小倉山荘跡・旧二条墓 (京都市右京区嵯峨)
The ruins of the graves of Nijo family
小倉山荘跡・旧二条墓 小倉山荘跡・旧二条墓
50音索引   Home 50音索引   Home

かつての山荘の建つ敷地の一角とみられる一帯の空き地、旧二条墓地の南西方向になる。奥に小倉山などが見える。


付近より見た小倉山


【参照】二條家蔵跡、二尊院の墓地内にある。
 藤原定家ゆかりの小倉山荘(おぐら の さんそう)のあった場所については、諸説があり特定されていない。嵯峨周辺には複数の山荘跡が存在している。
 山荘は、近年まであった二条家の墓(二条墓)付近に存在したともいう。かつて墓碑が立てられていた。現在は宅地化し、痕跡はない。
◆歴史年表 鎌倉時代1205年、藤原定家は、冷泉高倉第より「小倉山荘(嵯峨草庵)」を訪れた。(『明月記』)。定家は山荘を姉・健寿女より譲られている。
 後に、定家は、山荘敷地の東半分を藤原頼綱(蓮生、1172-1259)に譲る。頼綱は敷地に「中院山荘(中院草庵)」を新築した。
 1241年、定家が亡くなり、その後、小倉山荘、敷地は、定家の子・為家に譲られる。為家は、頼綱の敷地も伝領した。為家は晩年に、妻・阿仏尼とともに山荘に暮らした。
 後に、為家は、山荘、敷地を孫娘・九条左大臣女(1251?-?)に譲る。
 その後、九条左大臣女は、山荘、敷地を娘・よし子(生没年不詳)に譲る。  *「よし子」の「よし」は「示+某」
 後に、よし子は、公卿・二条兼基(にじょうかねもと、1267-1334)の室となり、その後、山荘、屋敷は二条家に伝領された。  
 南北朝時代-室町時代、二条家は敷地の東北部に、二条家の墓地を設けた。
 戦国時代、山荘、敷地は次第に失われた。
◆藤原定家 鎌倉時代前期の公卿・歌人・藤原定家(ふじわら の ていか/さだいえ、1162-1241)。歌人・藤原俊成の次男。母は藤原親忠の娘。1178年頃より歌人となる。1180年、内昇殿が認められる。1183年、父が後白河上皇の命により編纂した『千載和歌集』を手伝う。1185年、殿上での闘乱事件により除籍された。1186年、摂政・九条兼実に仕えた。良経、慈円の知遇を受けた。後鳥羽上皇(第82代)に見出される。1201年より和歌所の寄人に選ばれ、『新古今和歌集』の編纂に加わる。1202年、中将、1211年、公卿、1220年、内裏二首御会での作が後鳥羽院の逆鱗に触れ閉門を命じられた。1232年、権中納言に昇る。第86代・後堀河天皇の勅により『新勅撰和歌集』を編じた。19歳よりの漢文日記『明月記』(1180-1235)を著す。邸宅は京内に数か所あり、嵯峨に山荘を営み百人一首を編んだ後世、歌道の師とされる。墨蹟は「定家風」と呼ばれた。墓は相国寺・普広院にある。
 定家はこの地で、御家人・歌人の宇都宮頼綱(蓮生、1172-1259)(為家の岳父)の依頼により、襖を飾るための和歌を色紙に書いたといわれ、それが、小倉百人一首のもとになった。
◆宇都宮頼綱 鎌倉時代の武将・歌人・宇都宮頼綱(うつのみや よりつな、1178-1259)。下野国宇都宮成綱の子。藤原姓宇都宮氏第5代当主。祖父・朝綱の公田掠領の罪に連座して配流される。許されて、鎌倉幕府有力御家人宇都宮氏の当主となり、執権北条時政の女婿になる。1205年、時政の後妻・牧の方の平賀朝雅将軍擁立事件の際に嫌疑を受け出家、実信房蓮生と号した。その後、許された。弟・信生(塩谷朝業)と共に証空の弟子となり、西山教団に深くかかわる。善峰往生院の再興を助け、下津林に蓮生寺を建てて住した。藤原定家と結び、娘は定家の嫡男・為家の室とし、御子左家と連携した。嵯峨中院に小倉山荘を営み、障子和歌(襖障子に貼る色紙形に頼綱の依頼によって書かれた。小倉山荘色紙和歌)を定家に依頼したものが百人一首とされる。『新勅撰集』以下の勅撰集に入集。
◆藤原為家 鎌倉時代中期の公家・歌人・藤原為家(ふじわら の ためいえ、1198-1275)。父は藤原定家。1205年、元服、伯父・西園寺公経の猶子。後鳥羽上皇(第82代)、第84代・順徳天皇に仕し、歌道よりも蹴鞠に熱中した。1221年、承久の乱に際し、順徳天皇の佐渡遷幸-配流の供奉者として召されたが応じなかったという。1226年、参議・公卿に列した。1236年、権中納言、1241年、権大納言。後嵯峨院(第88代)歌壇歌人とし活躍し、1251年、『続後撰和歌集』を単独で撰出。1256年、出家。1265年、藤原基家らと『続古今和歌集』を撰進。晩年、後妻・阿仏尼との間の子・冷泉為相を溺愛し、遺領相続の件で二条、京極、冷泉の3家分立の原因になった。
