御辰稲荷神社 (京都市左京区) 
Otatsu-inari-jinja Shrine
御辰稲荷神社 御辰稲荷神社 
  Home   Home






 御辰稲荷神社(おたつ いなり じんじゃ)は、かつて平安神宮北側一体に広がる深い「聖護院の森」の東南にあった。
 「飯成社(いいなりのやしろ/いなりのやしろ)」、「お辰稲荷」とも呼ばれ、五穀豊穣を祈願した。町内鎮守社、霊夢稲荷になる。
 祭神は中央に宇迦之御魂神(うがのみたまのかみ)、左に猿田彦神(さるたひこのかみ)、右に天宇受売神(あまのうずめのかみ)を祀る。
 芸能上達、芸事を好んだ狐の伝承に因み、かつて芸妓らの信仰があった。怪我を防ぐ神、商売繁盛の祈願もある。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 かつて、聖護院の森の東南、田圃の中に祀られていたという。この地は、古墳跡ともされ、お辰狐を祀り、飯成社と称されたという。(『花洛名勝図会』)
 江戸時代、1705年頃、宝永年間(1704-1711)とも、第113代・東山天皇に仕えた典待・新祟賢門院の夢枕に白狐が現れた。辰の方角(東南東)の森で待つようにとのお告げがあった。その方角の聖護院の森に行くと祠があり、その後、社殿を整備したという。(社伝)
◆新崇賢門院 江戸時代の新崇賢門院(しんすうけん もんいん、1675-1710)。名は慶子、賀子(よしこ)。父は櫛笥隆賀(くしげ たかよし)。母は西洞院時成の娘。第113代・東山天皇の後宮、新大典侍になる。第114代・中御門天皇、直仁(なおひと)親王、3皇子1皇女を産む。天皇退位後、一条局、四条局と称した。35歳。   
 没後、1711年、従二位を追贈され、准三宮、院号を受けた。
◆白狐 当社は、芸事を好んだという白狐・御辰狐(初辰大明神)を祀る。
 かつて聖護院の森には白狐が棲んだ。夜更けになると、その狐の弾く琴の調べが聴こえてきたという。
 「京の風流狐は碁の好きな宗旦狐と、琴の上手な御辰狐」と歌われた。宗旦狐とは、茶人・宗旦に化けた狐であり、相国寺境内に宗旦稲荷神社として祀られている。
 御辰狐の「辰」は「達」につながり、芸事の上達を願う人々の信仰はいまも続いている。
◆福石 境内には、幸福、願い事のかなう福石大明神も祀られている。
 かつて、白川橋のほとりに貧しい夫婦が住んでいた。百日の願掛けの日に、妻が手にした真っ黒い小石を神棚に祀り祈ったところ、すぐに身籠り美しい娘を産んだという。
 やがて娘は大名のお部屋様になり、夫婦は幸せに暮らしたという。 
◆年間行事 節分祭(2月2日-3日)、初午祭(午の日)、例大祭(5月3日)、お火焚祭(11月15日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『昭和京都名所図会 2 洛東 下』『お稲荷さんの起源と信仰のすべて 稲荷大神』『稲荷信仰と宗教民俗』『京都の寺社505を歩く 上』『京都大事典』『京都のご利益手帖』


         熊野神社       岡崎神社      平安神宮       相国寺          

本殿

福石大明神

福石大明神

福石大明神

亀石大明神
map 御辰稲荷神社 〒606-8323 京都市左京区聖護院円頓美町(えんとみちょう)29-1  075-771-9349
50音索引  Home   50音索引  Home  

  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp