専称寺 (京都市左京区静市)
Sensho-ji Temple
専称寺 専称寺
50音索引,Japanese alphabetical order   Home 50音索引,Japanese alphabetical order   Home





毘沙門堂


毘沙門堂

 鞍馬街道に面して専称寺(せんしょうじ)が建つ。毘沙門堂は「毘沙門」とも呼ばれている。かつて鞍馬山は女人禁制であり、女性は、「鞍馬山一ノ門鳥居」と呼ばれた当寺までの参詣が許されていた。いまも女性参詣が多い。
 単立浄土宗、本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 室町時代、1548年、称念上人が創建した。当初は、浄土宗一心院末だった。
 近代、1873年、毘沙門堂が一時廃絶したという。(『京都府地誌』)
 現代、2012年、毘沙門堂に天井画「阿吽双龍」が奉納される。
◆称念
 室町時代の浄土宗の僧・称念(しょうねん、1513-1554)。江戸の生まれ。8歳で江戸・増上寺で親誉、下総国飯沼・弘経寺の祖洞に師事した。江戸・天智庵を開創した。1548年、知恩院祖廟の南隣に草庵を結び、六時念仏を行う。信徒により堂舎が建てられ、念仏三昧の道場、一心院になる。掟「念仏道場七箇条」などを定めた。47ほどの寺院を創立する。浄土宗捨世派の祖。著作に「安心鈔」など。
◆澄月 江戸時代中期の歌僧・澄月(ちょうげつ、1714-1798)。備中生まれ。幼くして出家、13歳で比叡山に上る。後に浄土門に入る。諸国行脚の後、岡崎に隠棲し、二条派・武者小路実岳に和歌を学ぶ。堂上風(どうしょうふう)の歌を詠む。平安和歌四天王(ほかに小沢蘆庵、伴蒿蹊、僧慈延)の一人。著『垂雲和歌集』。
◆斎灯サトル 現代の画家・斎灯サトル(さいとう さとる、1977-) 。静岡在住。10代より作家・小林正観の著書の挿し絵を描く。江島神社・奉安殿など全国の社寺の天井画を描いた。パフォーマンス、講演活動も行う。
◆仏像 本堂に本尊の「阿弥陀如来像」が安置されている。
 脇壇に「阿弥陀如来立像」が安置されている。鎌倉時代作であり、「つまぐりの阿弥陀」とも呼ばれた。
 毘沙門堂に、「福富(ふくとみ)毘沙門天」が安置されている。かつて、「福惜み(ふくおしみ)毘沙門天」と呼ばれた。毘沙門天は、鞍馬寺に参詣し、授かった人の福を奪い取るとされた。このため参詣者は、堂前を通ることを避け東の道に抜けていた。このため、後に「福富毘沙門堂」「福富毘沙門天」に改めたという。
 毘沙門堂に、「観世音菩薩」、「魔王大僧正」が安置されている。
◆天井画 毘沙門堂に天井画「阿吽双龍」(6帖)が描かれている。現代の画家・斎灯サトルの筆により、2012年に完成した。
◆墓 江戸時代中期の歌僧・澄月の墓がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『昭和京都名所図会 3 洛北』『京都市の地名』、サイト「アトリエ サトルーチ」


  関連・周辺鞍馬寺      周辺貴船神社      関連      


毘沙門堂
 
毘沙門堂

毘沙門堂

毘沙門堂
毘沙門堂、天井画「阿吽双龍」  
平安京オーバレイマップ
map  専称寺 〒601−1121 京都市左京区静市野中町17  075-741-3061
50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光