総神社 (京都市北区) 
So-jinja Shrine
総神社 総神社 
50音索引  Home





 総神社 (そう じんじゃ)は、総神社天満宮ともいわれる。付近には、かつて「常磐の森(菅宿の森)」があった。 
 郷の産土神として信仰を集めた。上賀茂神社境外三十八社の一つに数えられる。
 祭神は、天照大神の御子・天穂日命(あめのひのみこと)、八幡大神(はちまんおおかみ)、源義朝神霊(みなもとよしとものみたま)、天満大神(てんまおおかみ、菅原道真)を祀る。御霊社。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 飛鳥時代、白鳳年間(672-687)、創建されたともいう。賀茂御読経所聖神寺の鎮守社として、社僧が学問向上を願い崇敬した
 
平安時代、菅原道真(845-903)は、大宰府左遷の際に、巫女として奉仕していた叔母に別れを告げるため、当社に一泊したという。かつて、菅原氏が当社の宮守をしたため、「菅宿坊天神」といわれた。
◆境内末社 境内末社・厳島社の祭神は、市杵嶋姫賣命(いちきしまひめのみこと)を祀る。
◆牛若丸 紫竹には、平安時代末の武将・源義朝(1123-1160)の別邸(現在の北区紫竹牛若町付近)があったという。
 この地で、義朝の愛妾・常磐御前(1138-?)は牛若丸(源義経、1159-1189)を産んだともいう。
 近くに、牛若丸にまつわる「牛若丸誕生井・源義経産湯井・胞衣塚」などの遺跡も残る。 
◆やすらい祭り 「やすらい祭」(4月第2日曜日)では、上野、川上ニ社が参拝する。
◆年間行事 元旦祭(1月1日)、節分祭(節分)、やすらい祭(4月第2日曜日)、大祓(6月30日)、宵祭(例祭日の前夜)、例祭(10月23日前後の日曜日)、火焚祭(11月23日)、おお祓(12月31日)。
 月次祭(毎月第3日曜日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 由緒、『京都洛北やすらい祭  フィールドワークからのアプローチ』


  牛若丸誕生井      大徳寺      今宮神社      川上神社       

手水舎

手水舎
 

末社・厳島社

末社・厳島社

末社・厳島社、「紫竹辯才天」の石標
 

タラヨウ

紫竹

やすらい祭、上野社

川上社
 総神社  〒603-8206 京都市北区紫竹西南町46  075-493-0414
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光