本満寺 (京都市上京区)
Homman-ji Temple
本満寺  本満寺 
50音索引 Home
50音索引 Home

山門(重文)




本堂


本堂、扁額「廣布山」、日蓮遺文よりの写し。花押は日蓮。



方丈




七面大明神



鐘楼



蓮乗院石廟


山中幸盛の墓





洗い浄行菩薩 
 寺町通にある本満寺(ほんまんじ)は、廣宣流布山(こうせんるふざん)本願満足寺といい、略して廣布山(こうふざん)本満寺とも呼ばれている。「出町の妙見様」とも呼ばれる。 
 日蓮宗六条門流本山。本尊は十界大曼陀羅、伝・日蓮自作という日蓮上人像。
 日蓮宗京都16本山の一つ。京都21か本尊の一つ。妙見大菩薩は洛陽十二支妙見めぐりの2番、丑(北北東)、御所の表鬼門に当る。
◆歴史年表 室町時代、1410年、玉洞妙院日秀により、本圀寺より分立し創建された。当初は日秀の父・近衛道嗣(みちつぐ)別荘(今出川新町、上京区元本満寺町)に建立されたともいう。「廣宣流布山本願満足寺」と号した。また、当初は今出川新町にあり、朝廷より与えられた敷地3万坪の境内だったともいう。以後、近衛殿内道場と呼ばれ、寺主は同家猶子として宮中に参内した。
 1532年、一向一揆(1532-1533)に衆徒も参加し、山科本願寺と戦う。細川晴元は感状を贈る。
 1536年、天文法華の乱により焼かれ、一時、堺に逃れた。
 1539年、12世・日重の時、関白・近衛尚道の外護により現在地に移されたという。異説もある。以後、第105代・後奈良天皇の勅願所になった。
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、一致派本山の一つになる。
 江戸時代、1633年、末寺32か寺があった。(「京都本満寺末寺帳」)
 1661年、焼失した。
 1708年、宝永の大火により焼失する。
 1745年、塔頭10、直末55、孫末19寺があった。(「身延久遠寺触下本末帳」)
 1751年、宝暦年間(1751-1763)とも、35世・日鳳(にっぽう)の時、8代将軍・徳川吉宗の病気平癒を祈願し、その後、将軍家の祈願所になった。
 1788年、天明の大火により焼失している。 
 1867年、4月、新撰組隊士・田中寅三は、伊東甲子太郎の御陵衛士入隊を拒否され、当寺に潜伏した。寅三は新撰組に捕縛され、西本願寺屯所で切腹になる。
 近代、1911年、焼失した。その後、再建された。
◆日秀 鎌倉時代の日蓮宗の僧・日秀(にっしゅう、1264‐1334)。上総に生まれた。関白・近衛道嗣嫡子。日蓮の弟子となり、日蓮の没後、身延山の日蓮廟所守護の輪番、上総・妙光寺(後の藻原寺)で日向の跡を継いだ。晩年、相模・実相寺を開く。
◆日乾 室町時代-江戸時代の日蓮宗の僧・日乾(にちけん、1560-1635)。若狭に生まれた。1569年、長源寺・日欽により出家した。本満寺の日重に師事、天台三大部を修めた。本満寺13世。三井寺、南都で遊学し、1585年、本国寺の学道求法講院(後の求法壇林)講主となる。慶長年間(1596-1615)、摂津国能勢で請雨法を修し霊験あり、覚樹庵(後の無漏山真如寺)創建となる。1602年、身延山久遠寺21世。一時京に戻り、1609年、久遠寺に再任された。1618年、静岡貞松山蓮永寺を中興する。1627年、鷹峰に檀林を開く。1630年、江戸城での不受不施派との対論(身池対論)では、身延側の一人として勝利した。号は寂照院。当寺に葬られる。
◆日遠 安土・桃山時代-江戸時代前期の日蓮宗の僧・日遠(にちおん、1572-1642) 京都生まれ。父は連歌師の宗匠・石井了玄(日幽)、母は法妙(日貴)。6歳で本満寺・日重につき出家、1599年、日重に推挙され飯高檀林化主(けしゅ)。1604年、日乾の退隠により身延山久遠寺22世貫主、徳川家康の側室・養珠院お万の方の帰依を得た。1626年、養珠院の寄進で身延大野に堂宇が建立され、本遠寺となる。日奥・日樹らの不受不施義に対し、受不施義の頭領となる。1630年、江戸城内での受・不受の宗論(身池対論)で、不受の関東学派を破り、幕命により池上本門寺貫主になる。1631年、弟子・日東に池上を譲り、鎌倉経ケ谷に不二庵を建て隠棲した。受不施派(他宗からの布施供養を受け入れる)の中心的人物。日重、兄弟子・日乾と共に「宗門中興の三師」とされる。墓所は身延の大野本遠寺にある。
◆山中幸盛 安土・桃山時代の武将・山中幸盛(やまなか ゆきもり、1545-1578)。鹿介(しかのすけ)。父は尼子経久の家臣・山中三河守満幸、母は立原佐渡守綱重の娘という。一時、亀井氏の養子、後、山中家の家督を継ぐ。1562年、毛利氏の出雲侵入後、尼子氏の武将となる。1566年、出雲・富田城が開城後、浪人となり上洛。1568年、東福寺の尼子勝久を還俗させ擁立、隠岐から出雲に入り新山城で、豊後・大友氏と連携し回復した。毛利氏の反攻により、1570年、出雲布部山、1571年、伯耆・末吉城で敗れる。吉川元春に捕らえられ、尾高・泉山城に幽閉された。脱走し上洛、織田信長を頼る。1573年、信長の援助を得て因幡に侵入、吉川勢と戦い鳥取城を落とす。1576年、若桜鬼城を落とされ京都に逃れた。1577年、羽柴秀吉の中国経略に従い、勝久らと播磨・上月城を守る。1578年、毛利軍の攻撃により落城、勝久は自刃、鹿介は捕らえられ、安芸毛利輝元のもとに送られる途中で備中阿井の渡で殺された。
 本満寺に墓がある。江戸時代、1764年、山中氏子孫により立てられた。撰文は当寺37世・日観による。なお、墓はほかに黒谷(金戒光明寺)、南禅寺、大徳寺にもある。
◆田中寅蔵 江戸時代の新選組隊士・田中寅蔵(1841-1867)。加賀国で生まれる。1864年頃、新撰組に入隊。剣に優れ撃剣師範になる。伊東甲子太郎の御陵衛士入隊を拒絶され、本満寺に隠れる。新撰組・近藤勇との間に、隊士の新規参入を禁止することになっていた。田中は新撰組に捕縛され、西本願寺屯所で切腹になる。辞世の句の一つ「四方山の花咲き乱る時なれば萩も咲くさく武蔵野までも」。
 墓は光縁寺にある。
◆日蓮像 寺宝の日蓮像(尚道奉安の祖師像、狩野元信筆)は、もとは丹波黒田村の禅寺にあったという。
 仏壇の下に置くと村人に祟りがあり、芹生の山中に捨てた。ところが、昼夜、法華経読誦の声が上がって像の在り処を知らせたため、生福寺に引き取られた。その後、京都に持ち出されていたのを、住持・日重が買い取って当寺に安置したという。(『山州名跡志』)
◆建築 山門、本堂、方丈、鐘楼、妙見堂、庫裡などが建つ。
 「山門」(重文)がある。
 
