八神社 (京都市左京区)
Hachi-jinja Shrine
八神社   八神社 
  Home   Home




 大文字山の北西にある八神社(はち じんじゃ)とは、八神を祀ったことに因む。八所神社、八所大明神、古くは山王十禅師社(さんのう じゅうぜんじしゃ/じっせんじしゃ)、十禅師大明神とも呼ばれた。
 浄土寺、銀閣寺の鎮守社であり、旧浄土寺村の産土神として崇敬を集めた。
 祭神は、天御中主神(あまのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびかみ)、足皇産霊神(たるむすびのかみ)、生皇産霊神(いくむすびのかみ)、御饌津神(みけつかみ)、大宮乃売神(おおみやのめのかみ)、事代主神(ことしろぬしのかみ)の八神を祀る。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、大同年間(806-810)、延喜年間(901-923)、当社は創建されたともいう。
 1019年、986年以前とも、25世天台座主・明救が浄土寺を創建したという。現在の銀閣寺の地にあり、当社はその鎮守社であり、寺に隣接し広大な境内を有していたという。宮の前(現、銀閣寺町)、馬場(現、浄土寺馬場町)の地名が残る。
 室町時代、1482年、足利義政が浄土寺境内に東山殿(東山山荘)を造営した際に、浄土寺は相国寺の西に移転する。当社は、現在地に残された。
 江戸時代、浄土寺村の地主神になる。
 1681年、山王十禅師宮と称され、その祭礼について記されている。(「北肉魚山行記」)
◆末社 末社の樹下稲荷大明神は、十禅師大明神、樹下社(じゅげしゃ)といわれ、豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)、また、稲倉魂命(うがのみたまのみこと)を祀るともいう。
 雨之社(雨社)は、山林、水を司る高おかみ神(高霹神)を祀る。  *「おかみ」は雨冠に口三つ、その下に龍
◆樹木 コジイがある。
◆年間行事 春季例祭(4月24日)、扇子感謝祭(8月8日)、秋季例祭(10月24日か直前の日曜日)、火焚祭(11月23日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都市の地名』『京都の寺社505を歩く 上』『京都府の歴史散歩 中』『京都 神社と寺院の森』


  銀閣寺(慈照寺)〔相国寺〕     浄土院                 

 

手水舎
手水舎

雨社

雨社

雨社

雨社

樹下稲荷大明神

樹下稲荷大明神

樹下稲荷大明神

拝殿

拝所

拝所

本殿

本殿

本殿

スギの大木
 八神社 〒606-8402 京都市左京区銀閣寺町26  075-771-5159
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光