帰命院 (京都市下京区)
Kimyo-in Temple

50音索引  Home 50音索引  Home


 帰命院(きみょういん)の山号は安養山という。
 浄土宗鎮西派。
◆歴史年表 室町時代、1557年、第105代・後奈良天皇の御内仏殿の下賜があり、文誉昨念の開基により創建される。
 江戸時代、元禄年間(1688-1704)、尾張大納言の発願により、諸国の大名が寄進したという。
 1611年、徳川秀忠が堂舎を増築した。
 1788年、天明の大火により焼失した。
 1857年、輝誉頂観が再建した。
◆建築 表門は、1933年、六孫王神社の正門を譲り受けたものという。
◆森徹山 江戸時代後期の画家・森徹山(もり てつざん、1841-1775)。大坂生まれ。森狙仙(もり そせん)の兄・周峯の子。狙仙の養子になる。父、晩年の円山応挙に絵を学び、応挙門下十哲の一人になる。円山派の画風により写生により狸、獅子、虎などを描く。江戸、大坂、熊本藩主細川氏の藩臣になる。門人の森一鳳、森寛斎は義子。代表作に「双牛図屏風」(東京国立博物館蔵)など。
 墓の五輪塔は帰命院にある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』『京都歴史案内』


  関連・周辺      周辺      関連      
平安京オーバレイマップ
map 帰命院 〒600-8388  京都市下京区坊門町803,仏光寺通大宮西入る 075-841-3016  
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp