若一神社 (京都市下京区) 
Nyakuichi-jinja Shrine
若一神社 若一神社
  Home   Home














本社、拝殿



 西大路八条に面して若一神社(にゃくいち じんじゃ)がある。平清盛ゆかりの神社とされ、御所ノ内町の町名が残る。 
 同町の鎮守社として祀られている。『平家物語』に登場する祇王、祇女に因み、花街関係の参詣が続く。本来は夜参りの社という。
 祭神は、熊野権現の第一子であり神仏習合神の若一王子(にゃくいちおうじ)を祀る。
 熊野十二所の一座。西大路七福社ご利益めぐりの一つ。
 平清盛にあやかり開運、開運出世、金運上昇・商売繁盛、寿命社は長寿などの信仰を集める。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 年代不詳、かつて熊野権現の第一王子を祀る勝明寺(下京区七条御所ノ内本町)の鎮守だったともいう。
 平安時代、この地には、武将・平清盛(1118-1181)の西八条邸(西八条殿)があったという。敷地は、現在の梅小路公園まで及ぶ広大なもので、大小50あまりの建物があった。周辺には平重盛、宗盛、頼盛らの屋敷も建ち並んだ。清盛は熊野権現を篤く信仰し、熊野詣にも度々出掛けた。邸内に、鎮守社として紀州熊野の若一王子の霊が祀られた。また、黄金の神像・若一王子が、邸内地下三尺(90cm)より現れた。以後、ご神体とされ、開運出世の神として崇められた。(社伝)
 1167年、清盛は摂津福原に移り、邸には妻の二位尼時子が住んだ。
 1179年、清盛の娘・建礼門院徳子が産んだ東宮言仁親王(後の第81代・安徳天皇)が西八条第に行啓する。
 1183年、平氏は六波羅邸と西八条邸に自ら火を放ち、都落ちした。
 江戸時代、1740年、日旋老師が白衣の老神の霊夢を得た。若一王子のご神体を再び掘り出し、この地に再建したという。
 現代、1983年、西大路福社ご利益めぐりが当初は5社で始まる。
 1984年、7社めぐりになりその一つに入る。
◆平清盛 平安時代後期の武将・平清盛(たいら の きよもり、1118-1181)。平忠盛の子。白河法皇の落胤、母は祇園女御、またその妹ともいう。1129年、12歳で従五位下、左兵衛佐。1156年、保元の乱では後白河天皇につき崇徳上皇方を破った。1159年、平治の乱では源義朝を破る。1160年、参議、1167年、太政大臣、1168年、病となり出家し静(浄)海と称した。摂津福原に移る。高倉天皇即位に協力した 後白河法皇と対立する。1171年、娘の徳子(建礼門院)を高倉天皇の女御として入内させた。1179年、清盛は法皇院政を停め鳥羽殿に幽閉した。1180年、以仁王が挙兵する。清盛は後白河法皇、高倉上皇、安徳天皇を伴い、福原に移る。半年で京都に還る。1181年、反抗した東大寺・興福寺を焼き討ちしたが、その年に没した。対宋貿易に力を入れた。約400日の初の武家政権を成立させた。
◆祇王
 平安時代末期の白拍子・祇王(ぎおう、?-1172?)。詳細不明。妓王。近江国平家の家人・江部九郎時久の娘。父が北陸に流され、母とともに京に出て白拍子になったという。その後、平清盛の寵愛を受ける。西八条に屋敷を与えられ、母、妹も呼び寄せた。故郷が水不足に苦しんだ際に、清盛に水利工事を願い出る。野洲川から三里の溝が掘られ、以後旱害がなくなる。人々はこれを祇王井川(1173) と呼び、現在も使われている。白拍子・仏御前を清盛にとりなし、清盛は仏御前を寵愛したことから、祇王と母、妹は館を追い出される。その後、共に出家し、当地に移り庵を結んだともいう。(『平家物語』)
◆成光上人の伝承 奈良時代の第49代・光仁天皇(在位770-781)の頃、成光上人は唐より仏教を伝えるために来日した。天王寺に住し、熊野詣の際に、若一王子の分霊を笈に背負い、衆生救済のためとして諸国を巡り、この地を訪れたという。
 この地は浅水の湧くことから「浅水の森」と呼ばれていた。森には古堂のみが建てられていた。上人が堂で一夜を明かすと神託があり、堂内に御神体を安置した。だが、京中に戦乱が起こり、御神体は土中に埋められた。
 平安時代後期、平清盛(1118-1181)は六波羅の邸宅とともに、この地にも別荘・西八条御所を建てた。1166年、清盛は熊野詣の途中で、御神託を受ける。西八条御所の地に埋められている御神体を掘り起こし奉りせよという。
 帰京し邸内を探すと築山に光が差した。清盛自ら三尺ほど掘り返すと、御神体・若一王子が現れた。以後、祭神を祀り開運出世を祈願した。翌1167年、清盛が太政大臣に任じられたことから、以後、当社は開運出世の神として崇められたという。
◆平家物語 境内は、平清盛の西八条邸跡といわれている。『源平盛衰記』『平家物語』では西八条殿が舞台になり、祇王、祇女、仏御前らが登場する。境内には、「平清盛ゆかりの神水」も湧く。
◆大楠 付近は水が豊かに湧き、鎮守の森は「浅水の森」と呼ばれていた。
 境内には複数の大楠がある。幹周り3m、高さ30mのご神木の大楠は、清盛が築山に手植えしたとの伝承がある。(『源平盛衰記』)
 1933年に市電の軌道敷設工事のために、西大路通の拡張工事が行われた。社域は大幅に削られる。大楠を伐採するか、移植するかという話になる。大楠の根の一部は伐られた。だが、ご神木の祟りを怖れ、軌道は迂回して敷設された。このため、現在でも付近の西大路通は直線の道路ではなく、やや西側に膨らんでいる。
◆若一神社神供水 若一神社神供水は、平安時代、1166年に社殿を建立されたという。以来、御神水は日供祭(にっくさい、毎朝の祭事)で御神前に供えられている。
 銘水として知られ、開運出世、新生児誕生の産湯として使われている。
◆西大路七福社ご利益めぐり 西大路七福社ご利益めぐりは、西大路通周辺にある7社を正月元旦から2月に巡拝し朱印を受ける。1983年に当初は5社巡りで始まり、翌1984年に7社になった。
 安産祈願のわら天神宮、開運の平野神社、延命長寿の熊野神社衣笠分社、建築方除の大将軍八神社、厄除の春日神社、開運の若一神社、知恵・学問の吉祥院天満宮がある。
◆文化財 江戸時代の一陽斎豊国画「錦絵」には、清盛の西八条邸での宴の様が描かれている。清盛の寵愛を受けていた祇王は、仏御前の登場により屋敷より出される。祇王は涙しながら襖に、歌を一首書き残した。
◆樹木 平清盛の手植えというクスノキがある。
◆年間行事 歳旦祭(1月1日)、献灯祭(4月10日)、例祭・若一講大祭お火焚祭(800余年の歴史ある火焚神事)(11月10日)。
 月旦祭(毎月1日)、月次祭(毎月10日)、旬祭(毎月21日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都大事典』『京都事典』『京都のご利益手帖』『京のしあわせめぐり55』『京都歩きの愉しみ』『京都 神社と寺院の森』



