専念寺 (京都市左京区)
Sennen-ji Temple
専念寺  専念寺
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home








 専念寺(せんねんじ)は、武将・前田玄以ゆかりの寺として知られている。山号は一心山という。
 浄土宗、本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 年代不詳、開山は故念上人による。
◆前田玄以 安土・桃山時代の武将・前田玄以(まえだ げんい、1539-1602)。美濃の人。前田基光の子。孫十郎基勝と称し、比叡山で出家、尾張・小松寺の住職僧ともいう。織田信長臣下、1579年、信長の命で嫡子・信忠の家臣になる。1582年、本能寺の変で信忠が自害、その嫡男・三法師(さんぼうし、秀信)とともに岐阜に逃れ保護した。三法師を擁して清須に赴いた。この功により、1583年、信忠の弟・信雄より京都奉行に任じられる。以後、17年間在職した。禁裡御用地、門跡領、寺社領管理などを行う。1584年、豊臣秀吉に仕え、右筆(ゆうひつ)ともいう。その信厚く、1585年、丹波亀山を領された。1588年、第107代・後陽成天皇の聚楽第行幸で奉行、寺社奉行で当初はキリシタンを弾圧した。95年、豊臣秀次の問責に当たり、妻妾を亀山に預った。1598年、豊臣政権下五奉行の1人に任じられた。秀吉没後、徳川家康と石田三成の対立では三成方に属した。1600年、家康を討つよう長束正家、増田長盛らと諸大名に命じた。関ヶ原の戦は西軍に与し、大坂城の留守居として参戦しなかった。東軍・徳川方に通じ、戦後、金剛寺(河内長野)に謹慎、家康に許され丹波亀山の本領安堵、初代藩主になる。故事、典例、故実に通じ、千利休に茶を学んだ。
 墓は妙心寺・蟠桃院、専念寺にある。法名は「徳善院殿天涼以公大居士」。
◆加藤嘉明 安土・桃山時代-江戸時代初期の武将・加藤嘉明(かとう よしあき、1562-1631)。三河国生まれ。13歳で羽柴秀吉に仕え、秀勝に付き、後に秀吉直属となる。1583年、賤ヶ岳の戦いで七本槍の一人として戦功ある。1584年、淡路・石志智城主。1586年-1587年、船手の将として九州征討、1590年、小田原攻め、1592年-1593年、文禄・慶長の役に水軍の将として戦功ある。1595年、伊予松前に転封。1598年、秀吉没後、石田三成らと対立、徳川家康に従う。加増。1600年、関ヶ原の戦いで東軍・徳川方につき、1602年、伊予松山を賜り、松山城築造着手。1614年、大坂冬の陣で江戸城留守居、1615年、夏の陣に参陣。1622年、徳川家光鎧着初の介添役を務め,た。1623年、従四位下に叙せれた。1626年、徳川秀忠・家光の上洛に供奉、侍従に任ぜられた。1627年、会津を領し若松城に入部。領内白河街道滝沢峠の開削した。
 徳川政権下で、江戸城、駿府城、篠山城、名古屋城などの修築を担う。軍法、民政にも優れた。茶道をよくし、桂離宮の松琴亭前の石橋を寄進した。
◆墓 前田玄以の供養塔という五輪塔が立つ。
 加藤嘉明夫妻の墓という小五輪塔がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『昭和京都名所図会 2 洛東 下』


  関連・周辺       周辺大蓮寺(左京区)      周辺見性寺       周辺西方寺      関連       
 

平安京オーバレイマップ
map 専念寺 〒606-8353 京都市左京区正往寺町465   075-771-1390 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光