「本堂」は、1927年に建立された。扁額「廣布山」は、日蓮遺文よりの写し、花押は日蓮による。13間4面。
◆名僧 寺は受不施派(他宗からの布施供養を受け入れる)の拠点になる。室町時代-江戸時代の12世・日重(1549-1623)、13世・日乾(1560-1635)、14世・日遠(1572-1642)は、それぞれ身延山20世、21世、22世に就いている。
◆妙見大菩薩 妙見宮(出町の妙見様)が祀られている。14世・日遠は、能勢妙見山を開創した。妙見大菩薩は、本満寺13世・日乾が自ら2体刻み、同体の1つは能勢に、もう一つをこの地に祀ったという。干支妙見の一つ、丑方。
◆七面大明神
 14世・日遠が七面山で千日修行した際に感得したという七面天女が祀られている。 
◆支院 法泉、一乗、守玄、実泉。
◆遺跡 室町時代、1536年、比叡山衆徒、南近江の守護六角氏らによる京都の法華宗二十一本山を焼き討ちした。この天文法華の乱に備えた「構え」跡がある。
◆文化財 平安時代の「金泥一字宝塔法華経並観普賢経」9巻(重文)、「伝上宮(聖徳)太子筆紺紙」、「宗祖日蓮大聖人真蹟十界大曼荼羅御本尊」2幅、狩野元信筆「宗祖御絵像」。
 日乾『報恩抄』『開目抄』、日重『本満寺御書』『三大秘法鈔』など。
◆墓 境内墓地には戦国時代の武将・山中幸盛(山中鹿介)の墓がある。
 近代の画家・西村五雲(1877-1938)の墓がある。
 本堂脇に、江戸時代、徳川家康二男・結城秀康(後の福井藩主)の正室・蓮乗院(?-1621、鶴姫)の江戸時代初期の石廟がある。蓮乗院は、秀康の没後、公家の烏丸光広の正室になった。越前青石を用いている。
 考古学者・石造研究家・川勝政太郎(1905-1978)の墓がある。
◆花暦 枝垂桜(3月下旬)、牡丹(4月下旬)。
◆年間行事 大祭(12月1日)
 月並祭(毎月1日)。


*年間行事の中止、日時変更、拝観時間変更の場合があります。*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都古社寺辞典』『京都府の歴史散歩 上』『京都 歴史案内』『京都大事典』『昭和京都名所図会 5 洛中』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『新選組史跡紀行』『京の福神めぐり』 


        阿弥陀寺            

シダレザクラ

ボタン

妙見宮(出町の妙見様)

妙見宮

妙見宮
本満寺 〒602-0802 京都市上京区鶴山町16,寺町通今出川上ル2丁目  075-231-4784  9:00-17:00
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光