幡枝八幡宮・針神社 (京都市左京区岩倉)
Hataeda-hachimangu Shrine,Hari-jinja Shrine
幡枝八幡宮・針神社 幡枝八幡宮・針神社 
50音索引  Home 50音索引  Home






 岩倉幡枝町の小高い丘の頂に、幡枝八幡宮(はたえだ はちまんぐう)がある。旧幡枝村の産土神になる。 
 祭神は、誉田別尊(ほむたわけのみこと、第15代・応神天皇)、その母・息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと、神功皇后)を祀る。
 出世繁盛、家内安全和睦、子孫繁栄の信仰がある。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、894年、「新羅国の夷賊(えびす)」などの侵略の脅威に対して、里人に神託があり、皇都・人民の守護のために創祀されたという。(社伝)。社号は石清水八幡宮を勧請したことに因む。この時、一帯の地名も、以前の「鉾枝(ほこえだ)」より、「幡枝」に改められた。(『京都府愛宕郡村志』)
 室町時代、1493年、鞍馬寺参詣の折り、「畑枝八幡の拝殿に於いて一献あり」と記されている。(「親長卿記」)
 安土・桃山時代、1599年、名刀鍛冶・堀川(一条)国広は、鍛道精進のために当社に祈願した。境内の南麓に「石清水(いわしみず)」と呼ばれる清泉があり、水を用いて神前で名刀を鍛え上げたという。第108代・後水尾天皇より下賜金、神田の寄進も得た。(社伝)
 江戸時代、第116代・桃園天皇(1741-1762)、第117代・後桜町天皇(1740-1813)より、祭具(菊花紋の吹散、鉾など)の寄付があった。御所より銀の下賜、堂上方(どうじょうがた、昇殿を許された公卿・殿上人)よりの寄付もあり、社殿、神輿を修復した。8月の祭礼では、御所、堂上方より初穂の寄付があったという。(社伝)
◆名刀 安土・桃山時代、1599年、名刀鍛冶・堀川(一条)国広は、鍛道精進のために当社に祈願した。大願成就奉賽のために、境内の南麓に「石清水(いわしみず)」と呼ばれる清泉があり、水を用いて神前で名刀を鍛え上げたという。
 刀は、神扉に供えられた。後に、第108代・後水尾天皇の耳に入る。刀は宮中にしばらく置かれる。天皇より下賜金があり、天皇の崇敬篤く、神田の寄進も得た。天皇は、黄金の拵(こしらえ、刀装)造りを命じ、唐裂(とうぎれ)の太刀袋に納めて、再び寄付を得たという。
◆境内社 境内摂社として、高おかみの神を祀る貴船神社、末社・四社、十社、針神社がある。
◆針神社 末社・針神社(はり じんじゃ)は、 本社の左(西)に祀られている。祭神は、金山毘古命(かなやまひこのかみ)、天麻旅命(あまのまろのみこと)、大牟須毘命(おおむすびのみこと)を祀る。
 創建、変遷の詳細は不明。針の守護神になる。1971年、現在の社殿が建てられた。
 針の守護神として信仰を集め、裁縫業者、刃物・金物・金属関係者の崇敬篤い。
◆樹木 境内西にヤマザクラの大木がある。
◆年間行事 大祓・虫送り行事(7月31日)、神輿巡行行事(10月23日に近い日曜日)、針神社の針供養(12月8日)。


*年間行事は中止・日時変更、拝観中止・時間変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 当社略記、『京都市の地名』『京都 神社と寺院の森』『昭和京都名所図会 3 洛北』『洛北探訪 京郊の自然と文化』



   関連・周辺      周辺      関連石清水八幡宮・男山(八幡市)         

拝殿

拝殿

本殿

貴船神社

貴船神社

十社、右より、多賀社、琴比羅社、下高良社、上高良社、愛宕社、野々宮社、厄神社、春日大神 天照皇大神 若宮八幡 

四社、白山社、宇賀大神

針神社

針神社

針神社

針神社

針神社

針神社

ヤマザクラの大木
map  幡枝八幡宮 〒606-0015 京都市左京区岩倉幡枝町1118  075-791-3576  
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp