阿弥陀寺 (京都市右京区)
Amida-ji Temple
阿弥陀寺 阿弥陀寺 
50音索引  Home 50音索引  Home






 阿弥陀寺(あみだじ)は、有栖川(ありすがわ)の東、細い路地奥にある。如意山神通院と号する。古く、斎宮内の草堂として始まった。 
 浄土宗、本尊は阿弥陀如来を安置している。
 文殊菩薩は、知恵の寺めぐり(京都文殊霊場)の7番。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 年代不詳、古く、斎宮内の草堂として始まる。神通院と称し、地蔵菩薩を本尊としたという。
 安土・桃山時代、1600年、類火により焼失した。
 江戸時代、1688年、正月13日に神明ノ社(斎宮神社)、当寺の地蔵菩薩(旧本尊)には村人が集い、天下泰平、五穀豊穣などの拝礼、祈祷が行われたと記されている。(「御祷故実書」)
 1696年、浄土宗の伝誉専栄が中興したという。また、元禄年間(1697-1703)以降、浄土宗に改めたという。
 1713年、現在の堂宇が建てられる。
 第113代・東山天皇の第一皇女・秋子内親王(伏見宮貞建親王妃、1700-1756)の安産祈願が当寺で行われる。禁裏よりの50石の寄進は寺が辞退したため、菊御紋の入る高張提灯10張が寄進された。
 1873年、知恩院末となる。いつの頃からか、粟生光明寺、知恩院の僧が隠居し住持に就いたという。(寺伝)
◆本尊 本堂に本尊の阿弥陀如来が安置されている。
 旧本尊とされる地蔵像(80cm)は、鎌倉時代作とされている。木造。
 法然上人二十四歳像(30cm)、外陣右に大理石製の文殊菩薩がある。文殊菩薩は知恵の寺めぐり(京都文殊霊場)の7番になる。
 仏堂に地蔵堂、鎮守堂に熊野権現が祀られている。
◆文化財 江戸時代、第113代・東山天皇の第一皇女・秋子内親王(伏見宮貞建親王妃、1700-1756)の安産祈願が当寺で行われた。地蔵像が納められた厨子扉には菊花紋が入っている。
◆年間行事 嵯峨野六斎念仏(8月23日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京の福神めぐり』『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』



   関連・周辺斎宮神社       周辺      関連         


仏足石

地蔵尊

本堂

本堂
map 阿弥陀寺 〒 616-8315 京都市右京区嵯峨野宮ノ元町76  075-881-2316 
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光