観音寺 (京都市上京区)
Kannon-ji Temple
観音寺 観音寺 
   Home    Home

山門


山門


門扉、楠の一枚板?


庫裏
 観音寺(かんのんじ)は、山号は慈眼山という。江戸時代、千本通より西のこの地は「西寺町」といわれ、寺院が建ち並んでいた。 
 浄土宗。本尊は聖観世音菩薩。
 洛陽三十三か所観音27番札所。
◆歴史年表 創建の詳細については不明。
 室町時代、応永年間(1394-1427)、疾病が流行り、山名重氏(やまな しげうじ)は観音に祈願して諸人を助けた。この時、観音堂を再興したという。報恩に多くの人が集い、「千人堂」と呼ばれた。(「拾遺都名所図会」)
 江戸時代、1607年、梅林が一条室町に創建したという。(「拾遺都名所図会」)
 1661年、類焼し、一条寺町より現在地に移る。(寺伝)
 1673年、寛文の大火により焼失している。
 1788年、天明の大火により焼失した。
 その後、再建された。
◆快慶 鎌倉時代の仏師・快慶(かいけい、生没年不詳)。号を 安阿弥(あんなみ)と称した。法名は安阿弥陀仏。運慶の父・康慶の弟子といわれ、1203年、運慶らと合作の東大寺南大門仁王像などがある。作風は安阿弥様式と呼ばれた。
◆観音 境内の観音堂本尊の「聖観世音菩薩」は、鎌倉時代の運慶の弟子・安阿弥作といわれる。かつて、堀川一条(上京区)にあったという。(「拾遺都名所図会」) 
 平安時代、三善清行(847-919)の葬送の時、その子・浄蔵貴所が父を蘇生させた。その際に祈祷をこめたという。観音堂は信仰を集め「千人堂」と呼ばれた。
 室町時代、1390年、疫れいの際に死屍を捨てる者が多かったという。山名重氏(やまな しげうじ)が鎮疫を祈念し、霊験により死屍を蘇生させたという。
 安土・桃山時代-江戸時代の慶長年間(1596-1615)に現在地に遷され、洛陽三十三か所観音27番札所に数えられた。
よなき地蔵 境内の「よなき地蔵」も知られている。
◆山門 山門は、旧伏見城(伏見区)の牢門を移築したものという。罪人は釈放される際に、再び投獄されることのないよう、門前で百度、鞭(むち)で叩(たた)かれたという。そのため「百叩きの門」とも呼ばれた。
 門の扉は楠の一枚板で、「出水の七不思議」の一つに数えられている。門の潜戸は風で鳴り、人の泣き声にも聞こえたという。
 

*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 駒札、『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都歴史案内』


   関連・周辺       慈眼寺       大雄寺      関連一条戻橋      関連伏見城・伏見桃山城

千人堂

千人堂

千人堂、びんづる?

よなき地蔵尊

よなき地蔵尊
map 観音寺  〒602-8358 京都市上京区三番町280,七本松通出水下る西側   075-841-7096
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp