地蔵院 (長岡京市)
Jizo-in Temple
地蔵院 地蔵院
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home








 長岡京市金ケ原(かねがはら)の丘陵地に地蔵院(じぞういん)はある。当院は、鎌倉時代の第83代・土御門天皇を追悼した金原寺の別院だったという。山号は佛龍山という。
 西山浄土宗、本尊は阿弥陀如来立像を安置する。
◆歴史年表 平安時代、大同年間(806-810)、開山は伝教大師(最澄、767-822)によるという。
 鎌倉時代、1231年、第83代・土御門天皇の没後、母の承明門院により、字・金原寺に金原法華堂(金原御堂)が建立され、天皇の遺骨が安置された。その後、堂宇の管理のために金原寺が創建されたという。地蔵院は金原寺の別院だったという。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)で類焼した。
 安土・桃山時代、1582年、山崎合戦で兵火で焼失した。
 江戸時代、享保年間(1716-1736)、現在地へ移転した。以後、浄土宗の僧が住持し、西山浄土宗総本山・光明寺の末寺になる。
 現代、1994年、本尊を修復した。
◆土御門天皇 鎌倉時代初期の第83代・土御門天皇(つちみかど てんのう、1195-1231)。為仁(ためひと)。第82代・後鳥羽天皇の第1皇子。母は内大臣・源通親の娘(実父は法印能円)の在子(承明門院)。1198年、4歳で皇位に就き、父の院政下に置かれた。父・上皇は、異母弟・守成を寵愛し、その命により、1210年、守成親王(第84代・順徳天皇)に譲位した。1221年、承久の乱では、上皇の倒幕計画に関与しなかった。乱後、上皇の配流を聞き、自ら幕府に申請し土佐国に配流になる。後に阿波国に移り、同国で没した。土佐院、阿波院とも呼ばれる。和歌にすぐれ、『土御門院御百首』などがある。
 阿波の池の谷で火葬され、墓所は金原陵(長岡京市)にある。 
 通親の系譜には、養子に法然弟子・証空(1177?-1247、西山上人)がある。
◆仏像 本尊の「阿弥陀如来立像」は、平安時代作という。かつて薬師如来像だった。台座に「本山金原寺当仏」の墨書銘があり、金原寺との関りがあるとみられている。1994年に修造されている。
◆金原寺 鎌倉時代、1231年、第83代・土御門天皇が配流先の阿波国で亡くなる。遺骸は、阿波の池の谷で火葬された。遺骨は、京都に入ることを許されなかった。母の承明門院により、字・金原寺に金原法華堂(金原御堂)が建立され安置される。
 後に、堂宇の管理のために金原寺が創建されたという。当院は、金原寺の別院という。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 『京都おとくに歴史を歩く』 、当寺サイト


  関連・周辺土御門天皇金原陵・金原寺(長岡京市)      関連・周辺水無瀬離宮(大阪府島本町)      周辺       関連      
平安京オーバレイマップ
map  地蔵院  〒617-0856 長岡京市金ケ原(かねがはら)土山12   075-956-1936    0:00-10:00
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光