  西院春日神社      吉祥院天満宮      六波羅蜜寺     六孫王神社              

イチョウ

松尾社、松尾大神、醸造満足

福徳稲荷社、祖霊社

稲荷社

右に福徳稲荷社、商売繁盛・生業繁栄、伏見稲荷神社より1981年に勧請、左に祖霊社、1983年に建立、

寿命社

寿命社、祭神・高砂尉と姥、夫婦円満、子孫繁栄、延命長寿

弁財天社

弁財天社、祭神は市杵島姫命、芸能、音楽、福運、江戸時代、1715年に竹生島より勧請された。

若一神社神供水

若一神社神供水、地下より汲み上げている。

手水舎

手水舎

クスノキの大木

太政大臣の衣冠束帯姿の平清盛像、1990年建立。

祇王歌碑「萌出づるも枯るるも同じ野辺の草 いづれか秋にあはで果つべき」(芽生えたばかりの草も枯れようとする草も、野辺の草は結局みな同じように秋になると枯れ果ててしまう。)

楠社(くすやしろ)、樹齢800年を超すクスノキの大木。

楠社(くすやしろ)、西八条殿に平清盛公が太政大臣に任ぜられたのに感謝してお手植したものという御神木。

楠社

楠社

ご神木を避け、道路は境内を迂回して通る。
平安京オーバレイマップ
 若一神社 〒600-8863 京都市下京区七条御所ノ内本町98番地   075-313-8928 
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光