阿仏尼 鎌倉時代中期の女流歌人・阿仏尼(あぶつに、1222-1283)。武士・平度繁(たいら の のりしげ)養女とも娘ともいう。夫・源顕定より離別された。14歳-15歳で安嘉門院に仕え、妻ある人との失恋後出家したともいう。西大寺末の尼寺・法華寺に住み慈阿弥陀仏と称した。この頃3人の子があった。1252年、30歳頃、公卿・藤原為家(1198-1275)の娘に呼ばれ、『源氏物語』の書写をした。1253年、為家の側室となり、冷泉為相、為守を産む。阿仏尼54歳の時に為家が亡くなる。この後、出家し大通寺に住んだ。播磨細川荘の相続をめぐり正妻、その子・為氏と阿仏尼の子・為相が争う。当初は六波羅に訴えた。1279年、阿仏尼は幕府に訴えるために鎌倉に向かう。その紀行、鎌倉の出来事を記したものが『十六夜日記』となる。鎌倉で武士らに歌を教えたという。鎌倉で没したとも、大通寺で余生を送り亡くなったともいう。
 歌論書『夜の鶴』、失恋記『うたたね』を著し、勅撰和歌集に入集。大通寺に阿仏塚がある。1313年、為相が細川荘の地頭職に決まり母・阿仏尼の悲願達成になった。
◆九条左大臣女 鎌倉時代の歌人・九条左大臣女(1251?-?)。父は九条左大臣(九条道良)、母は藤原為家の娘(大納言典侍)。早くに両親を亡くした。祖父・為家に育てられる。後、関白・九条忠教に嫁す。1278年、「続拾遺集」に初入集、1299年-1303年、京極派の歌合に参加し、伏見院三十首歌に詠進した。
◆二条よし子 鎌倉時代の女性・二条よし子(生没年不詳)。父は、公卿・九条忠教(くじょう ただのり、1248-1332)、母は不明。公卿・二条兼基(にじょうかねもと、1267-1334)の室になる。  *「よし子」の「よし」は「示+某」
◆小倉山荘 小倉山荘の場所については特定されていない。
 定家は「小倉山荘(嵯峨草庵)」を姉・健寿女より譲られた。山荘は、廃寺になった往生院(祇王寺)の東にあったという。愛宕神社に向かう愛宕路が山荘の西、南に接していた。敷地は8000坪あり、小さな山荘は南西に建てられていたという。山荘は、室町時代前期には「時雨第(しぐれてい)」と呼ばれる。後に「時雨の亭(しぐれのちん)」とも称された。
 後に、定家は敷地の東半分を藤原頼綱(蓮生)に譲る。頼綱は「中院山荘(中院草庵)」を新築した。定家は、小倉山荘、中院山荘をたびたび訪れた。1235年、頼綱は、中院山荘の障子に貼る色紙和歌の選定、執筆を定家に依頼する。定家は「百人秀歌」を編している。定家は、「古今集」以下の勅撰集より選び、色紙に第38代・天智天皇以来の名歌人の作を書いたという。定家晩年のことになる。これが、「小倉百人一首」「小倉山荘色紙形和歌(小倉山荘色紙和歌)」と呼ばれた。 
 1241年、定家が亡くなり、その後、山荘敷地は子・為家に譲られる。為家は、頼綱の敷地も譲られる。為家は頼綱の女婿になる。為家は晩年に、後妻・阿仏尼とともに山荘に暮らした。阿仏尼は、山荘で『源氏物語』を書写したという。
 後に、為家は、孫娘・九条左大臣女(1251?-?)に山荘、土地を譲る。その後、九条左大臣女は、娘・よし子(生没年不詳)に譲る。後に、よし子は公卿・二条兼基(にじょうかねもと、1267-1334)の室となり、山荘、屋敷は二条家に伝領された。南北朝時代-室町時代に、二条家は山荘の東北部に二条家の墓地を設けた。
 その後、戦国時代、山荘、敷地も失われる。二条家の墓はその後も残り、二条墓(嵯峨二尊院門前往生院町)として伝えられた。近年、墓地は宅地化された。小倉山荘は、旧墓地の南西付近にあったとみられる。
 往生院町の北に隣接する善光寺町に、「二条家古墓」があったともいう。竹薮の中に塚が造られていた。良基、良実、師忠、兼基、道平、良基、師嗣、満基、持基、持通、政嗣、尚基、尹房が葬られていたという。
◆小倉山 小倉山は大堰川を挟んで嵐山の東に位置している。ただ、嵐山を指したともいう。
 歌枕にもなっている。「夕されば小倉の山に鳴く鹿は今夜は鳴かず寝ねにけらしも」(『万葉集』巻八、秋雑歌、岡本天皇、一五一一)、「如何せむをぐらの山の郭公おぼつかなしと音をのみぞなく」(「『古今集』秋下、紀貫之、三一二」)。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『平安京散策』『平安の都』『京都大事典』『京都の地名検証』『昭和京都名所図会 4 洛西』


  関連・周辺二尊院       関連・周辺厭離庵       関連・周辺慈眼堂       関連・周辺中院山荘跡(小倉百人一首ゆかりの地)      関連・周辺常寂光寺       周辺       関連冷泉家       関連藤原定家京極邸跡         
map 小倉山荘跡・旧二条墓 〒616-8426 京都市右京区嵯峨二尊院門前往生院町 
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光