大宅寺 (京都市山科区)
Daitaku-ji Temple
大宅寺 大宅寺 
50音索引  Home 50音索引  Home



本堂・庫裏

 京都橘大学の北、旧大宅村に大宅寺(だいたくじ/おおやけじ)がある。平安時代の大宅寺(おおやけじ)の後身とも、関わりがあるともいう。「大屋寺」ともいわれた。 
 曹洞宗。本尊は十一面観音立像を安置する。 
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、宇治郡大領・宮道弥益(みやじ の いやます、生没年不詳)の妻(大宅氏)が、大宅寺を建立したという。(『今昔物語』)。その後、衰微する。
 江戸時代、1695年、曹洞宗の僧・月坡(げつは)上人が再建したともいう。
 1780年、「曹洞宗月坡(がっぱ)和尚一宇を建て大宅寺と号す」と記されている。(『都名所図会』)
 1787年、『拾遺都名所図会』にも記されている。
 近代、1868年、荒廃した。
◆宮道弥益
 平安時代前期の豪族・宮道弥益(みやじ の いやます、生没年不詳)。山科栗栖野(山科区)に住む。山城宇治郡の郡司。882年、従五位上、主計頭(かずえのかみ)。娘・列子が藤原高藤に嫁ぐ。884年頃、その娘・胤子(いんし)が第59代・宇多天皇女御になり、885年、第60代・醍醐天皇を産む。以後、外戚として栄え、宮内大輔(たいふ)に昇った。
 900年、醍醐天皇が母のために居宅を勧修寺に改めた。近くに氏神社の宮道神社がある。
◆月坡道印 江戸時代前期-中期の曹洞宗の僧・月坡道印(がっぱ/げつは どういん、1637-1716)。大津の生まれ。号は老臥仏。隠元等に学ぶ。永平寺の書記。和泉・蔭凉寺の鉄心道印に師事した。法嗣の竜睡愚穏の法をつぐ。加賀・献珠寺、常陸・天徳寺、加賀・天徳院の住持。詩作に優れた。語録「月坡禅師語録」。
◆墓 本堂後方に、江戸時代の「宮道弥益夫妻墓」とされる小五輪塔2基があったという。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『昭和京都名所図会 6 洛南』『京都の地名検証 2』『京都大事典』、サイト「京都市山科区役所 やましなを歩く奈良街道3」


  関連・周辺大宅(おおやけ)廃寺跡     関連・周辺宮道朝臣列子墓(宮道古墳)      関連・周辺宮道神社      関連・周辺勧修寺      周辺       関連          

五輪塔?
map  大宅寺 〒607-8176 京都市山科区大宅中小路町49
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光