山住神社 (石座神社御旅所) (京都市左京区)
Yamazumi-jinja Shrine
山住神社 山住神社 
50音索引  Home  50音索引  Home








 洛北の地、比叡山を南東に望み、岩倉川沿いにある山住神社(やまずみ じんじゃ)は、1㎞ほど離れた石座(いわくら、岩坐)神社の旧社地(石座神社御旅所)になる。「山住」とは、山祇(やまずみ)、山の神霊を意味する。かつて石座大明神と呼ばれた。
 現在、本殿はなく、社域背後(西)の神南備山(かむなびさん)とその前の巨石、小さな祠だけが残る。これらは、磐座(いわくら)として崇められ、神々の降臨する場として、古代信仰の遺跡になっている。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、794年、平安京遷都の際に、都の東西南北に岩倉が設けられ、東・青龍、西・白虎、南・朱雀、北・玄武の四神を祀ったという。また、王城鎮護のためとして、都の四方に経典を埋めたという。このうち東岩倉は大日山(左京区)、南岩倉は男山(八幡市)、西岩倉は金蔵寺、北岩倉は山住神社ともいう。
 880年頃、「山城国正六位石座神授従五位下」と記され、少なくともそれ以前に祀られていたとみられている。(『日本三代実録』)
 971年、大雲寺建立に伴い、この地の石座明神が上蔵町(現在の石座神社)へ遷された。八所・十二所明神社と呼ばれ、鎮守の神になった。当地(現在の山住神社)は御旅所となる。
 平安時代中期、『栄花物語』には「岩蔵」と記されている。
 鎌倉時代、「岩倉」の名が記されており、磐座を意味している。
 近代、明治期(1868-1912)以降、八所・十二所明神社が石座神社と改称され、当社は譲り山住神社と改称された。以後、旧社地(当社)は石座神社の御旅所になった。
◆岩倉 この付近の地名の岩倉(いわくら)は、山住神社に由来しているという。当社のご神体は、拝殿背後の神奈備山にある巨石になる。この地は、古代祭祀の神座になっていた。
 岩倉は、磐座、岩座(石座)、石蔵、岩蔵とも書かれ、いずれも「いわくら」と読んだ。「いわ」は磐境(いわさか)であり、神を祀るための岩石で囲まれた領域、「くら」は神座、神が宿る場所を示していた。また、「斎(いは)谷(くら)」、「神を斎(いわ)いいます谷」の意味ともいう。
◆源氏物語 『源氏物語』第5帖「若紫」巻の「なにがしの寺」とは、大雲寺(左京区)とみなされている。また、「深きいはの中にぞ、ひじり入り居たりける」については山住神社を想起させるともいう。わらわ病を患う光源氏は、二条院より鞍馬街道を経て当社前を通り大雲寺に向かったともいう。
◆尻叩き祭 明治期(1868-1912)まで、9月15日に当社で「尻叩き祭」が行われていた。夜、神饌(神器)を頭に載せた新婦は、尻を小枝で打たれた。新婦は逃れようと走り回った。受胎を促す神事とされていた。
 「日本三珍祭(越中・しもと祭、近江・鍋冠り祭)」のひとつといわれた。
◆年間行事 石座神社例祭(松明行事になる。朝神事は夜半に始まり、早朝に神輿御旅所(当社)に着く。昼神事では午後に御旅所を出発し、石座神社へ向かう。)(10月23日に近い土曜日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都の寺社505を歩く 上』『洛北岩倉誌』『京都大事典』『古代地名を歩くⅡ』『昭和京都名所図会 3 洛北』『京都時代MAP 平安京編』


   石座神社     大雲寺          金蔵寺         

巨石のご神体(祠の後ろの四角い岩)、珪質堆積岩(チャート)


社叢の杜

一帯は歴史的風土特別保存地区に指定されている。

石座神社の例祭では、旧社地の当社は御旅所となる。

【参照】境内のすぐ近くにある民家、背後は神南備山

【参照】境内の傍を流れる岩倉川

【参照】岩倉川、ヒガンバナ
 山住神社 〒606-0014 京都市左京区岩倉西河原町  
50音索引  Home    50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光