阿弥陀寺 (京都市右京区嵯峨越畑)
Amida-ji Temple

50音索引  Home 50音索引  Home


 嵯峨越畑(さが こしはた)地区に阿弥陀寺(あみだじ)はある。
 曹洞宗。本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、860年、当地の開闢(かいびゃく)のため、愛宕山白雲寺の慶俊と坂上田村麻呂の子孫・田村準玄がこの地を訪れた。後、援助と協力を得た田村麻呂の妻・薩埵御前を村の地主氏神として崇め霊廟を建立した。菩提所を安置し、阿弥陀如来による日夜菩提経を願い阿弥陀寺を唱来したという。(「村由来記」、村瀬芳巳家文書)  
 970年、坂上田村麻呂の子孫・田村準玄がこの地に土着し、開基したともいう。(「寺伝」)
 その後、衰微した。
 江戸時代、1736年、僧・活外が中興し、曹洞宗とした。
◆慶俊 奈良時代の僧・慶俊(けいしゅん/きょうしゅん、生没年不詳)。河内国、渡来系氏族葛井(藤井)氏に生まれた。出家後、大安寺の入唐僧・道慈を師として、三輪、法相、華厳などを学ぶ。華厳講師、753年、法華寺の大鎮となる。第45代・聖武天皇(701-756)の死に際して律師に任じられる。聖武天皇の光明皇后(701-760)、藤原仲麻呂(706-764)と親交あり、仲麻呂政権の崩壊で失脚、その後、律師に返り咲いた。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』


  関連・周辺       周辺八坂神社      周辺四所神社(原神社)      周辺般若寺      関連愛宕(あたご)神社          
map  阿弥陀寺 〒616-8486 京都市右京区嵯峨越畑南ノ町23   
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp