若宮八幡宮旧社地・源氏堀川館跡 (京都市下京区)
Wakamiya-hachimangu Shrine

 Home  Home







「此附近八幡太郎源義家誕生地」の石標
 小社・若宮八幡宮(わかみや はちまんぐう)は、若宮八幡宮(東山区五条坂)の旧鎮座地になっている。また、近八幡太郎源義家の生誕地とされている。
 かつて、左女牛(さめうし)西洞院六条にあっため、六条左女牛(さめがい)八幡、六条左女牛若宮、六条八幡、左女牛八幡などとも呼ばれた。
 祭神は第14代・仲哀天皇、第15代・応神天皇、仲哀天皇皇后の神功皇后、鎌倉時代の第85代・仲恭天皇を祀る。 
◆歴史年表 平安時代、1053年、第70代・後冷泉天皇の勅願により、武将・源頼義が邸内(六条西洞院)に勧請したという。(『二十二社註式』)。八幡の若宮として祀ったともいう。(社伝)
 1140年、石清水八幡宮の火災に際して、神霊が当宮に遷されたとの風評により、神威を高める。
 1185年、「廷尉禅室(源為義)六条御遺跡」と記されている。(『吾妻鏡』、同年条)。源頼朝(1147-1199)は領地の寄進をし、二度社参している。源氏一族、有力御家人の信仰も篤かった。
 1186年、有力御家人、幕府政所により社殿造営、遷宮が行われる。
 1187年、1186年とも、社地左女牛の寄進を受ける。初の放生会が行われる。
 鎌倉時代、1209年、遷宮が行われる。
 1274年、焼失している。
 室町時代、隆盛を極めた。足利歴代将軍の崇敬も集め、社域、社領を拡大する。
 応仁・文明の乱(1467-1477)後荒廃した。
 安土・桃山時代、1583年、天正年間(1573-1592)、羽柴秀吉により東山に移転させられた。旅所に遷座ともいう。(『東鑑』)
 1588年、東山の方広寺の北に再移転となる。
 江戸時代、1605年、五条坂に再々移転になる。(「若宮八幡宮文書」)。その後もこの地は、旧地として小社が祀られ続けている。
◆源頼義 平安時代後期の武将・源頼義(988-1075?)。河内源氏の祖頼信の子。小一条院(敦明親王)に仕える。1028年、平忠常の乱で父に従い追討、前九年の役(1051-1062)で陸奥守兼鎮守府将軍として子・義家、坂東武士と長安倍頼時の反乱を鎮定した。父と共に菩提寺の通法寺を開く。子・義家(八幡太郎義家(1039-1106)は、源氏一門の祖となる。
源義家 平安時代後期の武将・源義家(1039-1106)。源頼義と平直方の娘の子。石清水八幡宮で元服し八幡太郎と号す。1051年よりの前九年の役に父に従い参戦、1062年、平定する。その後も歴戦し戦功をあげる。1083年、陸奥守に就任、1098年、白河法皇(第72代)の意向により院の昇殿を許される。1104年、延暦寺悪僧を追討した。晩年、子ら一族の不祥事が相次いだ。
◆源為義 平安時代末期の源為義(1096-1156)。源義親4男。1108年、父が平正盛に追討され叔父・義忠の養子となる。1109年、義忠が殺害され源義綱一族を討つ。その功により左衛門尉に任じられる。祖父義家を継ぎ河内源氏の当主となる。白河法皇(第72代)により第74代・鳥羽天皇警護に就く。検非違使に任じられた。後に天皇の信を失う。1143年、藤原頼長に臣従した。1155年、子・為朝により解官される。1156年、保元の乱で崇徳上皇方として子の頼賢・為朝らと参戦する。後白河天皇方の長男・義朝と敵対し敗北した。潜伏、出家して義朝を頼るが、船岡山で斬首される。810年、平城太上天皇の変(薬子の変)以来、350年ぶりの死刑執行となる。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都古社寺辞典』『京都 歴史案内』


              若宮八幡宮(東山区)        

本殿

若宮稲荷社、若宮稲荷大明神

若宮稲荷社

若宮稲荷社
平安京オーバレイマップ
 若宮八幡宮 〒600-8314 京都市下京区若宮町,若宮通六条下る東側  
 Home    Home  

  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp