弥勒院 (京都市左京区)
Miroku-in Temple
弥勒院 弥勒院 
50音索引  Home 50音索引  Home






 哲学の道に面して弥勒院(みろくいん)が建つ。幸せを招くという幸せ地蔵尊が祀られている。 
 聖護院の末寺、本山修験宗。本尊は大日如来を安置する。
 事業を営む人の守護神、除災 縁結びの信仰がある。お守り、絵馬などを授与する。
◆歴史年表 江戸時代、天和年間(1681-1684)、聖護院の西(現在の京大病院付近)に長泉寺が創建された。この寺を前身とする。富士垢離行屋の組頭として聖護院配下に入る。
 近代、1896年、明石の弥勒院(1747年創建)と合併し、弥勒院に改めた。
 1927年、現在地に移転する。
◆仏像・木像 本堂に本尊・大日如来像を安置している。富士山の本地仏・大日如来を勧請したという。
 脇侍に不動明王像、左脇に役行者像、右脇に天台宗寺門派の開祖・円珍像が祀られている。
 いずれも前身の長泉寺より遷され、江戸時代の作という。
◆幸せ地蔵尊 幸せ地蔵尊は、かつて、室町の商家に安置されていた。戦時中に当院に譲られ本堂に遷された。江戸時代作という。2014年に修復された。
 幸せを招く地蔵尊として信仰されている。
◆富士垢離行家 垢離(こり)とは、山伏や修験者(しゅげんしゃ)が神仏に祈願する際に、冷水、海水を浴びて身を清めることを意味した。
 富士山修験者の村山修験(むらやま しゅげん、富士宮市)は、室町時代に聖護院門跡に属し、以来、聖護院門跡の直末になった。村山修験は、対外的には富士垢離を行った。富士行者山伏が、ある期間に毎日川辺に出て、富士権現を遙拝した。これは、富士参詣と同じ徳を持つとされた。
 富士山より遠い西国の京都、伏見、大津などには「富士垢離行家」があった。村山修験の先導の下で、行を取り仕切る集団だった。村山修験は、勢力拡大のために制度や先達免許を専有し、聖護院門跡の名により富士垢離を認可した。やがて、特殊な信仰形態化し、村山修験も衰退していった。
◆年間行事  花まつり・灌仏会(甘茶かけ)(4月8日)、精霊送り(塔婆回向)(8月16日)、大日盆採燈大護摩供(8月28日)、しあわせ市(11月中旬-12月初旬)。


*年間行事は中止・日時変更、拝観中止・時間変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 当院サイト、サイト「富士垢離-富士市立博物館」


   関連・周辺       周辺哲学の道      関連聖護院・聖護院の森        

本堂

【参照】琵琶湖疏水
map  弥勒院 〒 606-8403 京都市左京区浄土寺南田町29   075-771-2277  8:30-17:00
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光