せせらぎ公園 (紫明通、堀川通) (京都市北区)
Seseragi Park Garden

  Home   Home

紫明通には大イチョウの並木がある。


通りの東方(奥)には比叡山。

◆紫明通 紫明通は、東は鴨川東岸の賀茂街道から西は堀川通まで通じている。 
 現在の紫明通北には、かつて琵琶湖疏水が流れていた。第二次世界大戦末期(1945)に、第三次建物疎開により、防火線確保のためとして、家屋の強制撤去が行われ、道幅20mに拡張された。
 紫明通の「紫明」の語源については、『広辞苑』を編纂した言語学者の新村出(しんむら いづる、1876-1967)の命名によるという。
 紫明通から、比叡山の最高峰・四明岳が真東に望めることから、頼山陽による造語「山紫水明」にかけ、「紫明」が生まれたという。近くのかつての住居に新村出記念財団もあり、公開されている。
◆整備事業 堀川は堀川通の東を、北から南へ流れる。現在、堀川今出川と二条城南などが地表部に見えている。ただ普段の川の水は、1953年以来断たれていた。
 この堀川に、水を再び流す計画が進められた。京都市による「堀川水辺環境整備事業」(2000-)では、第二疏水分線を水源にする。一旦鴨川の下を抜けた疏水の流れは、紫明通中央分離帯で地表に現れ西進する。紫明堀川からは南進し、堀川今出川で堀川に注いでいる。総延長は約2km。
 さらに、堀川の水の一部を二条城の外濠に引き入れ、濠の水質浄化も図る。今後、京都府の進める西高瀬川整備事業と連携させ、二条城外濠の水を西高瀬川へ流す計画もある。
◆せせらぎ公園 現在、紫明通の中央分離帯に6ヵ所の「せせらぎ公園」が設けられ、堀川通の中央分離帯にも3ヵ所設けられている。公園内には疏水分線より引かれた「小川」が流れており、2009年より疏水の水が通され、堀川の流れが復活した。
 

          府立植物園     北大路橋      琵琶湖疏水分線(松ヶ崎)      堀川                   

 せせらぎ公園 京都市北区  紫明通  

より大きな地図で せせらぎ公園 を表示
  Home     Home  

  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp