龍光院 〔金戒光明寺〕 (京都市左京区)
Ryoko-in Temple
龍光院 龍光院 
50音索引  Home 50音索引  Home








 金戒光明寺の塔頭のひとつ龍光院(りょうこういん)は、境内の北西にある。
 浄土宗、本尊は阿弥陀如来。 
◆歴史年表 江戸時代、1605年、武将・滝川雄利が、早世した娘の死を悼み創建した。娘の戒名「龍光院殿華顔芳春大禅定尼」より龍光院と号した。開基は直誉善貞西堂による。
 1609年、武士・田中吉政が伏見で客死し、龍光院で葬儀が行われ葬られる。
 近代、1868年以降、廃仏毀釈などにより一時無住になる。その後、再興された。
◆滝川雄利 安土-桃山時代-江戸時代前期の武将・滝川雄利(たきがわ かつとし、1543-1610)。父は伊勢の木造具康(こづくり ともやす)。出家して源浄(常)院主。後、還俗し、滝川一益(かずます)の女婿となり滝川を名乗る。織田信長,に仕え、織田信雄の家老となる。1584年、小牧・長久手の戦により豊臣秀吉に仕えた。1590年、小田原攻めに従軍した。1595年、豊臣秀次失脚事件に連座し所領を失う。その後、秀吉の御咄衆となる。1600年、関ヶ原の戦で西軍に属し除封される。後に徳川家康の御咄衆となり、1603年頃、常陸片野藩主滝川家初代となる。
◆滝川雄利の娘 安土・桃山時代-江戸時代の滝川雄利の息女(?-1605)。美しく、北政所にも気に入られた。17歳で亡くなる。墓は龍光院にある。
◆宗厳 安土・桃山時代-江戸時代の僧・宗厳(そうごん、1575? -1628)。朝鮮に生まれた。豊臣秀吉による朝鮮侵略の文禄・慶長の役(1592-1598、壬辰・丁酉の倭乱)の際に、1593年(1592年と も)、福知山城主・小野木縫殿助により、17歳で平壌近郊で姉とともに捕えられる。捕虜として日本に連行された。1593年、北政所、滝川下総守雄利の娘に仕えた。1605年、娘死後、知恩院・満誉上人により得度した。1616年、娘の墓があった黒谷の了的上人(金戒光明寺第27世)に認められ西雲院の開祖になる。
 浄土宗の七つの掟を定めた。念仏を唱え諸国行脚した。多くの僧侶が集まった。北政所が遣わし滝川雄利の息女に仕えた。龍光院墓地の息女墓前では、念仏をひたすら唱えていたという。墓は西雲院にある。
◆田中吉政 安土桃山時代-江戸時代前期の武将・田中吉政(たなか よしまさ、1548-1609)。近江・田中重政の子。稲葉鳥取・宮部継潤に仕える。後、豊臣秀吉の命により秀次に仕えた。1588年、五位下兵部大輔。近江八幡山城主、1590年、三河岡崎城主。1594年、三河西尾城主、1595年、秀次失脚事件後、秀次に対する諫言などで加増された。以後、秀吉に仕える。1600年、関ヶ原の戦で、東軍に属し、石田三成を捕らえた。この戦功により筑後柳川城主、従四位下・侍従に叙任。キリシタン大名(洗礼名・パルトロメヨ)であり、城下での布教を許した。領内の教徒迫害より保護した。
 1609年、江戸参府途中の伏見で亡くなる。龍光院で葬儀が行われ当院に葬られた。
◆建築 本堂は創建当初のものという。
 伽藍は隣地にあった別の塔頭伽藍を合わせている。
◆墓 滝川雄利の息女、田中吉政の墓がある。
◆紅葉 紅葉が美しい。


非公開
*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 『くろ谷金戒光明寺に眠る人びと』


   関連・周辺金戒光明寺(黒谷)     関連・周辺栄摂院(えいしょういん)〔金戒光明寺〕     関連・周辺西雲院〔金戒光明寺〕      周辺    関連      

map  龍光院 〒606-8331 京都市左京区黒谷町33   
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光