崇泰院 〔知恩院〕 (京都市東山区)
Sotai-in Temple
崇泰院  崇泰院 
 Home  Home





大谷本願寺故地の碑


「親鸞上人旧御廟所」の碑



「蓮如上人御誕生之地」の碑


本堂




本堂






本堂裏、大谷本廟の草創の地、本願寺の発祥の地
 崇泰院(そうたいいん)は、知恩院の北に位置している。この地は、鎌倉時代の浄土真宗宗祖・親鸞 (1173-1262)の没後に建てられた大谷廟堂があった場所とされ、「元大谷」ともいわれている。蓮如誕生地でもある。知恩院塔頭のひとつ。
 浄土宗。本尊は八ッ藤阿弥陀如来。
歴史年表 鎌倉時代、1272年、親鸞の遺骨はこの地に改葬された。廟堂が建てられ、大谷影堂と呼ばれた。
 室町時代
、本願寺8代東本願寺の中興の祖・蓮如(1415-1499)は、前門主・存如の長男としてこの地に誕生した。
 
江戸時代、1603年、徳川家康の生母・伝通院(1528-1602)の没後、その菩提を弔うために家康は、知恩院の拡張と再興を行う。その際に、知恩院再建普請奉行の竹村道清により当院は創建された。寺名は、道清の戒名「崇泰院勝誉道清居士」に因む。後に親鸞の遺骨は、東大谷廟、西大谷廟に分けられる。この地は、元大谷と称された。
◆竹村道清  室町時代-江戸時代の武士・竹村道清(1561-1635)。大和に生まれた。織田信長に仕え、1582年、本能寺の変後、徳川家康の三河への脱出を助け家臣になる。1603年、知恩院再建普請奉行、1613年石見銀山奉行。
◆親鸞 平安時代-鎌倉時代の僧・親鸞(しんらん、1173-1263)。京都の日野(伏見区)に長男として生まれた。父は藤原北家の流れをくむ日野有範。母は源氏の出身。幼くして両親を失う。1181年叔父・日野範綱に連れられ、1181年、9歳で青蓮院・慈円のもとで出家得度し範宴(はんねん)と称した。以後、比叡山横川首楞厳院の堂僧として20年間修行を続けた。東塔無動寺谷の大乗院で修業する。1201年、29歳の時、比叡山を下り、六角堂に参籠、師・源空(法然)の導きにより、浄土教に帰依した。1204年、法然が定めた「七箇条制誡」弟子のひとりとして連署する。1205年、法然は『選択本願念仏集』の書写、法然肖像を描くことを許す。1207年、承元(じょうげん)の法難により、専修(せんじゅ)念仏停止(ちょうじ)にともない、35歳で越後に流罪になり、僧籍剥奪される。「僧にあらず、俗にあらず。この故に禿(とく)の字を以って姓となす。」として、禿釈親鸞と自称する。1211年、赦免され、越後で布教した。1214年、42歳で妻・恵信尼、子らとともに関東での布教を行った。晩年、1235年頃、恵信尼らと別れ、末娘・覚信尼と京都に戻る。1256年、長男・善鸞を義絶した。弟・尋有の善法坊(ぜんぼうぼう)で90歳で亡くなったという。浄土真宗の祖。
 浄土真宗の教義が体系化された6巻からなる『教行信証』(1224)などを著した。この年に立教開宗し、「非僧非俗」を宣言した。罪深い身である者は、阿弥陀仏の本願力を信じ、念仏を唱えることが基本であるとした。絶対他力の自然法爾、悪人こそが本願により救われるという悪人正機を唱えた。
◆蓮如 室町時代の真宗の僧・蓮如(れんにょ、1415‐1499)。第7代・存如の長男として東山大谷に生まれた。母は祖母の侍女という。1420年、6歳の時、母が本願寺を去る。継母・如円の下で育つ。1431年、17歳で青蓮院で得度、中納言・広橋兼郷の猶子となる。比叡山、興福寺で修行したという。1442年、如了尼と結婚する。1449年、東国布教に出る。1457年、父の死により本願寺第8代となる。1465年、比叡山衆徒により本願寺は破却された。近江に逃れる。(寛正の法難)。1468年、延暦寺は堅田を攻撃する。(堅田大責)。1468年(1469年とも)、大津近松に移り、祖像を遷す。1469年、東国に修行に行く。1471年、越前・吉崎に襲撃を避けて道場、吉崎御坊を開く。1473年、『正信偈・和讃』開版。1474年、文明の加賀一向一揆が起こる。1475年、一向一揆に敗走し、河内出口に向かう。1478年、山科に移る。1483年、本願寺を再興し、山科での布教を続けた。1488年、長亨の加賀一揆が起こる。1489年、山科本願寺南殿に隠居した。1496年、大坂石山に坊舎を建て妻子と隠棲した。1499年、山科本願寺に戻り亡くなる。
