甘奈備寺 (京田辺市)
 
Kannabi-ji Temple
甘奈備寺 甘奈備寺 
50音索引   Home 50音索引   Home














 甘南備寺(かんなびじ/かんなびでら)はかつて甘南備山の中腹にあった。綴喜郡にある寺院の中で歴史は最も古い。「薬師さん」とも呼ばれている。山号は医王山(いおうざん)という。
 黄檗宗の末寺、本尊の薬師如来は「耳の仏」と称され、難聴者の信仰篤く山号の由来になった。 
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 7-8世紀(601-800)、役行者が、甘南備山で柴灯護摩(さいとうごま)の秘法を修していたという。
 奈良時代、天平年間(729-749)、行基により、甘南備山の中腹に開創されたという。当初は、真言宗だった。最盛期には七堂伽藍が建てられていた。
 平安時代、1040年頃、比叡山の首楞巌院(しゅりょう ごんいん)の僧・鎮源の書いた『本朝法華験記(ほんちょうほっけげんき)』にも寺院は記され、少なくとも平安時代には存在したと見られている。
 平安時代末期、説話集『今昔物語集』には、「加美奈井寺」「神奈比寺」と記され当寺の「聖人」の話が登場する。
 中世(鎌倉時代-室町時代)、荒廃した。
 江戸時代、1689年、伽藍の腐朽、交通不便なため、この地の吉川政信(宗顕)らが麓の現在地(京田辺市薪)に移した。黄檗宗に改め鉄堂道融(てつどう どうゆう)を請して中興開山とした。現在の本堂が建てられた。
 1702年、道融の没後、弟子・南嶺元勲が吉川宗顕に請われて住持になる。
 天保年間(1830-1844)、1835年とも、庫裏が建てられた。
 現代、1950年、山門がジェーン台風で倒壊する。
 1979年、地蔵堂が建てられた。
◆役行者 7、8世紀(7世紀末)の伝説的な修験道開祖・役行者(えん の しょうかく、生没年不詳)。詳細不明。大和国に生まれた。賀茂一族(高賀茂朝臣)の出身ともいう。役小角(えんのおづぬ)、役の優婆塞(うばそく)とも呼ばれる。生駒山、葛城山、大峰、熊野で修行した。吉野金峰山、大峰を開く。699年、弟子・韓国連広足に密告され伊豆国に流罪にされる。701年、赦される。数多くの呪術的な伝承が残され、修験道と結びついた。富士山、九州の山々で苦行し、前鬼、後鬼の二鬼を従えたという。
 後世、江戸時代、1799年、朝廷より神変大菩薩の諡号が贈られた。
行基 奈良時代の僧・行基(ぎょうき/ぎょうぎ、668/667-749)。河内国の人。父は高志才智、母は蜂田古爾比売。681年/682年、出家、官大寺で法相宗などを学ぶ。691年、高宮寺で具足戒を受ける。畿内に道場、寺を建立、溜池、溝・堀、架橋、困窮者の布施屋建設などの社会事業を行う。704年、生家を家原寺とし住した。717年、民衆煽動と僧尼令に反した、寺外活動の咎で詔により弾圧を受ける。731年、弾圧を解かれる。732年、河内国狭山下池の築造に関わる。734年、東大寺大仏建立の詔が発布、勧進の任を務めた。736年、インド出身の僧・菩提僊那一行来日に際し大宰府で迎えた。738年、朝廷より行基大徳の称号が授与される。740年以降、東大寺大仏建立に協力する。741年、聖武天皇と恭仁京郊外の泉橋院で会見した。743年、東大寺大仏造営の勧進になる。745年、朝廷より日本初の大僧正位を授けられる。菅原寺(喜光寺)で亡くなる。地図の行基図を作成したという。東大寺「四聖」の一人。
◆鉄堂道融 江戸時代の黄檗宗の僧・鉄堂道融(てつどう どうゆう、1630-1702)。碧天。美濃生まれ。8歳で父母に伴われ、同国・禅徳寺(臨済宗)の実休により出家、得度、後、師に従い美作・宗堅寺に移る。1661年、隠元が宇治・黄檗山万福寺を開創すると受戒した。1664年、2代・木庵の法嗣。美作一宮の広福庵に隠遁した。1667年、山城行脚の際に薪村庄屋の吉川に会い、1668年、請われて甘南備寺の中興開山となる。1669年、千年寺住持として入寺。1678年、千年寺を退院し、大和吉野郡の山庵に寓居した。1679年、千年寺再住、広福庵を瑠璃山本光禅寺と改め開山となる。1701年、千年寺を辞して下田邑の瑞応山金粟庵(こくぞくあん)に隠退した。
◆南嶺元勲 江戸時代中期の黄檗宗の僧・南嶺元勲(なんれい げんくん、1666-1735)。鉄堂道融の弟子。1702年、甘南備寺の5代住持。「甘南備南嶺百八道歌」を編んだ。
◆終南浄寿 江戸時代中期の黄檗宗の僧・終南浄寿(しゅうなん じょうじゅ、1710-1767)。書家・篆刻家。伊勢松阪の生まれ。小島息安の次男、兄・伊藤華岡より書を学ぶ。9歳で甘南備寺で得度、1729年、南嶺元勲の法嗣。後、洛北・神光院、萬福寺・聖林院の住持。江戸に遊学し、詩文に通じた。洛東・岡崎に「介石庵」を結び多くの文人と交わる。萬福寺・万松崗に墓がある。
