二条殿跡・二条新御所跡・金座跡・銀座跡 (京都市中京区)
The ruins of Nijo-dono
二条殿跡・二条新御所跡 二条殿跡・二条新御所跡 
50音索引  Home 50音索引  Home

「此附近 二條殿址」の石標、両替町通。


「二条殿御池跡」の石標、室町通。


「此附近 徳川時代金座遺址」の石標、両替町通。



「此附近 徳川時代銀座遺址」の石標、両替町通。


参考資料 『京都・観光文化 時代MAP』
 マンガミュージアム(旧龍池小学校)の建物の西側に、「此附近 二条殿址(にじょうどの あと)」の石標が立っている。 
 かつて、この地には公卿・二条良基の二条殿があり、後に、織田信長による二条新御所が建てられた。「二条御新造」「二条殿」とも呼ばれた。
◆歴史年表 南北朝時代、この地、押小路室町には、公卿・二条良基(1320-1388)の邸宅「二条殿」があった。
 安土・桃山時代、1576年、織田信長は二条殿に着眼する。家主・二条晴良父子は、報恩寺に移された。信長は、所司代・村井貞勝に普請を命じる。9月、主殿が完成する。
 1577年、11月、信長は二条殿に移り住む。
 1580年、信長により、新御所が造営される。11月、第106代・正親町(おおぎまち)天皇の皇子・東宮誠仁(さねひと)親王に居館として献上された。(『言継卿記』)。この際に、武家御城(勘解由小路<かげゆこうじ>室町)の建築資材は、新御所の建築に再利用される。
 1582年、本能寺の変では、信長の長男・信忠は妙覚寺よりこの地に移る。新御所は明智光秀の軍が包囲し、信忠は自害した。誠仁親王らは禁裏へ逃れた。二条殿は焼失する。(『言継卿記』)
◆二条良基
 南北朝時代の公卿・文化人・連歌作者・二条良基(にじょう よしもと、1320‐1388)。京都生まれ。父は関白・二条道平、母は洞院公賢の娘。1328年、従三位、その後、左右大臣、第96代・南朝初代・後醍醐天皇に仕える。1333年、南北朝分立後は北朝5代の天皇に仕えた。1346年、関白・氏長者。1353年、南朝が京都を奪還し、追われた北朝第4代・後光厳天皇が美濃小島へ行宮(あんぐう)を移すと、病をおして小島に向かい紀行文『小島の口ずさみ』を記した。1363年、関白再任、1376年、准三后。後も2度(都合4回)関白を務めた。連歌は救済に学び、1356年、救済(ぐさい/きゅうせい)と最初の連歌撰集『菟玖波集(つくばしゅう)』の編集を行う。
◆二条晴良
 安土・桃山時代の公卿・二条晴良(にじょう はるよし、1526-1579)。浄明珠院。父は二条尹房(ただふさ)。母は九条尚経の娘。1538年、従三位。左右大臣、1548年、関白。1553年、関白を辞した。1566年、准三宮。1568年、織田信長の入洛により関白に還任。1570年、足利義昭の命により、信長と浅井長政・朝倉義景の調停に携わる。1576年、信長により二条邸は報恩寺に移され、晴良も移る。
◆織田信長 室町時代-安土・桃山時代の武将・織田信長(おだ のぶなが、1534-1582)。尾張に生まれた。父は守護代家老・織田信秀、母は土田御前。1551年、父没後、家督を継ぐ。1559年、尾張国を統一、1560年、桶狭間の戦で今川を討つ。1567年、美濃国平定、1568年、上洛し足利義昭の将軍職就任を助け、二条御所の造営を行う。1569年、イエズス会・フロイスの京都往還を許す。軍資金提供を要求し拒否した自治都市・堺を攻める。1570年、姉川の戦で浅井・朝倉を破る。1571年、浅井らに与した延暦寺を焼き討ちした。1573年、将軍義昭を追放し室町幕府を滅ぼす。示威のため上京を焼く。1575年、長篠の戦で徳川家康と連合し武田を破る。1576年、拠点になる安土城を築く。1580年、石山本願寺(大坂本願寺)と和睦、中国の毛利氏攻略に動く。1582年、家臣・明智光秀に討たれ本能寺で自害した。(本能寺の変)
 戦で鉄砲を初めて実戦使用した。検地、関所廃止、楽市・楽座の制を整える。キリスト教を保護した。墓は本能寺、阿弥陀寺にある。建勲神社に祭神として祀られている。
◆誠仁親王 室町時代-安土・桃山時代の誠仁親王(さねひと しんのう、1552‐1586)。第106代・正親町天皇の第1皇子。母は内大臣万里小路秀房の娘・房子。幼少より皇嗣(皇位継承の第一順位)と定められた。1568年、親王宣下。1584年、三品に叙せられた。1582年、本能寺の変では、二条新御所より禁裏へ逃れる。1586年、豊臣秀吉の禁裏での茶の湯に父と出席した。
 和歌、連歌、書、立花に優れた。歌集『陽光院五十首』がある。のち太上天皇を追贈、院号に因み陽光太上天皇、陽光院と号した。墓所の月輪陵は泉涌寺にある。
