尾形光琳宅跡 (京都市北区)
The ruins of the residence of OGATA Korin
尾形光琳宅跡   尾形光琳宅跡
50音索引  Home 50音索引  Home
 上御霊神社の西北近く、住宅地の一角に、「緒方(尾形)光琳宅蹟(おがた こうりん たくあと)」の石標が立てられている。
 江戸時代の画家・尾形光琳の晩年の宅地跡ともいう。ただ、近年、異説も出され、宅地は現在地のさらに西付近(上御霊仲町、烏丸通上御霊霊前上る東側)にあったともいう。
◆歴史年表 江戸時代、1658年、尾形光琳は山里町西側(上京区、智恵光院通中立売下る、聚楽第跡)に生まれた。   
 1687年、光琳の父没後、屋敷(上京区智恵光院通中立売下る)を売り払い、上御霊仲町(烏丸通上御霊霊前上る東側)に移ったともいう。
 1694年頃より、現在地近く、上御霊神社付近の中町藪内町に移ったともいう。
 1716年、光琳はこの地で亡くなったという。その後、屋敷は他人に売却される。その後も「光琳屋敷」と呼ばれていたという。
 1782年まで、「光琳屋敷」は存続していた。
 1788年、天明の大火により「光琳屋敷」は焼失したともいう。
 近代、1929年、現在の石標が立てられる。
 現代、1978年、実際の光琳宅は、現在の石標の位置より西へ150m、烏丸通付近を跨ぎ、南へやや下がった地点にあったとされる。藪之内に「ヲカタ屋敷」と記されていた。(上賀茂神社文書「禁裏御用水川筋図」)
◆尾形光琳 江戸時代前期の画家・尾形光琳(おがた こうりん、1658-1716)。京都の呉服商・雁金屋 (かりがねや)の尾形宗謙の次男。弟は陶芸家の尾形乾山、曾祖父・道柏の妻は本阿弥光悦の姉。生家は山里町西側にあった。少年の頃より能楽、茶道、書道などに親しむ。父、山本素軒より狩野派の画法を学んだ。1687年(1684年とも)、父の遺産を相続する。1688年より、二条綱平に重用される。1693年頃より、光琳と称した。30歳代の終りより画家となる。1701年(1694年とも)、法橋に叙せられた。1703年、奢侈禁止令の咎により、「京市中住居お構い」になり京都を追われる。1704年、江戸に出る。「中村内蔵助像」を描く。1709年、京都に戻る。
 本格的な画業を始めたのは、晩年の20年ほどだった。作品は日本絵画法により、光琳派に受け継がれた。代表作に、繰り返される絵柄で構成された「燕子花図屏風」(国宝、18世紀前半)。宗達を模写し、宗達の「風神雷神図屏風」を意識した傑作「紅白梅図屏風」(国宝、18世紀前半)などがある。屏風絵のほか、香包、扇面、団扇、小袖、蒔絵、水墨画など幅広く制作した。墓は妙顕寺(上京区)にある。
◆屋敷 光琳の屋敷は、現在の石標の位置より西へ150m、烏丸通付近を跨ぎ、南へやや下がった地点にあったとされる。藪之内に「ヲカタ屋敷」と記されていた。(上賀茂神社文書「禁裏御用水川筋図」)。間口7間2尺、奥行24間あり、東面し、門前に御用水が流れていた。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献  『京都史跡事典』『京都大事典』『京都の地名検証 3』『昭和京都名所図会 5 洛中』


   
  関連・周辺      周辺上御霊神社(御霊神社)・出雲寺・御霊の森      関連法蔵寺      関連光悦寺      関連光琳菩提所(泉妙院)      関連妙顕寺       
平安京オーバレイマップ
map  尾形光琳宅跡 〒602-0896 京都市上京区上御霊竪町,上御霊前通烏丸東入北側
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光