◆黄檗大雄 近代の黄檗宗の僧・黄檗大雄(おうばく だいゆう、?-1929)。大雄弘法。奈良県生れ。甘南備寺の大心により出家・嗣法。甘南備寺11代。大和・蓮昇寺、河内・法雲寺に歴住。1918年、黄檗山万福寺46代管長。81歳。
◆薪騒動 近代、1871年、京都政府は酬恩寺に浪人らが集結し、不穏な動きがあるとして寺を包囲した。村人もこれに加わる。
 首謀者と見られる元久留米藩士・三村五郎は、酬恩寺客殿大書院で割腹自殺した。そのほかの者は捕縛される。郷士・吉川信近(権十郎)、酬恩庵和尚・宗珪(そうけい)、清水寺観音堂管長・僧都らの名もあった。
 三村は当初、酬恩寺に葬られ、後に甘南備寺に移葬された。以後、吉川一家は酬恩庵末江庵より甘南備寺の檀家に移る。事件は、「薪騒動」と呼ばれている。
◆仏像 本堂内陣に安置の本尊「薬師如来坐像(薬師瑠璃光如来)」(100cm)、両脇侍像の「日光菩薩立像」(125cm)、「月光菩薩立像」(125cm)の三尊は、かつて甘南備山にあった旧甘南備寺より遷された。
 本尊は平安時代の慈覚大師(円仁、794-864)作と伝わる。『今昔物語集』の題材になった薬師如来という。顔、頭部は当初のものとされ、平安時代前期(10世紀)作とみられている。十三仏を配した舟形光背、裳懸座(もこしざ)は後補になる。「薬師さん」「耳の仏」とも呼ばれ、耳の病魔を退散させるという。
 両脇侍は、下って鎌倉時代末-南北朝時代の作という。木造、寄木造。 
 ほかに、「釈迦誕生仏」、「観世音菩薩」、「韋駄天」、位牌が安置されている。
 地蔵堂に等身大の「地蔵菩薩立像」が安置されている。子授け、知恵授けの信仰がある。砂岩製。
◆建築 5代・南嶺、10代・大心の時に堂宇を改修した。
 現在の「本堂」は北面している。江戸時代、1689年に建てられた。内部は白壁、外部は板壁(入口1間に板扉、入口左右に格子窓)、床は漆喰、総欅造、方三間、宝形造、上屋に露盤、瓦葺。
 「庫裏」は、江戸時代、天保年間(1830-1844)、1835年に再建された。桁行5間、梁間3間。
 「地蔵堂」が、現代、1979年に建てられた。。
 「門」は、江戸時代、1869年に建てられた。現代、1950年に台風で倒壊する。その後、再建される。中国風、鉄筋コンクリート造、瓦葺。
◆庭園 庫裏南に枯山水式庭園がある。
◆文化財 紙本著色「涅槃図」(350×220cm)は、江戸時代、1756年に法橋映雪筆による。
 禅機画「四睡」などがある。
◆神奈比寺の聖人 平安時代末期に成立したという説話集『今昔物語』巻14に、甘南備寺は「加美奈井寺」「神奈比寺」と記されている。平安時代、1040年頃、比叡山の首楞巌院(しゅりょう ごんいん)の僧・鎮源が記した『本朝法華験記(ほんちょうほっけげんき)』にある説話を基にしている。
 「山城国神奈比寺の聖人、法華を誦し前世の報を知る語」の題が付けられている。綴喜郡の飯岡(飯ノ岳)の西北、山寺の甘奈比寺に一人の僧が住んでいた。僧は日頃より寺を出て、都の大寺に移りたいと願う。僧が寺を出ようと決心した夜、夢に本尊の薬師如来が現れた。
 薬師如来は老僧が化身したものであり、僧に告げた。僧の前世は、この寺の土中に棲んでいたミミズだったという。だが、土中で法華経を毎日聞いていた功徳により、現世に人間として生まれ代ることができた。薬師如来は、この縁ある寺を去ってはいけないと僧に諭した。
 以後、僧は寺に留まる。生涯にわたり法華経を読誦し、菩提を弔ったという。
◆耳の仏 本尊の薬師如来は、「薬師さん」「耳の仏」とも呼ばれている。難聴者の信仰篤く、「耳石」という穴の開いた石を本堂に供えて病魔退散させる。このため、本堂壁面には穴の開いた石が吊るされている。
◆墓 近代、1872年の「薪騒動」で、京都政府に酬恩庵を包囲され割腹自殺した三村五郎の墓がある。
◆年間行事 祝拝(1月1日)、薬師会(1月8日)、開山忌(2月8日)、彼岸会(3月23日)、花祭り(4月8日)、薬師会(7月8日)、棚経(8月14日)、盂蘭盆会(8月15日)、地蔵会(8月23日)、彼岸会(9月23日)、除夜の鐘(12月31日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
 
*参考文献  京田辺市教育委員会・京田辺市文化財保護委員会の説明板、『田辺町史』『田辺郷土史 社寺篇』『薪誌』『京都府の地名』『京都・山城寺院神社大事典』、『甘南備山マップ』


  関連・周辺甘南備寺跡(京田辺市)      関連・周辺神南備神社・甘南備山(京田辺市)      関連・周辺酬恩庵一休寺(京田辺市)       周辺       関連萬福寺(万福寺)(宇治市)     
甘南備寺 〒 京田辺市薪山垣外(やまがいと)111  07746-2-0358  
  Home     Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光