四所神社(原神社) (右京区嵯峨樒原)
Shisho-jinja Shrine
四所神社(原神社) 四所神社(原神社) 
50音索引  Home 50音索引  Home




 嵯峨樒原(さが しきみがはら)の四所神社(ししょ じんじゃ)は、原神社(はら じんじゃ)とも呼ばれる。
 祭神は、火迦具土神(ひのかぐつちの かみ)、埴山姫命(はにやまひめ)、火雷神(ほのいかずちのかみ)、伊邪那美命(いざなみのみこと)を祀る。
◆歴史年表 室町時代、1552年、愛宕山・白雲寺の修理造営に際して、福寿院の幸海僧正は、太郎坊の社を領地のこの地(樒原かぶとの森)に移して当社を創建した。以来、愛宕権現の氏子は、当社を氏神とし、愛宕権現の神事も当社で執り行った。(「旧地頭・日下部幸恒自筆古文書」)
 江戸時代、1652年?、福寿院7□世・幸和法印が造営したという。(「旧地頭・日下部幸恒自筆古文書」)。ただ、この時、社殿を修理し、再興したともいう。
 近代、1878年、樒原村字稲荷の稲荷社を当社末社・厳島社に祭祀した。また、当村の若宮社、今宮社も、当社の子守社合殿に祭祀したという。(「旧地頭・日下部幸恒自筆古文書」)
◆幸海 室町時代の僧・幸海僧正(生没年不詳)。詳細不明。福寿院(愛宕山・白雲寺の宿坊)の再興2□世。清瀧の参道途中に祀られている四所権現に思い当り、1552年、自らの樒原の領地(かぶとの森)に四所権現を創祀したという。
◆境内末社 末社・厳島社の祭神は不明。相殿に稲荷社を祀り、祭神は稲魂命(うかのみたまのみこと)になる。1878年、樒原村字稲荷にあった稲荷社を厳島社に祭祀した。
 子守社の祭神は不詳、相殿に若宮社を祀る。1878年、当村の若宮社を合殿に祭祀した。
 今宮社も不詳。1878年、当村の今宮社を合殿に祭祀した。 
◆宮座 当社の宮座は、8人の禰宜仲間で構成されていた。祭礼(9月24日)には、1年交代で神主役を務めていた。
◆樹木 ご神木の大イチョウがある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 「四所神社奉納縁起(現代語訳 近藤謙)」、『京都市の地名』


  関連・周辺愛宕(あたご)神社      周辺八坂神社     周辺般若寺      周辺阿弥陀寺      関連            

本殿
末社・厳島神社(相殿に稲荷神社)
末社・子守神社(相殿に若宮社・今宮社)

ご神木のイチョウ

【参照】境内前に広がる棚田、日本の里選「宕陰(とういん)の棚田」として知られている。
map  四所神社(原神社) 〒616-8473 京都市右京区嵯峨樒原若宮下町
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光