藤原定家京極邸跡 (京都市中京区)
The ruins of the residence of FUJIWARA no Teika "Kyogoku-tei"
藤原定家京極邸跡  藤原定家京極邸跡
50音索引  Home 50音索引  Home

「此附近 藤原定家京極邸址」の石標
 寺町通二条上る西側iに「此附近 藤原定家京極邸址」の石標が立つ。この地には、鎌倉時代前期の歌人・藤原定家の京極邸(きょうごくてい)があったという。定家は、邸地に因み「京極中納言」と称された。 
◆歴史年表 鎌倉時代前期、1202年、この地、京極二条(平安京左京二条四坊十三町)に、藤原定家が移り住む。京極邸と呼ばれた。邸宅では毎月、歌会が催され、招かれることが当時の歌人たちの誇りになっていた。
 その後、京極邸は定家の子・為家(1198-1275)に引き継がれた。晩年の定家は一条京極に移る。
 鎌倉時代中期、為家の子・二条為氏(1222-1286)に引き継がれた。
◆藤原定家 鎌倉時代前期の公卿・歌人・藤原定家(ふじわら の ていか/さだいえ、1162-1241)。歌人・藤原俊成の次男。母は藤原親忠の娘。1178年頃より歌人となる。1180年、内昇殿が認められる。1183年、父が後白河上皇の命により編纂した『千載和歌集』を手伝う。1185年、殿上での闘乱事件により除籍された。1186年、摂政・九条兼実に仕えた。良経、慈円の知遇を受けた。後鳥羽上皇(第82代)に見出される。1201年より和歌所の寄人に選ばれ、『新古今和歌集』の編纂に加わる。1202年、中将、1211年、公卿、1220年、内裏二首御会での作が後鳥羽院の逆鱗に触れ閉門を命じられた。1232年、権中納言に昇る。第86代・後堀河天皇の勅により『新勅撰和歌集』を編じた。19歳よりの漢文日記『明月記』(1180-1235)を著す。邸宅は京内に数か所あり、晩年は一条京極に移る。嵯峨に山荘を営み百人一首を編んだ。
 後世、歌道の師とされる。墨蹟は「定家風」と呼ばれた。墓は相国寺・普広院にある。
◆藤原為家 鎌倉時代中期の公家・歌人の藤原為家(ふじわら の ためいえ、1198-1275)。藤原定家の子。1205年、元服し伯父・西園寺公経の猶子となる。1221年、後鳥羽上皇(第82代)による討幕の承久の乱で、第84代・順徳天皇の佐渡配流の供奉者に応じなかったという。乱後、1226年、参議として公卿に列し、1236年、権中納言、1241年、権大納言に昇る。1256年、出家した。後嵯峨院(第88代)歌壇の歌人として活躍し、『続後撰和歌集』(1251)を撰出、『続古今和歌集』(1256)を共撰した。鞠道にも秀でた。
◆二条為氏 鎌倉時代中期の公卿・歌人・二条為氏(にじょう ためうじ、1222-1286)。御子左(みこひだり)為氏。父は権大納言・藤原為家の長男。母は宇都宮頼綱の娘。祖父・藤原定家の寵愛を受けた。父に和歌を学ぶ。1247年、『百三十番歌合』に出詠。亀山上皇(第90代)の命で「続拾遺和歌集」を撰集した。1248年、『宝治百首』などに出詠。
 地名より二条家と称した。遺領を異母弟・冷泉為相(れいぜい ためすけ)と争い、弟・京極為教とも対立した。このため、二条家、京極(為教)家、冷泉(為相)家の3家分裂になる。1285年、出家し覚阿と号した。正二位、権大納言。二条家の祖。


*参考文献 『京都 歴史案内』『京都史跡事典』『京都大事典』


   関連・周辺      周辺      関連冷泉家(れいぜいけ)      関連二条墓・小倉山荘跡      
平安京オーバレイマップ
map  藤原定家京極邸跡 〒604-0916 京都市中京区要法寺前町716-1,寺町通二条上る西側 古梅園京都支店脇 
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光