伊藤若冲の生家跡 (京都市中京区)
Birthplace of ITO Jakuchu
伊藤若冲の生家跡 伊藤若冲の生家跡 
50音索引   Home 50音索引   Home

錦市場


錦市場


錦小路通



若冲の生家跡の立て看板



若冲の生家跡
 「京の台所」と呼ばれる錦市場の西端、高倉通と交わる西入口付近に、江戸時代の画家・伊藤若冲の生家跡がある。若冲は、市場の店頭に並ぶ野菜、魚、庭に放し飼いにされていた鶏などをじっくりと観察した。
 錦市場には、現在、若冲関連の石標などは立てられておらず、説明板、電柱を覆った立看板様のもの、若冲の作品をあしらった看板、垂れ幕などが下げられている。この地のやや西の南側には、若冲の画室、家作(持家、貸家)もあったという。現在、錦市場には青果店が2軒が営業しているが、若冲との関わりはない。
◆歴史年表 江戸時代、1716年、伊藤若冲は、錦小路の青物問屋「桝屋(ますや)」に生まれた。
 1738年、父没後、若冲は、4代当主・桝屋(伊藤)源左衛門を襲名した。
 1755年、若冲は、40歳で家督を次弟・宗巌に譲り、隠居し作画に入る。
 1765年、末弟・宗寂が亡くなる。
 1774年、若冲らが奔走し、錦市場の再開が許される。
 1791年より、1790年とも、石峰寺の門前に草庵「斗米(とべい/とまい)庵」を結び移り住む。
◆伊藤若冲 江戸時代の画家・伊藤若冲(いとう じゃくちゅう、1716-1800)。京都・高倉錦小路の青物問屋「桝屋(ますや)」の長男に生まれた。1738年、父が42歳で没後、4代当主・桝屋(伊藤)源左衛門を襲名した。1751年頃、宝蔵寺に父母の墓をたてる。1752年頃、相国寺の僧・大典顕常より、若冲の居士号を与えられる。大典は若冲を支援した。萬福寺の中国僧・伯珣照浩とも交流した。1755年、40歳で家督を次弟・宗巌に譲り、隠居し作画に入る。1758年頃、「動植綵絵」連作着手。1759年、鹿苑寺大書院障壁画を制作する。1764年、金比羅宮奥書院上段の間に描く。1765年、「動植綵絵」「釈迦三尊像」を相国寺に寄進(1770年完了)。宝蔵寺に亡弟・宗寂の墓を立てた。1773年、萬福寺で道号「革叟」を授かる。1766年、相国寺に寿蔵を建てた。1767年、拓版画「乗輿舟」制作。1768年、『平安人物誌』に3番目に名が載る。1774年、若冲らが奔走し、錦市場の再開が許される。1776年頃、石峰寺五百羅漢の石像を制作を開始する。1788年、天明の大火で家を焼かれた。1790年、大坂・西福寺に襖絵「群鶏図」を描く。1791年(1790年とも)頃より、石峰寺の門前に草庵「斗米(とべい/とまい)庵」を結び、深窓真寂禅尼(心寂、末弟・宗寂の妻)と住んだ。斗米翁とも号した。名の由来は、米一斗(14kg)の謝礼で、墨画を描いたためという。一時、相国寺・林光院に住した黄檗宗・売茶翁(月海元昭)が、茶を売り一日の糧を得ていた逸話に倣ったものという。1798年、石峰寺の観音堂に天井画「花卉図」を描く。1800年、石峰寺に土葬され、相国寺で法要が行われた。
 商いに興味を抱かず、妻帯肉食を拒み、狩野派、中国宋元画、清国・南蘋派に学ぶ。障壁画、画巻、水墨画、木版、拓版画に及び、花鳥、特に鷄の写生に専念する。その画風により「奇想の画家」といわれた。石峰寺境内に墓がある。相国寺には生前墓の寿蔵がある。
◆若冲と錦市場 伊藤若冲と錦市場の関わりは深い。1716年、若冲は錦小路の青物問屋「桝屋(ますや)」に生まれた。1738年、父没後、4代当主・桝屋(伊藤)源左衛門を襲名している。
 1771年、錦小路市場に営業停止になる。1772年、正式に営業停止になった。町年寄の若冲らは、市場再開の願書を取り、東町奉行所と交渉し、1775年に市場は再開された。


*参考文献 『若冲の花』『若冲への招待』


  関連・周辺錦市場       関連・周辺誓願寺     関連・周辺宝蔵寺      周辺錦天満宮       関連信行寺        関連相国寺       関連壬生寺       関連鹿苑禅寺(金閣寺)       関連両足院〔建仁寺〕      関連金戒光明寺       関連石峰寺      関連萬福寺            

錦市場の西入口の若冲の絵

若冲の説明板

錦市場の若冲の垂れ幕

錦市場の若冲の垂れ幕

【参照】錦市場で営業している青果店
map  伊藤若冲の生家跡 〒604-8125 京都市中京区中魚屋町付近
50音索引   Home   top 50音索引   Home   top
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光