◆織田信忠 安土・桃山時代の武将・織田信忠(おだ のぶただ、1557-1582)。尾張に生まれた。織田信長の長男。1572年、岐阜城で元服し、父とともに近江小谷城を攻め初陣を飾る。1575年、長篠の戦、1576年、美濃岐阜城主、1582年、先鋒大将として武田勝頼を討ち、恵林(えりん)寺を焼き打ちし、150人の僧を焼き殺した。1582年、本能寺の変に際して、二条御所で明智光秀軍に包囲され自刃した。
◆二条殿 二条殿は、南北朝時代の公卿・二条良基の邸宅だった。「押小路殿」とも呼ばれた。室町時代の「洛中洛外図屏風」にも描かれている。邸内には龍躍池があった。泉水、大庭の眺望が美しいことから、皇族、織田信長も気に入る。
 安土・桃山時代、1576年、織田信長は二条殿に着眼する。家主・二条晴良父子は、報恩寺に移された。所司代・村井貞勝に普請が命じられた。9月、主殿が完成する。1577年、11月、織田信長は押小路室町の二条殿に移る。1580年、信長により、第106代・正親町天皇の皇子・東宮誠仁(さねひと)親王の居館として新御所が造営された。11月、献上される。この際に、足利義昭の勘解由小路(かげゆこうじ、下立売通)室町にあった旧二条城(武家御城、松永久秀の多聞山城)の建築用材が再利用される。
 二条新御所は、正親町天皇が居住した「上御所」に対して内裏より下にあったため「下御所」と呼ばれた。「二条新御所」「二条御所」「二条御新造」「二条屋敷」とも呼ばれた。
 1582年、本能寺の変では、織田信長の長男・信忠は、宿所としていた妙覚寺より南西の信長宿所の本能寺に向かう。だが、敵兵に拒まれて進軍できず、東に近い二条新御所に移った。京都所司代・村井貞勝の進言により、軍事拠点として優れた二条新御所に立て籠もった。明智光秀の軍勢は本能寺より東行、室町小路を北上する。信忠は、光秀に休戦を申し出、その間に誠仁親王を退去させた。明智軍1万3000が二条新御所を包囲し、信忠軍はわずか500の兵で迎えた。親王の暮らす新御所に鉄砲、弓も用意されていなかった。信忠軍は防戦に終始し全滅、信忠もこの地で自害した。二条殿は焼失する。親王、妻子、公家らは禁裏へ逃れている。なお、邸内には、織田源五郎長益(有楽斎)もおり、信忠の自害後に逃がれている。
 足利義昭の、勘解由小路(かげゆこうじ、下立売通)室町にあった旧二条城(武家御城)と、この二条新御所は別の屋敷になる。旧二条城は現在地の北西方向にある。なお、妙覚寺の旧地は、現在地の西すぐの地点になる。
◆金座・銀座 二条殿の旧跡付近に「徳川時代金座遺址」「徳川時代銀座」の石標2つが立つ。
 「金座(きんざ)」は、江戸幕府の金貨(小判・一分判)の鋳造所だった。両替町(烏丸通西、二条通-三条通間)にあった。安土・桃山時代、1588年、豊臣秀吉の命により、後藤家一門が「天正大判」の鋳造を行ったことに始まる。
 安土・桃山時代-江戸時代、慶長年間(1596-1615)、堺・大坂・伏見より、金屋・金吹きを両替町に集めた。幕府御用達商人筆頭・後藤庄三郎(1571-1625)は、金座の御用改係を務め役所が置かれた。後藤氏は小判の検定、極印を押していた。1800年、寛政の改革後、京都での小判の鋳造は行われず、御所御用箔・京坂金職の取締のみを行う。近代、1868年に京都の金座は廃止された。
 「銀座(ぎんざ)」は、江戸幕府の銀貨(丁銀・小玉銀)の鋳造所であり、品位の一定化を目的とした。安土・桃山時代、1601年、徳川家康の命により、当初は伏見両替町で始まる。幕府御用達商人筆頭・後藤庄三郎、大坂の豪商・末吉勘兵衛(1526‐1607)らによる。豪商・淀屋次郎右衛門ら10人の頭役があった。吹き手は、世襲の頭役・大黒常是(だいこく じょうぜ)で、極印、包封を行っていた。
 江戸時代、1608年、京都の両替町に移される。1612年、駿河に移された。1800年、寛政の改革以後、京都での銀貨幣の鋳造は行われず、銀道具・銀箔材料としての南鐐(なんりょう、ニ朱銀)の売り渡しを行った。近代、1868年に京都の銀座は廃止された。
 

*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『つちの中の京都2』『京都大事典』『京都時代MAP 安土桃山編』『京都・観光文化 時代MAP』

 
  関連・周辺旧二条城(二条御所、古二条城) 関連・周辺妙覚寺      周辺      本能寺跡・本能寺の変       関連両替町・銀座
     
平安京オーバレイマップ
map 二条殿跡 〒604-0846 京都市中京区金吹町452,両替町通御池上る東側(旧龍池小学校)
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光