八坂神社 (京都市右京区嵯峨越畑)
Yasaka-jinja Shrine

50音索引   Home 50音索引   Home


 嵯峨越畑(さが こしはた)の宕陰(とういん)小学校の西隣の山麓に、八坂神社(やさか じんじゃ)はある。
 かつて祇園社と呼ばれた。後に三社(蛭子宮、妙見宮、八王子宮)が合祀され、四所権現とも呼ばれたという。
 祭神は素盞鳴命(すさのおのみこと)。
◆歴史年表 鎌倉時代、1271年、藤原頼経の末臣・福田護光が、この地、越畑村に土着したという。(寺伝)
 1278年、護光は牛頭天王を信仰し、牛頭天王を勧請して創建した。祇園社(八坂神社)末社になる。(寺伝)。同年、護光は蛭子宮も建立する。(「村由来記」、村瀬芳巳家文書)
 1287年、横谷佐源が八王子宮を建立する。(「村由来記」)
 1330年、祇園社参会者を村を開闢(かいびゃく)した46人に決め、以後、当社の祭礼を執り行うことが定められる。(「村由来記」)
 室町時代、1519年、福田左衛門が四所権現を建立したという。(「村由来記」)
 1540年、斉藤采女が妙見宮を建立したという。(「村由来記」)
 近代、1868年以降、祇園社より八坂神社に改める。
◆宮座 鎌倉時代、1330年、祇園社参会者を村開闢(かいびゃく)の46人と決め、当社の祭礼を執り行うことが定められる。(「村由来記」)。
 以来、46人の後裔が禰宜(ねぎ)株による宮座(みやざ)を形成し、祭礼を行ってきた。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 当社由緒、『京都市の地名』


  関連・周辺      周辺阿弥陀寺      周辺般若寺      周辺四所神社(原神社)      関連八坂神社        

手水舎

手水舎


本殿

【参照】参道入口手前に立てられている経王護国塔、江戸時代、1807年建立。

【参照】参道入口手前に立てられている経王護国塔
map  八坂神社 〒616-8492 京都市右京区嵯峨越畑天慶10-2
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp