楽、歌舞伎でも上演された。落語にも「胴乱の幸助」がある。誓願寺に二人の墓がある。

 
*参考文献 お半長右衛門法華塔保存会の説明板、『京都大事典』


  関連・周辺    周辺    関連誓願寺    top
桂川連理柵の史跡(お半長右衛門供養塔) 〒 京都市右京区西衣手町 
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp