石座神社 (京都市左京区)
Iwakura-jinja Shrine
石座神社  石座神社
50音索引  Home 50音索引  Home









八所明神本殿(右)と十二所明神本殿


岩倉家から奉納された灯籠

 岩倉(いわくら)にある石座神社(いわくら じんじゃ)は、旧岩倉村の産土神として信仰された。近代以前は、大雲寺の鎮守社として祀られ、石座神社ではなく八所明神、十二所明神社と称された。一帯は、京都市指定文化財環境保全地区に指定されている。
 祭神は、東社に八所大明神(石座、新羅、八幡、山王、春日、住吉、松尾、賀茂)、また、天照大神(あまてらすおおみかみ)ほか7神ともいう。西社に、十二所大明神(八所、伊勢、平野、貴船、稻荷など)12神、また天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)ほか11神ともいう。旧村社。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 997年、慶祚(けいそ)阿闍梨により八所明神(石座明神ほか七所)が大雲寺勧請され、八所大明神と号した。その後、さらに伊勢ほか4神が合祀され、十二所明神が祀られた。(『山城名跡巡行志』)。以後、八所・十二所明神社と呼ばれ、鎮守の神になる。
 室町時代、1547年、兵火で焼失した。
 安土・桃山時代、1592年、社殿が造営されている。
 江戸時代、1766年、改造営されている。
 近代以前、大雲寺の鎮守社だった。
 近代以降、八所・十二所明神社から石座神社へと改称された。
 1878年、猿田彦社、一言主社が石座神社に合祀された。
◆一言主社 境内にある摂社・一言主(ひとことぬし)神社の祭神は、一言主大神という。凶事、吉事を一言で予言し、実現する神とされ、地域では、願い事を一言だけ聞いてくれる神として知られている。
 一言主神社の総本社は、奈良県御所市にある。賀茂氏の本拠地である高鴨神社近くになる。賀茂氏の北上に伴い、一言主神を祀る人々もこの地に移動してきたとみられている。
 社はかつて、南東150mの正水山(しょうずやま/せいすいやま)にあったという。元の社殿は、後水尾天皇中宮・東福門院和子が、江戸時代、1668年に再興したという。(『京都府愛宕郡志』)
 幕末、岩倉に隠棲していた岩倉具視もしばしば参詣した。近代、1878年に石座神社(現在地)に合祀された。1973年、祠も当社に遷された。
◆猿田彦社 摂社・猿田彦社はの祭神は、猿田彦神、愛宕神を祀る。かつて万年岡()に鎮座した。1878年に石座神社(現在地)に合祀された。
◆建築 並立して建つ「八所明神本殿」(右側)と「十二所明神本殿」(左側)は、一間社流造で、京都でも極めて珍しい宮座の建物を残すという。勾欄に安土・桃山時代「天正二十年(1592年)」の銘のある擬宝珠がある。
 宮座とは、近畿、中国、九州地方にみられる氏子による祭祀を行う特定集団をいう。
◆石造物 本殿前に2基の石燈籠が立つ。江戸時代、「慶長十九年(1,614年)」「北岩座山十二所大明神石灯炉」の銘がある。
◆岩倉火祭 毎年10月23日に近い土曜日に岩倉火祭(京都市登録無形民俗文化財)が催される。かつて、村人を苦しめた大蛇退治のために、大蛇に見立てた大松明に火をつけ、炎で退治する意味がある。五穀豊穣祈念の神事でもある。
 祭りは氏子6町で執り行われる。松明作りには、2町(中在地町、忠在地町)のみが携わる。材は、樫、躑躅の柴で作られ、外側を竹で覆う。燃えると竹が爆ぜる。さらに、松明は化粧藁縄で独特の結びで縛られる。
 夜半、午前2時頃の松明神事から始まり、神前の燈火を雌雄の大蛇に見立て、2つの大松明に点火する。松明のどちらが先に燃え尽きるかを競う。松明の火が燃え尽きる夜明け前、神輿は出発し、氏子各所を巡り、午前5時半頃、神輿御旅所(山住神社)へ向かう。
 昼神事は、再び御旅所から神輿を迎え、神事に続き、踊り子8人による岩倉踊が奉納される。 
◆年間行事 岩倉火祭(10月23日に近い土曜日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都の寺社505を歩く 上』『京都の地名検証 2』『昭和京都名所図会 3 洛北』『大雲寺堂社旧跡纂要』 


  大雲寺      山住神社     岩倉実相院        

右から出雲神社、貴船神社、熊野神社


一言社

一言社

右から猿田彦神社、愛宕神社

右から稲荷神社、鹿○神社、香取神社

宮座

宮座

砂山

岩倉火祭
石座神社 〒606-0017 京都市左京区岩倉上蔵町 
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光