嵯峨村雲別院(瑞龍寺跡) (京都市右京区)
Saga-murakumo-betsuin Temple
嵯峨村雲別院(瑞龍寺跡)  嵯峨村雲別院(瑞龍寺跡)  
50音索引  Home 50音索引  Home

「嵯峨村雲別院」の石標






小倉山、墓地
 嵯峨の二尊院北に「嵯峨村雲別院(さが むらくも べついん)」という石標が立つ。西に坂道が続き、小倉山近くの開けた高台に、いまは霊苑が広がる。 
 かつてこの地に日蓮宗唯一の尼寺、瑞龍寺(ずいりゅうじ)が開かれ、村雲御所(むらくも ごしょ)とも呼ばれていた。なお、瑞龍寺は後に近江八幡市に移され、いまも法統を守る。
 日蓮宗、本尊は釈迦如来。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1596年、豊臣秀吉の姉・瑞龍院が、高野山で自害した実子・豊臣秀次の菩提を弔うために創建した。(『雍州府志』)
当初は、嵯峨の村雲(二尊院付近)にあったという。
 第107代・後陽成天皇(在位1586-1611)により村雲の寺地、瑞龍寺の寺号、寺領1000石を贈られた。菊の紋章、紫衣の着用も許される。日秀尼は自らの菩提寺とする。以後、伏見宮家、九条家、二条家の皇女、公家子女が入寺し、住職に任じられ尼門跡となる。
 江戸時代、嵯峨より西陣(堀川今出川付近、上京区堅門前町付近)に移転する。
 徳川家康(1543-1616)は寺を保護した。徳川家光(1604-1651)は、二条城の客殿2棟を移して増築した。(『坊目誌』)
 1764年、寺は村雲卸所とも呼ばれる。周辺が村雲と別称されたことに因むという。(『六条家記録』)
 1788年、天明の大火で全焼した。(『翁草』)
 1824年より28年間、天保年間(1830-1844)とも、9世・日尊尼により再建される。
 近代、1868年以降、荒廃した。
 1876年、宮内省より寺費が与えられた。(『坊目誌』)
 現代、1961年、11世・日浄尼(九条日浄)の時、堀川通の拡張工事に伴い、秀次ゆかりの八幡山城址(近江八幡市)に移された。本堂も移築された。
◆日秀尼 安土・桃山時代-江戸時代の尼僧・日秀尼(にっしゅうに、1533-1625)。尾張に生まれた。豊臣秀吉の姉で俗名は智(とも)という。武将・三好吉房(後、犬山城主)に嫁ぎ、豊臣秀次ら3人の子を産む。二男・秀勝は朝鮮の唐島で戦死した。三男・秀保は十津川温泉で事故死した。1595年、長男・秀次が秀吉に切腹させられる。夫は讃岐に配流された。(秀次事件)。智は、聚楽第を出て嵯峨野に向かう。秀次の首は庵の傍らに埋葬し供養した。唯一残された智は、子や孫の菩提を弔うために、本圀寺の16世・日禎(にちじょう)により得度した。1598年、後陽成天皇より瑞龍院の院号を受け、瑞龍院妙慧日秀と名乗った。嵯峨・善正寺、嵯峨村雲・瑞龍寺の二寺を開く。
◆豊臣秀次 安土・桃山時代の武将・豊臣秀次(とよとみ ひでつぐ、1568-1595)。父は三好吉房、母は豊臣秀吉の姉・瑞竜院日秀。初め宮部継潤の養子、後に三好康長(笑厳)の養子となる。1584年、小牧・長久手の戦で指揮を誤り戦死者を多く出す。1585年、羽柴の名字を許され、秀吉の諱の一字より秀次と名乗り、近江八幡山の城主となる。1591年、秀吉は淀殿との間に生まれた鶴松を3歳で失う。秀吉は秀次を養子とし、関白職を秀次に譲り、豊臣家を継がせる。秀吉自らは太閤と称した。だが、1593年、淀殿が秀頼を産む。秀吉は秀次に関白職を譲ったことを悔やむ。秀頼と秀次の娘との婚約を勧めたものの、秀吉と秀頼の間に亀裂が入る。1595年、秀吉は秀次に反逆の疑いをかけ、高野山青厳寺へ追放、切腹の命を下す。秀次は自害した。28歳。秀次の五家臣も殉職している。
 秀次については暗殺説もある。多才な人物で剣術や歌道をよくし、名筆や古典籍を収集するなど趣味も豊かだったという。
◆日尊尼 江戸時代後期の日蓮宗の尼僧・日尊尼(にっそんに、1807-1868)。皇族・伏見宮貞敬(さだよし)親王の第3王女。1812年、九条輔嗣(すけつぐ)の猶子になる。1816年、瑞龍寺の9世門跡となる。
◆九条日浄 近現代の日蓮宗の尼僧・九条日浄(くじょう にちじょう、1896-1962)。幼名は温子。子爵・仙石政敬の長女。後に公爵・九条道実の養女。1913年、学習院女学部中等科を卒業、1918年、瑞龍寺で得度。1920年、同寺11世門跡となる。1962年、寺を近江八幡市に移築した。村雲婦人会総裁、村雲尼公と呼ばれた。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都事典』


  関連・周辺      周辺二尊院      関連善正寺      関連瑞泉寺         
map 嵯峨村雲別院 〒616-8426 京都市右京区嵯峨二尊門前住生院町22   
50音索引 Home top 50音索引 Home top
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光