 蓮如は1461年以後、現世利益ではなく、救われて仏となること、師による恩ではなく教説による仏恩を説き、布教に御文(おふみ)(御文章<ごぶんしょう>) を用いた。「南無阿弥陀仏」などと書かれた掛け軸の御名号(おみょうごう)、門徒の組織である講、親鸞の教えの木版印刷などを通じた布教により教団の急拡大を行った。
◆親鸞の墓 鎌倉時代、親鸞(1173-1262)は、最晩年に火災により住処を焼け出され、弟の僧・尋有(じんぬ)が院主の坊 「善法院」(御池小学校)に移ったという。「押小路南、万里(までの)小路東」、比叡山の東塔・善法院の里坊だった。
 1262年、親鸞は90歳(満89歳)で亡くなり、尋有や末娘の覚信尼らが看取った。
 親鸞の入滅地、荼毘に付された地については、東西本願寺で異なる。入滅地について本願寺では、善法坊の場所を西の万里小路とし、現在の角坊別院の地だったとする。本願寺では、鳥辺山南辺(現在の本廟の「御荼毘所」、延仁寺)で火葬され、遺骨は鳥辺野北辺の 「大谷」(知恩院付近、吉水北辺、勢至堂近く) に納められという。当初は、一基の石塔に柵をめぐらせた質素な墓だったという。
 親鸞の末娘・覚信尼・初代留守職(るすしき)(1224-1283)は、1272年に墳墓を改葬し、遺弟の協力の下で、吉水の北辺(現在の崇泰院の裏庭付近)に六角の廟堂(大谷影堂)を営んだ。廟所には、親鸞の遺骨と影像が安置された。この地は覚信尼が再婚した小野宮禅念の所有地だった。以後、大谷本廟の草創の地であり、本願寺の発祥の地とされている。
 1274年、覚信尼は禅念により土地を譲られ、敷地、廟堂を門弟に譲る。1283年、留守職2代目は子の覚恵(かくえ、1239-1307)に譲る。1310年、廟堂の3代留守職・3代の覚如(1270-1351)は、1321年にこの地に寺を再建する。当初は専修寺(せんじゅじ)と号したが、比叡山の批判により本願寺と改称した。
 室町時代、1465年、堂は内紛「寛正の法難」のため、比叡山衆徒により破脚された。墓(親鸞墳墓旧跡)は破壊されずに、いまも境内に残されている。8代・蓮如の時、青蓮院の支配を受けて命脈を保った。蓮如は近江に逃れ、1480年に山科に本願寺を再興した。以後、本廟と本願寺は別立となる。
 江戸時代、1603年、廟堂は、徳川家康による知恩寺域の大拡張に伴い、東山五条坂西大谷、鳥辺野延年寺山(現在の大谷本廟、浄土真宗本願寺派<西本願寺>)に移された。この年、崇泰院が建立され、墳墓が現在地に移される。
 独立間もない東本願寺は、当初寺内に親鸞の遺骨を納め、その後、江戸時代、1670年に現在地の東大谷に移した。1701年、その地で改葬され、1745年に祖廟(大谷祖廟)が完成した。
◆親鸞聖人逆さ杉 伝承がある。
 崇泰院の裏に親鸞御廟があり、杉の大木が生えていた。親鸞が用いていた杖を地に逆さに挿したところ、芽吹き成長したものという。「親鸞聖人逆さ杉」と呼ばれる。その後、枯死したという。
◆大谷 大谷の地名は「豅(おおたに)」から訓じられたという。現在の円山公園、鳥辺野までの東山山麓一帯を指した。
◆修行体験 般若心経・和讃の写経(9:00-17:00、随時。)


*非公開
*行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『日本の名僧』『事典 日本の名僧』『あなたの知らない京都府の歴史』『昭和京都名所図会 1 洛東 上』『京の怪談と七不思議』


  大谷本廟      大谷祖廟      青蓮院       知恩院       西本願寺      角坊(旧 角坊別院)       東本願寺      延仁寺                

五輪塔

五輪塔

蓮如上人産湯之井戸

蓮如上人産湯之井戸
 崇泰院 〒605-0062 京都市東山区林下町  075-561-9046
50音索引  Home   50音索引  Home  

  © 2006- Kyotofukoh,京都風光