神川神社(住吉大明神神川神社) (京都市伏見区)
Kamukawa-jinja Shrine
神川神社 神川神社
  Home   Home



「住吉大明神」となっている神額
 神川神社(かむかわ じんじゃ)は、鴨川と桂川の合流地点の西岸の地、久我鴨川町にある。住吉大明神神川神社とも呼ばれる。
  祭神は、底筒男命(そこつつおのみこと)、中筒男命(なかつつおのみこと)、上筒男命(かみつつおのみこと)、表津少彦命(わだつみのみこと)の4座。表津少彦命以外は住吉の神を勧請している。(『住吉社之略記』)
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 この付近は、鴨川と桂川の二川が合流する早瀬であり、難破船が相次いだ。朝廷が水神の摂津・住吉社を鎮座したともいわれる。(『住吉社之略記』)
 その後、住吉大名神(住吉社)は、御旅所にあった神川社(雲宮)と合祀となり、神川神社となったともいう。(『式内社の研究』)
 近代、1876年、境内の一部は神川小学校に寄付された。
◆建築 神明造の江戸期造営の本殿は焼失により、1983年に再建されている。割拝殿の拝殿の建立時期は不明。瓦葺。
◆加茂川 「加茂川」の呼称とは、この「神川」が転じたものともいう。(『神名帳考証』)
◆石灯籠 境内の最も古い銘のある石灯籠は江戸時代、1683年製。


*参考文献 『京の古代社寺 京都の式内社と古代寺院』『京都・山城寺院神社大事典』


        久我神社      羽束師神社       城南宮                 
    


参道

割拝殿の拝殿

本殿は近年再建され、コンクリート製。
 神川神社 〒612-8484 京都市伏見区羽束師鴨川町368  
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光