大豊神社・円成寺跡 (京都市左京区) 
Otoyo-jinja Shrine
大豊神社・円成寺跡 大豊神社・円成寺跡
 Home  Home







手水、椿ヶ峰から流れ下る清水






拝殿
 大豊神社(おおとよ じんじゃ)は、哲学の道(琵琶湖疏水分流)を東へ上がった大文字山、椿ヶ峰西麓にある。神の使いである狛子(こまね)・「鼠の社」として知られている。
 鹿ヶ谷、南禅寺一帯の産土神であり、東山三十六峰の椿ヶ峰をご神体とした。椿ヶ峰天神と呼ばれた。また、大宝(おおたから)明神と称され、藤原淑子の円成寺の鎮守社だったともいう。
 祭神は、医薬祖神の少彦名命(すくなひこなのみこと)、第15代・応神天皇(おうじんてんのう)、菅原道真(すがわらのみちざね)を祀る。
 治病健康、福徳長寿、縁結び、安産祈願、学業成就などの信仰を集める。
◆歴史年表 平安時代、887年、第59代・宇多天皇の病気平癒祈願のために、藤原淑子が勅命により、医薬祖神の少彦名命を、現在地の背後にある椿ヶ峰山中に祀り創建されたという。当初は椿ヶ峰天神と呼ばれる。(社伝)。淑子が発願した円城寺(円成寺)の鎮守社だった。
 寛仁年間(1017-1021)、山麓の現在地に遷された。(社伝)
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)後に衰微する。
 現代、1954年、京都市の名勝地に指定された。
 1969年、境内末社・大国社が創建される。
◆藤原淑子 平安時代の女官・藤原淑子(ふじわら の しゅくし、838-906)。藤原長良の子、母は難波淵子ともいう。兄は基経。860年頃、従五位上に叙せられ、宮廷に出仕した。後に藤原氏宗の後妻となる。夫没後、後宮で采配を振るう。第58代・光孝天皇皇子・源定省(後の第59代・宇多天皇)を猶子とした。887年、従一位に叙せられる。僧・益信を尊崇し、東山椿ヶ峯の山荘を寄進し円成寺(円城寺)を建立した。
◆狛鼠 境内末社・大国社(だいこくしゃ)は、大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀る。狛犬の代わりに「狛鼠」が祀られている。素戔嗚尊から与えられた試練により、大国主命が野火に囲まれた際に、鼠が案内して窮地から救ったという神話に因む。(『古事記』)。1969年に立てられた。
 巻物を抱えた左の「狛鼠」は学問成就、水の器(水玉、酒器)を抱えた右の「狛鼠」は、豊作、薬効、安産、健康回復などを意味している。
 愛宕社には、愛宕山を空から守る天狗(鳶)に因み「狛鳶」がある。1972年に奉納された。全国的にも珍しいという。
 稲荷社は、稲荷神の使いの狐に因み「狛狐」、日吉社は比叡山延暦寺の守護神であり、山を守る猿に因み、「狛猿」がそれぞれ守護する。
◆円成寺跡 平安時代前期の公卿・藤原氏宗(ふじわら の うじむね、?-872)は、晩年を山荘「東山白河第」に過ごした。現在の鹿ヶ谷、大豊神社の地(境内の西)になるという。
 氏宗没後、889年、妻・淑子は病に苦しみ、第59代・宇多天皇の師僧・益信(やくしん、827-906)僧正の祈祷により平癒した。このため、淑子の発願により山荘を寺に改め円成寺(円城寺、えんじょうじ)とした。益信を別当とし、889年に定額寺になる。益信は円城寺僧正と称された。
 後に、宇多上皇皇子・斉世(ときよ)親王(真寂、886-927)が入寺し、円城寺宮と称する。以後、法親王、藤原氏の相次ぐ入寺により、仁和寺院家になった。室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により被災し、その後は衰微する。寺籍は大和・忍辱山(にんにくせん)に移され廃寺になった。
 現在、奈良市忍辱山町(にんにくせんちょう)に言宗御室派の円成寺がある。
◆樹木・花暦 京都市の名勝地(1954)指定された。境内には、32本の椿が植えられ、名所としても知られる。枝垂れ紅梅、紫陽花、山野花なども植えられている。
 ご神木のスギがある。タラヨウ、オガタマノキがある。かつて本殿近くにモミの巨木があった。樹齢400年あまりで枯死した。
◆年間行事 例祭(神輿渡御)(10月19日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都の地名検証 3』『昭和京都名所図会 2 洛東 下』『京都の寺社505を歩く 上』『京都のご利益めぐり』『京のご利益めぐり』『京都の自然ふしぎ見聞録』『京都 神社と寺院の森』


        哲学の道        法然院               


本殿

本殿

大国社

大国社

大国社の左に鎮座する水の器(水玉、酒器)を抱えた吽形の狛鼠、子宝、豊作、薬効を意味するという。花崗岩。

大国社の右にある巻物を抱えた阿形の狛鼠、学問を意味する。花崗岩。

日吉社(右)と愛宕社

日吉社

愛宕社

猿、花崗岩。

鳶、花崗岩。



稲荷社

稲荷社、狛狐、花崗岩。



ツバキ

 大豊神社 〒606-8424 京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1  075-771-1351 
 Home    Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光