樒原 (京都市右京区嵯峨)
Shikimigahara
樒原 樒原 
50音索引  Home 50音索引  Home

樒原の里

 右京区北西部、愛宕山西麓の山間部に嵯峨樒原(さが しきみがはら)地区がある。この地には、樒が群生していたことから名付けられた。かつては、原と呼ばれていた。
◆歴史年表 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、丹波国桑田郡より、山城国葛野郡に移る。愛宕山福寿院の寺領になる。(「京都府地誌」)
 安土・桃山時代、1587年、豊臣秀吉の朱印状は、樒原の開発を促している。(「樒原共有文書」)
 近代、1889年、嵯峨村の大字になる。
 1931年、京都市に編入された。 
◆樒 原村(現在の樒原)、南隣する水尾村には、樒が群生したため、一帯は樒が原と呼ばれていた。樒原の地名由来になる。
 樒はシキミ科の常緑小高木であり、精油分が含まれているため香りを放つ。仏前に供えられる。
 かつて、水尾では、毎朝、樒を採り、頭に載せて愛宕社に参詣した。神前に供えた後、参詣者に授与されていた。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都大事典』『京都市の地名』


  関連・周辺愛宕(あたご)神社      関連・周辺四所神社(原神社)       関連・周辺般若寺(右京区嵯峨樒原)      関連・周辺水尾      周辺越畑       関連          

愛宕神社への参詣道

愛宕神社の鳥居

愛宕神社の鳥居、社号扁額

白雲稲荷大明神、末廣稲荷大明神、松竹稲荷大明神、

【参照】樒
map  嵯峨樒原 〒616-8475 京都市右京区嵯峨樒原
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光